投資家のお金論

安全な投資先を単純に提案するのはおかしい。

安全な投資先を探している人って世の中にはたくさんいると思う。

元本保証があったり、変動リスクのない金融商品を探している人はたくさんいるのです。

まりも

みんな自分が稼いだ資産を失うのが怖いんだw

昔は預金の利息だけで暮らしていくことができた。

でも、いまは違うじゃないですか。いまは預金の利息だけでは生きていけない。1%もないわけですからw

ゆうちょ銀行の定期預金利息(引用:公式HPより)

インフレ率に負けるっつーの。笑

公的な年金だって危ない。どうなるのかわからない。

だから、安全な投資先を探すんですよね。ただ、世の中の記事には「これが安全な投資先だよ」と紹介するようなものが多いと思う。

まりも

誰にでもわかりやすく説明しながら、おすすめしてくるのよ〜笑

でも、本当にそうだろうか?本当に自分が投資家として投資しているのだろうか?と思ってしまう。

本当に自分で投資してこそ、説得力があると思っているのです。

安全な投資先?分散投資が先でしょう?

安全な投資先はどこなのか?と考える。個人年金とかも少し前までは人気でしたよね。

東京海上日動の個人年金とか人気だったかな。

こういうやつね。笑

あとは国債とかね。でも、安全な投資先を考える時には、まず分散投資をすることが大切だと思う。

特に金融の素人が投資するのであれば、分散しておいた方が良いのです。たとえば、アルゼンチンの国債を買ったとしよう。

デフォルトしたらどうなるのでしょうか?安全な投資先だと思っていても、価値がゼロになってしまうことだってあるのです。

過去には

  • ウクライナ
  • アルゼンチン
  • コートジボワール

などの国が実質的なデフォルトを起こしましたよね。

いつ自分の資産がゼロになってしまうのか、わからないものなのです。だからこそ、安全な投資先を考えるなら分散するべきだと思う。

最も簡単な方法は「ETF」ですよね。様々な株式や債券に投資して、分散投資をするのです。

世界的な投資家である「ウォーレン・バフェット」氏も言っていますが、「私が死んだ後は、資産の9割を計比率の低いS&P500に連動したETFへ投資するように」と妻に伝えていますから。

安全な投資先を探すのであれば、「いつでも売れる状態」を作る必要がある。

分散対策として「ETF」は有効だと思うんですよね。投資の初心者こそ買った方が良いものだと思うけど、

なぜか個別株を買いたがってしまう。

まりも

いや、根本的には個別株で「最良の株を買う」というのが最適解なんですよ。でも、それができない人がほとんどだからETFでの分散をおすすめしています。

ETFで分散するのが効率的な方法だと思うのです。安全な投資先を選定する時間がない、という人だっていますから……。

関連記事:資産運用のシミュレーションをしていくべきだと思う。

値動きを滑らかにしていこう

安全な投資先を単純に提案することはやりたくないのだけれど、値動きを滑らかにする提案ならできると思うのです。

たしかにね、ありますよ。私にもおすすめする銘柄が。

でも、「安全な投資先ですよ」とはなかなか言えないものです。

AGGとかBNDとか、あとは最近だとSCHZなどの債券ETFであれば、

ベータ値も低いし、値動きが少なくなるんですよね。言ってみればリスクの少ない資産です。

引用:ブラックロックより

リターン的にはだいたい3〜4%(年率)という感じです。

ただ、だからと言って「安全な投資先です」とは言えないのですよ。

どうなるかわからないしね。

まりも

まあでも、動きを滑らかにすることはできます。

ポートフォリオを組むときに「株式」の比率が高いと、ハイリスク・ハイリターンの性質から値動きが大きくなります。

もしも100%株式のポートフォリオで運用しているのであれば、これは決して安全な投資方法ではない。(理解して個別銘柄を購入していれば別です)

ここにたとえば債券を加えると、値幅が小さくなるんですよ。

ちなみに私は株式だけではなく、不動産にも投資しているんですけどね。あらゆる資産に投資しています。

私のポートフォリオ(不動産投資家じゃん!ってw)

一応こんな感じのグラフなんですけど、借り入れもしていて規模が大きいのと、未上場の自社株を持っていたりしますからちょっと不正確なんだけどもぉ。笑

まりも

本当に色々なところにお金を使っているんです……笑

現物の金も持っていますし……。実際金だったら、GLDなどのETFで良いんですけどね。

昔買ったものだったので……。

もちろん債券もポートフォリオの中に入っています。最近比率を増やしている最中ですよ。

安全な投資先のようなものはない。だから、資産は分散して持っておく必要があるのです。

とはいえAGGとかBNDみたいな金融商品はリスクが小さい商品ではあると思うんですけどね。

利回り的にはだいたい3%前後です。

運用額が大きくなってきたので、債券の比率を増やしている、という側面もあります。

関連記事:債券のETFは年齢が高い人ほど活用した方が良い。

自分の状況によってポートフォリオを作る

安全な投資先のようなものを探しているのであれば、

ある程度資産が大きい人」だと推測します。それか堅実タイプの投資家ですね。

年齢的に言えば、40歳以上が多いのかなあ。

ポートフォリオを作るときには自分の状況に応じて考える、ということが大切になる。

まりも

60代で資産が吹き飛ぶとか嫌だろうしさ?笑

たとえば、一般的には「100-年齢=株式割合」と言われていますよね。

年齢が65歳であれば、35%を株式へ、65%を債券へ投資することになる。

簡単に言えばこんな感じのポートフォリオ

一般論ですから、自分の状況に合わせてポートフォリオを作っていけば良い。

安全な投資先を単純におすすめしている記事が多いけど、それは何だかおかしいな、と思う。

まりも

そもそも「良い投資先」ってのは個人の感覚的な判断が入るわけで……笑

例えばさ、ROE50%で営業利益率が30%の会社、ROAも20%の会社だとしましょうよ。Visaとかだとそれくらいになるかな?

  • verisign
  • visa
  • mastercard

とかね、それくらいのイメージだと思うけど、でも、そういった会社が「良い会社か?」ってのは最終的に「数字以外の部分での判断」にもなってくるのよ。それは可視化されない「ブランド力」とかね。

千年投資の公理なんかで語られる「ネットワーク効果」なんてのは、数字だけではわからないものでもあるしね。

だからこそ、分散投資こそが投資の初心者には向いていると思うのです。私は個別株も持っていますよ。

金融系も持っているし、最近だと商社も買い足しました。

しかし、絶対に下落しない投資先なのか?というと、そうではない。

総合的に考えて、ポートフォリオの安全性を高めることが大切なのです。

安全だから良いわけではないしね。リスクとリターンのバランスを考えて投資していくべきだと思う。

単純に「この銘柄は絶対に儲かるよ!」みたいな話はあまり信じない方が良いと思うよ。昨今そういうブログが多いから……。

では。

関連記事:主婦がお金を増やすために投資をするとだいたい損をする。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。