ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

50歳でリストラされたらどう生きようかね。

50歳でリストラされたらどうしよう?なんて考えたことある?

 

多くの人はないと思うんですよね。50歳まで行けば、定年退職までそこまで時間はないし、

このまま会社に居続けることができる、と思ってしまう。

でも、実際には50歳って給料が最も高い時期で会社にとっては「負担」だったりするんですよ。

 

だからこそ、50歳でリストラされる人もいるはずなんですよね。

じゃあさ、もしも50歳でリストラされたらどうやって生きようか?

 

生活費の安い国へ退避

 

私が50歳でリストラされたなら、生活費の安い国へ退避すると思うな。

 

日本で、特に東京で生活するためにはある程度のお金が必要になってくるんですよね。

家族がいればそれだけ負担も大きくなるし、月々のコストを下げるために生活費の安い国へ逃げた方が良いと思うのです。

いまだと、日本から近いところだと、シンガポールとか香港が魅力的ですが、物価が高い。

 

だから、ベトナムとかフィリピンとかタイになるんじゃないかな。最近だとタイの物価も上昇してきているんですけどね……。

 

50歳でリストラされたら、生活費の安い国へ移住してみれば良いと思うのです。まあ、実際には滞在期間が決まっていると思うから、

 

数ヶ月単位で国は変わるかもしれないけどね。

 

50歳でリストラされると、すぐに職が決まることはないと思います。相当なキャリアがあれば別だけど、

基本的には厳しいよね。

 

経営者として50歳の人材を雇う、ということはそれだけリスクのあることでもあるんですよ。

 

求める給料の水準は高いけど、長く在籍することができる人は少ないしね。それよりも20代の若い人を安い金額で雇用したい、と思うのが経営者だと思う。

 

だから50歳でリストラされたら、私の場合は海外に行ってしまうと思う。

 

大阪とか東京とかに住んでいる人はわかると思うけど、都心部に住んでいると、ランニングコストが高いんですよ。

 

都会での生活を50歳でリストラされた時に支払っていくのは厳しいと思う。

関連記事:高学歴フリーターが正規雇用で働くためには

 

クラウドソーシングを使う

 

50歳でリストラされたら、絶対にクラウドソーシングを使うと思う。クラウドワークスとかね。

クラウドソーシングを使えば、お金を稼ぐこと自体はできるんですよ。生活費をすべてクラウドソーシングでまかなうためには、

かなりの努力が必要だと思いますが、全くお金を稼げていない状態であれば、クラウドソーシングをやった方が良いんじゃないかな、と思います。

 

50歳でリストラされてしまったら、次の働き口を見つけるまでには長い時間がかかると思う。

あるいはそのまま就職できないことだってあるよね。だからこそ、リスクを減らすためにクラウドソーシングで稼いでみれば良いのです。

 

クラウドソーシングを使って記事を書いたり、システムの受託をしたり、ロゴを書いてみたり。

 

誰でもできる仕事で稼ぐことができるので、50歳でリストラされたらとしたらクラウドワーカーになるかなあ。

 

決してもらえるお金が高いわけではありません。でも、お金がない状態だと何も始めることができないので、

 

とりあえずのお金を稼ぐためにクラウドソーシングは有効だと思う。50歳でリストラされた時には、

 

「どうやって稼げば良いのだろうか」と不安に思うはず。サラリーマンをやってきた人だと、稼ぐ方法を何も知らないパターンが多い。

 

でも、実際には稼ぐ方法があるのです。使えるものは使った方が良いんですよ。ええ。

関連記事:クラウドワークス7時間で5700円稼いだ話

 

ブログとYoutubeをやるかな

ブログで稼ぐ

私はブロガーとして仕事をしています。だから、ブログがどれだけ大変なのか?も知っているんですよね。

 

でも、それでもブログって楽しいし、50歳でも60歳でも始めることができるものなので、おすすめしているのです。

 

ブログは儲かるのか?をブロガーが解説してみよう。でも書いているけど、ブログは儲かるものでもあるんですよね。

お金を稼ぐ手段としても魅力はあるので、50歳でリストラされたらやってみると良いと思う。

年金の代わりになる程度だったら、頑張れば誰でもいけると思う。月に数十万とか、7桁まで行くのは大変ですけどね……。

 

Youtubeで稼ぐ

 

最近は「Youtuber」にもなりたいな、と密かに思っています。もうそろそろ始めるつもりです。

ゲーム実況が良いのかな、と個人的には思っています。

 

50歳でリストラされた時には「少ない資本で始められること」が大事だと思う。

Youtuberはたしかに機材は必要だけど、他のビジネスに比べると、少ない資本でビジネスを始めることができます。

これはあれですね。私は試してみて、Youtubeでの収入を公開したりしたら面白いのかな……。

 

50歳でリストラされた人向けに公開してみるか……。

まあね、50歳でリストラされても、どうにか生きてみれば良いのよ。自分で稼ぐことだってできるのだから。

 

生きていく方法は1つではない。

関連記事:ニートに飽きた頃に就職するくらいで良いんじゃない?

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事