私の仕事論

転職に失敗して無職になったら、私はどうするのかな。

転職に失敗して無職になっていたとして、私はどうするのだろうか。

 

そんなことを考えてみたんですよね。なぜそう思ったのかってね、いつも街を歩いていると、「この人も無職なんだろうなあ」という人がたくさんいるから。

何となくわかるんですよ。だから、気になったんです。

私は会社を突然辞めて独立した人間です。まあ、言ってみれば転職したようなものですよね。

転職って「辞めてから転職活動をする人」と「辞める前から転職活動をする人」がいると思うけれど、

私も、転職活動で失敗して無職になった人も、辞めてから転職活動をした人だと思うんですよね。

 

でもさ、どうなのだろうか。実際に転職に失敗して無職になったとしたら、私はどうやって生きていくのだろうか?と思った。

 

最初は病んでしまうでしょうね

 

転職に失敗して無職になった時点って最もつらい時期だと思う。無職を経験したことがない人にとってはわからないかもしれない。

 

でも、無職になる、ということは想像している以上につらいことだったりする。私の場合、中高一貫校を出て、

大学もまあ良いところに言った。そこから就活をして、300倍を超える倍率の中で大企業に就職した。

 

言ってみれば、本当に「これぞレール」というものの上を走ってきた感じですよね。金色に光るエリートレールみたいなものの上を走った。まあ、色々あったけどさ、

世間的にはそう見えるよね。そんな私が転職に失敗して無職になったとしたら、最初はつらいと思う。

 

私もサラリーマン生活にピリオドを打ってから、ある程度の期間は稼ぐことができなかったので、

無職だったんですよ。まあ、いまも無職のようなものですけど……。スーパーニート。

 

あの時には本当に何も持っていなくて、ただただ日々の生活コストを下げることに必死になっていたように思う。

 

生活コストを下げて、できるだけお金がなくならないように頑張っていました。

稼げない時には、将来が不安になるものなんですよ。将来が不安になると、途端にお金を使わなくなる。

 

そんな状態だったと思います。道端の1円でさえも、あの時は「嬉しい」と拾っていたかもしれない。転職に失敗して無職になっている状態と正直全く同じだったので、

 

やっぱりつらかったです。希望がなくなったわけではなかったけれど、それでもお金がないと人って不安定になるものなんです。

 

普段は温厚でも、お金がなくなると、変わってしまう人だっていますよ。お金や不安が人の心に与える影響は大きいのですよ。

 

思っているよりもずっと大きい。

関連記事:転職診断なんて当たるの?と疑問に思っているみなさんへ、私の結果を公開。

 

クラウドソーシングで稼いでいくだろうな

 

私が転職に失敗して無職になったとしたら、クラウドソーシングで稼いでると思う。私にもクラウドソーシングで稼いでいた時期がありました。

ライターとしての収入が主でした。まあ、そこまで多くの仕事をこなしたわけではないんですけどね。

 

転職に失敗して無職になったとしたら在宅でできる仕事をしたいな、と思うのです。

 

だいたいさ、転職活動をしている時なんて疲れている時ですから……。「もう外に出たくないな」なんて思っている時なんですよ。

 

転職に失敗して無職になったのであれば、余計に惨めな気がして外でアルバイトをしたくもないだろうしね。

 

ライターとしての仕事だけではなく、プログラミング系の仕事もありますから……。転職に失敗して無職になってしまったのであれば、

 

やっぱりこういう受託システムを利用すると思う。

転職に失敗して無職になっているとしたら、やっぱり不安だと思うんです。

 

そんな時に大切なのが、「お金はどうにでもなる」という安心感だと思う。安心感があれば、精神的にも安定するものですから……。

 

私ならクラウドワークスなどのクラウドソーシングを使うと思うのです。ロゴ制作とかやったことないけど、やってみたいな。

 

いや、今度は発注する側でも良いですね。このサイト自体、ほとんどデザインにはこだわってこなかったので、

そういう意味でも発注してみようかしら……。

関連記事:無職で死にたいと思っている?そんな必要はありません。

 

実際さ、のんびりしている可能性もあるよね

 

でも、ここまでクラウドソーシングとか書いてきたけどさ、やっぱりのんびりとしているような気もするんですよね。

 

いや、ブログで稼いだり、起業したりしているかもしれない。ただ、そこまで速いペースではないんじゃないかな、と思うわけですよ。

 

いまって転職をしようとすれば、別にいくらでも転職できるじゃないですか。たまたま時期が悪かったから転職に失敗して無職になっただけで、

 

別にあとからでも転職活動はできるものだと思うんです。私の周りでもフリーターのまま1年を過ごした人がいましたから……。

別にどうにでもなるものなんですよ。

 

それに会社に雇われることだけが全てではありません。転職に失敗して無職になったなら、起業しても良いのです。

 

ブロガーになっても良いし、Youtuberでも良いじゃないですか。職業なんて自分で作ってしまえば良い。

職業なんて稼ぐことができれば、作り出せるものなのだから。雇用されることだけが正しいわけじゃない。

 

サラリーマンをやっている時間が長いと、「自分はできない人間だ」と思ってしまいがち。上司とか、周りの人たちから批判されると、自分という人間の評価が落ちる。

でも、実は自分で稼ぐことなんてそこまで難しくない。

時代もあるしね。

 

成功するまで続ければ良いのです。転職に失敗して無職になったとしても、結局はのんびりしているような気がするけど、

 

別にそれでも良いんですよ。道はいくらでもあるのだから。

回り道こそ人生の醍醐味じゃない?効率だけが全てではないはずです。

関連記事:一生フリーターでいるのも悪くはないけどさ。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。