恋愛と私

サゲマン男子って存在する?

サゲマンってなんだかもう死語のような気がしてしまうのですが、ちょっと書きたかったので書きますね。

サゲマンって言葉を覚えてますか?サゲマンって男性をだめにしてしまう女性のことを言う言葉なんです。(本当に久しぶりに使う言葉笑)

でも、これって実は男子にもいるって知っていましたか?男子が男子に下げられることってあるんですよ笑

こういう人の周りにはいないほうがいいです。ということで今回は男のサゲマンについて書いていきたいと思います。

 

 

溜め息ばかりのサゲマン

 

皆さんの周りにも溜め息を多くつくひとっていませんか?私の周りにはいたんですよ。

あれは就活の時だったんですけどね、就活って結構大変じゃないですか?スケジュールが忙しいこともさることながら内定をもらえないととても不安な気持ちになってしまいますよね?

 

私の友人もまさにそれで、就活の最後の方まで一つも内定をもらえることが出来ずにいたんですよ。すると、まあいつも元気はないんですけど、その彼がいつもよりさらに暗くなってしまったんです。一緒に歩いていてもすぐに溜め息をつくんですよ。

 

これって結構こっちとしてはテンションを下げられることでした。だってそうですよね?頑張っているのなんてみんな同じなんですから笑

まあ第一就活で病むなんてしなくても良いと思っていたので、私からは理解することが出来なかった部分はあったんですけど、彼にとっては相当重荷だったようで本当に暗くなってしまっていました。

 

だって、ある時なんかは手血だらけで学校に来た時あったんですよ?

 

完全に、メンヘラになっていますよね?彼曰く、イライラして家のドアのガラスを割ってしまったみたいなんですけど、これってかなり危ない状態ですよね?笑

 

会っては溜め息をついて、最終的に破壊もする笑 こんなサゲマンにあったことがありますか?

もう一人の友人なんかもう引いてしまって、それから全然あっていないみたいです。

 

でもこういう自分が辛い時に下げてくるひとと会うのって結構きついですよね。

だから、自分が辛い時ってこういうひとの側からいなくなったほうがいいと思うんですよね。友達だろうがなんだろうが、自分の身を守ることが一番ですからね!

関連記事:働くのが辛いなら別に辞めれば良いじゃない。

 

 

ポジティブに考えよう

 

こういう就活で病んでしまうひとって結構ネガティブで自分のないひとが多いです。だったらもっとポジティブに考える練習をしたほうがいいのになって思います。

 

ネガティブであることって別に悪いことではないと思っているんです。でも、これって生きていく上では結構厄介だったりするんですよ。

いちいち不安要素を考えてしまったりして不幸の先取りをしているんです。これでは疲れてしまいますよね!だからこそ、こんなのすぐに辞めたほうがいいんですよ。

 

元々ネガティブなひとでもきちんとやることやればポジティブにすぐになると思いますよ。自分がネガティブであることをがアイデンティティになってしまってはいませんか?

 

ネガティブな感情って伝染しますからね。結局周りにいる人間のことも下げていってしまっているんですよ。そう、まさにサゲマン笑

 

一生懸命やっていればそのうちどうにかなるものですよ。私たちって不安だなんだって言いますけど、結局のところやるしかないんですよね。

そんなことを本当はわかっているのに不安要素ばっかり考えるなんて非効率です。辞めてしまいましょう。

関連記事:就活が面倒だと感じる理由と解決策

 

サゲマン男子は変わっていった方が良いのよ

 

いかがだったでしょうか?皆さんの周りにも意外とサゲマン男子が潜んでいたのではないですか?結構そういうひといると思いますよ。

そしてもしかしたら自分がそうなってしまっているかもしれません!

もしそうだと感じているのであればすぐにでも変わる努力をしてみましょう。ポジティブになることって意外と簡単に出来るものですよ!ちょっとしたきっかけがあればすぐに人って変わってしまうものですからね。

 

サゲマン男子に自分がいつの間にかなっている事はある。誰にだって辛い瞬間があるし、生まれ持った気質だと気がつかない事だってあるから。

 

でも、変えられるものでもあるんですよね。ポジティブに考えて生きていけば、見える未来だって違うはず。

では、今回はこの辺で!

関連記事:ストレスのない仕事とは何だろう?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。