お金の話

100万円あったら投資を始めようぞ。

100万円あったら投資をしよう。そんなことを言ってくる友人はおそらくいないでしょう。

たしかに、最近だと「投資」というものが怪しいものではない、と理解している人も増えてきたと思います。

しかし、いまだに「当時は堅実な稼ぎ方ではない」と思っている人がいるんですよね。

 

だから、100万円あったら何に投資するべきか?なんて考えることができる人は少ないと思う。

でも、100万円あったら、投資するべきなんですよ。

銀行預金をしておく意味ってなんだ?

 

銀行預金をしている人は非常に多い。たしかに昔ならそれでも良かった。

 

昔はさ、「1億円あれば一生安泰じゃん!」と言われた時代がありました。1億円もあれば、銀行の利息だけで食べていくことができた。

 

働く必要なんてどこにもない。家でテレビを見ていても、トイレに閉じこもっていても、

漫画を読んでいても、お金が増える。

 

しかも、ほとんど元本割れの心配はない。銀行が倒産しない限りはね。

1000万円しか戻ってこないから。

 

でも、いまは違うでしょう?100万円あったら、銀行預金ではなく、投資をするべき時代になったのです。

 

銀行に預金をしていたところで、何のメリットもないじゃないですか。タンス預金するくらいだったら、銀行に預けた方が良いと思いますよ。

 

ただ、基本的には利子なんてまるでつかないようなもので、100万円をただ預けているだけなんですよ。

 

銀行側はその方が良いかもしれないよね。100万円あったら投資に回してしまう人ばかりになれば、既存のメガバンクは困ってしまうかもしれないから。

 

でも、やっぱり100万円あったら、投資に回すべきだと思うのです。初心者で投資すべき商品がわからないなら、

VTIとかAGGとかさ、そういうわかりやすいので、

関連記事:ウェルスナビの口コミを自分で書いてみる。

100万円から投資をする人も多いよ

 

私は小学生の低学年くらいかな。それくらいから父の影響で株式投資をはじめています。

 

最初はお年玉を運用するくらいで、大したお金にはならなかったけど、運用してそれが100万円くらいになった。

 

当時は100万円あったら、次は何に投資しようかな?とは考えていなかったけど、

そこからは地方の築古物件を150万円程度で買ってお金を増やしてきた。

 

100万円あったら投資しよう、と言うけど、実際に100万円から投資をはじめる人は多いし、

私の場合は、100万円くらいから「投資をしているんだな」という実感を持つことができるようになりました。

 

だから100万円程度から資産運用をはじめてみるのも悪くないんじゃないかな、と思うわけですよ。

私も100万円の壁を超えたくらいから投資の妙味を体感しましたから。

 

ちょうど良い金額だと思う。資産が100万円しかなくて、全額の100万円を投資するのはリスクが高いと思いますよ。

でも、もしも資金的な余裕がある程度あるのであれば、投資に回してみても良い。

 

そう思っています。100万円あったら、投資してみれば良いんですよ。私のようにね。

私も若い時から投資をしていたおかげでビジネス感覚が身についたような気がしています。チャートを見るだけじゃありません。

 

企業の財務状況を判断したり、ビジネスモデルを分析したりね。いま思うと、経営力は父が好きだったら「マーケット」から教わったのかもしれない。

お金儲けだけが、投資の妙味ではない。100万円あったら投資するべきなのは、「ビジネス感覚の習得」にも役立つからなんですよ。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

 

どうせ投資にならないものに使うなら

 

100万円くらい溜まってくるとね、高い時計を買ったりとか、車を買ってみたりとか、

そういう何の投資にもならないものを買うのが人間です。

 

でも、それじゃあお金を稼いだ意味がないじゃないですか。

100万円もあったら投資にお金を回すべきなんです。

 

自分が週に40時間とか50時間とか働いて手に入れたお金でしょう?頑張って手に入れたお金じゃないですか。

 

そのお金を使って、消費をするのではなく、100万円あったら投資をしてみるべきだと私は思う。

たとえば、年に100万円投資に回すことができるとすれば、年利4%で回すとすれば、翌年の年収は4万円UPするじゃないですか。

 

その次の年は104万円投資に回して、その次は……とどんどん増えていく。

 

労働だけではなく、資本から手に入れた方が良いんですよ。労働から得るお金だけが全てではないのです。

お金を稼いで、稼いだお金に今度は働いてもらう。

 

その流れを知ることで見えてくるものがある。そう思っています。

 

できるだけ若い時に投資というものを知った方が良いのです。お金に働いてもらうとはどのようなことなのか?ということをしっかり理解した方が良い。

 

100万円あったら、高い時計を買うのではなく、「良い投資先」に投資をしよう。

関連記事:一生暮らせるお金があるなら君は何をする?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。