お金の話

株でやってはいけないことは何か?投資家が語るよ。

株を始めたい、という人はたくさんいると思うんですよね。

 

でも、株を始めたいと思っても、何をやってはいけないのか?ということがわからない人も多いと思うのです。

 

実際、私もいまは投資家として法人で投資物件を持っていたり、株式や債券に投資をしていますが、

昔は何もわかりませんでしたから。初心者の頃には大きな損失を出したこともあります。

 

だからこそ、今回は株でやってはいけないことについて書いていこうと思う。

 

下がり切ったところで買う

 

初心者だとやってしまいがちなことですよね。最近だとスルガ銀行が良い例だと思うのですが、

 

株でやってはいけないことの1つが「下がり切ったところで買う」という行動なんですよ。

たしかに下がり切ったところで買うことができれば、魅力的な投資になりますよね。資産が数倍になることだってあるかもしれない。

たとえば、スルガ銀行だと、

 

S__3407899

 

一旦下げているんですよね。投資の初心者だと、「あとは上がるだけだ!」と思ってしまい、投資するのです。

 

株でやってはいけないことだと私は思っていますが、投資の初心者が最も陥りやすい部分なんですよね。

 

このあと、スルガ銀行はさらに下げます。底値ではなかったのです……。難しいですよね。

株ってチャートだけを見ていると、「ここからは株価が上がってくるかもしれない」と思ってしまう時があるんです。

 

年初来安値になっていたりすると、買いたくなってしまう気持ちはわからなくない。でも、株価なんてどうなるのかわからないものなんですよ。

下がり切ったところで買う、という行動は株をやる時にやってはいけないことの1つだと思っています。

 

だって、その先も上がるかどうかがわからないから。

下がり切ったところで買おうとは思わず、きちんとした指標を見て買っていくべきだと思う。あとは財務ですね。

 

損益計算書と貸借対照表を見て、会社の将来価値を判断していくべきなのです。

 

「下がっているから」という理由だけで買うのはあまりにも無謀。だって、上がる保証はないのですから……。

関連記事:資産運用のシミュレーションをしていくべきだと思う。

 

1つの株を大きく買う

 

これも株でやってはいけないことだと思う。もちろん、これは賛否両論あると思うよ。有名な投資家でも、

 

「分散投資は愚か者のすることだ」と言っていますから……。でも、私の個人的な意見としては「分散」が大切だと思うのです。

分散することにより、特に初心者はリスクが小さくなると思っています。

 

1つの銘柄を大きく買うことによって、大きな利益を出すこともあります。でも、もしもその企業が不祥事を起こしてしまったらどうなるのだろうか?

もしもその企業が倒産してしまったらどうなるのだろうか?

 

そう考えると、1つの株を大きく買うのはやってはいけないことだとわかると思う。

 

みずほだって、神戸鉄鋼だって不祥事があったじゃないですか。大企業だって例外ではない。どんな企業でも不祥事が起こる可能性はあるのです。

 

だから、リスクを最小化するべきだと思う。

株において1つの銘柄を大きく買うのはやってはいけないことなのです。

 

最大のリスクヘッジはETFですよね。個別銘柄を組み合わせて、自分だけのポートフォリオを作ってみても良いと思うけれど、

手数料が高いし、それだけ手間のかかることだから、一般的な投資家にとってはETFでポートフォリオを構築するのが楽なんじゃないかね。

 

1つの株を大きく買うのは株を買う時にやってはいけないことなのです。大きく買う必要はない。

 

分散して、リスクを分散させた方が良いのです。実際、私も分散させていますしね。

 

個別銘柄だと、日本株を持っているのですが、数十銘柄まで分散させています。あとは、ETFでも持っているしね……。

関連記事:資産運用がうまくいかない人へアドバイスしてみる。

 

いつまでも固執すること

 

株価が下がったとしても、「ここまで下がったのだからまた上がる」と思ってしまうのが人間なんですよね。

でも、本当に株価が戻るのか?なんて誰にもわからないことなんですよ。

 

だから、いつまでも固執するのは「やってはいけないこと」なのです。

 

私たちは株価が上昇してくると、「ここらへんで売らないと下がるのではないか?」と不安になり、小さな上昇で利益を確定させる。

 

反対に株価が下がった時には、「また上がるのではないか?」と予想するのです。いつまでも固執してしまうのです。

人間はポジティブな生物なんですかね……。

 

でも、そうやって待っていても、株価が回復するまでに何年かかるのかわからないじゃないですか。

 

5年後かもしれない。10年後かもしれない。

そこまで待つのはどうかと思うんだ。

 

株でやってはいけないことなのです。いつまでも固執するくらいなら、利回りの高い他の資産へ投資した方が良いはず。

 

利回り5%なら、5年間で25%も資産が増えますから。税引後でも、20%増えることになる。

そう考えると、固執する理由ってないのですよ。

 

堅実に投資していこうね。すぐに2倍3倍になるような投資ではなく、堅実に増やす方法を考えるのです。

関連記事:人工知能による資産運用「ウェルスナビ」を徹底解説。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。