ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

人生ってわからないものだな、と感じることが多いよ。

人生ってわからないものだな、と感じたことってある?

きっと、誰にでもあると思うんですよね。人生って自分が思っている方向に進んでくれたら楽だと思う。

でも、人生はそんなにうまくはいかなくて、やっぱり人生には紆余曲折あるものなんですよ。

 

自分のことを振り返ることは少なかったけれど、いま振り返ってみると、人生ってわからないものだな、と思ったんですよね。

 

今日はそんな話をしていこうと思う。

 

まさか親が1人になるとは思わなかった

 

子供の頃、ドラマとかで「片親は大変だ」みたいな話があったじゃないですか。何だろうな。

木村拓哉が主演の「エンジン」とかわかるかな。親が亡くなってしまったり、親に問題があることによって児童養護施設に預けられる。

あんな感じのドラマですよ。あったよね?

 

ああいうものを見ていても、「大変なんだろうな」くらいにしか思っていませんでした。完全に他人事だったんですよね。

でも、人生はわからないもの。私の父親は私が大学生の時に突然死してしまったのです。

 

ドラマの向こう側のストーリーでしかなかった。親が死んでしまう、ということは知識としては知っていたけれど、

こんなに早く死んでしまうとは思っていなかった。本当に突然のことだったんですよ。

 

それからは借金を返す毎日です。それまでは平凡な大学生をやっていた。大学が特段好きではなかったけれど、

まあ、普通に大学に通って、普通に学食のラーメンとかカレーを食べていた。サークルにも入っていました。

 

そんな、どこにでもいるありふれた大学生をやっていたのです。でも、父親が死んでしまった日からは貧乏生活が始まり、

 

経営者であった父親の会社の借金を返していくことになったのです。人生ってわからないものですよ。

どうなるのか、明日は何をしているのか、なんて誰にもわからないことなのですよ。

 

父親が突然亡くなってしまって、母親だけになるなんて誰が思いますか?元気だった人が突然いなくなってしまう、なんて誰が考える?

 

人生ってわからないものなんですよ。

関連記事:人生を諦めるのはまだ早いよ。

 

サラリーマンになれない自分に驚いた

 

私、最初から「起業したいな」とは思っていたんです。でも、こんなに早く独立してしまうとは思っていませんでした。

大学生の時に父親が亡くなってしまって、ビジネスの世界にはいたけれど、

サラリーマンの世界で数年間くらいは修行するんだろうな、と思っていたんです。

 

でも、私ですね、サラリーマンがとことん身体に合わなかったのですよ。もう、それはそれは拒否反応がすごくて……。

 

最終的には蕁麻疹が出るようになったり、風邪を引きやすくなってしまったり、最悪な状態が続いていました。

サラリーマンにどれだけ向いていないんだ、自分……。

 

人生どうなるのかわからないものです。結局、サラリーマンとして仕事をすることができない私は退職してしまったんですよね。

 

サラリーマンには向いていないだろうな」とは思っていました。しかし、ここまで向いていないとは思っていなかったのです。

普通の生活を送ることができると思っていた、というか、普通の人間だと思っていたので、

 

周りの人ができることは自分にもできるだろう、と思っていたのです。

でも、できなかったんですよね。人生はわからないものです。

 

自分では普通の人だと思っていた。普通の何でもできると思っていた。

 

しかし、実際にサラリーマンになってみると、サラリーマンには向いていないということがわかり、結果的には独立したのです。

 

不思議なものです。独立したい、とは思っていたけど、本当にレールから外れるとは思っていませんでしたから……。

 

人生はわからないものだ、という言葉がいまになって響く、というか。

関連記事:人生はチャレンジしてこそだよね、後悔しない人生を送るために。

 

不確実性の中で生きる

 

人生は本当にわからないもの。不確実性のかたまりなんですよ。不思議なほどにね。

つらいことでもある。周りの大切な人が突然いなくなってしまったり、仕事がなくなってしまったり。

 

不確実性の中で私たちは生きていく必要があるのです。

時にはそんな人生が、つらいと思う時もある。面倒だな、と思う時もある。でも、それで良いんですよね。

 

人生はわからないもの。明日はどうなっているのかわからないし、明日は死んでいるかもしれない。

 

そんな中で生きていくしかないのです。私もいまブロガーをやってみたり、投資家として投資をしたり、

会社を経営したり。

 

そんな面白い人生を送っています。10年くらい前までは想像することもできなかっただろうな。

 

結局は普通の人生を歩むものだと思っていたのかもしれない。人生はわからない。明日も明後日もわからない。

 

数秒後でさえも何が起こるかわからない。

そんな人生を歩んでいる。そんな人生を楽しんでいる。

 

不確実性の中で、私たちは生きるのです。

関連記事:他人から笑われる人生を作ってやれ。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事