仕事

仕事でヘトヘトになっても頑張れるのはせいぜい1、2年よ。

仕事でヘトヘトになるまで頑張った経験を持っている人もいるよね。

最初はそこまで仕事が大変ではなかった人でも、部署が変わったり、立場が変わったりして、

家に帰ってきたら仕事でヘトヘトになっている人っていると思うのよ。

でも、仕事でヘトヘトになっても頑張れるのはせいぜい1、2年だと思う。

 

最初は頑張れるよ。最初は多少つらいことがあっても、何とか頑張ることができると思う。

ただ、そんな日々は長続きしないわけ。私だったらすぐに逃げ出してしまう。きっと同じだよ。

仕事でヘトヘトな状態で頑張り続けることができる人なんて実はいないと思うんだ。

 

私も以前は仕事でヘトヘトになっていました

 

仕事でヘトヘトになっていた過去が私にもあるんですよね。私が当時所属していた会社はとにかく忙しい会社でした。

 

だから、朝出社してから帰るまでの間はほとんど覚えていないような感じで、毎日仕事から帰るとヘトヘトでした。

 

家に帰ると、ぼーっとテレビを見るんですよね。いや、厳密にはテレビをつけてはいるんだけど、別に内容を把握しているわけではない。

ただ、ぼーっとしているのです。

 

その時間で仕事でヘトヘトになった身体と精神を癒しているような感じだったのかな。上司からパワハラを受けたとかではないのだけれど、

上司が嫌いだったし、仕事内容も好きではなかった。

 

そして、仕事も忙しいもんだから、やっぱり精神的にはつらくなってくるのよね。

 

どうしようもない無力感みたいなものが当時はあったんじゃないかな?と思っています。仕事でヘトヘトになったからといって、

明日は休みます!」みたいなことは言えない。だから、帰ってきたらできるだけ早く寝るようにしていた。

 

月曜日から金曜日まではそんなしょうもない日々の繰り返しですよ。

 

家に帰ってきて放心状態になっているのが当たり前の毎日でした。いま考えると、「病んでいたのかな?」と思うんです。

 

でも、その時にはわからなかったんですよね。もうとっくに辞めるべきタイミングだったのに、

私は辞める、という決断ができなかったのです。

関連記事:仕事なんてゲーム感覚でやれば良い。

 

疲労は蓄積されるものなんですよ

 

まだ気がついていない人もいるかもしれない。でも、疲労は蓄積されるものなんですよね。

 

仕事でヘトヘトになったとしても、私たちは頑張ることができます。でも、頑張ることができる期間なんてやっぱり人間だからせいぜい1、2年くらいなんですよ。

 

1、2年くらい頑張ったら、燃え尽きてしまう人が多いんじゃないかな、と思う。

疲労は寝ればある程度は改善していくと思う。ただ、だんだんと蓄積されるものでもあるんですよ。

 

1、2年程度頑張ったところで、「あれ?こんな生活もう続けられないな」と実感するようになると思う。

 

若い時は良いよね。そもそも疲れないし、疲れても回復するのが早い。でも、数年経ってくると、

これまでの疲れがどっと出て来て、急に無気力になってしまう場合がある。

 

私も仕事でヘトヘトでした。だからいまは割と自分のペースで仕事をしているんじゃないかな、と思っています。

 

ヘトヘトになっている時にも、きちんと成果が出ていればそれはそれで嬉しい。「頑張った甲斐があったわ!」と思える。

幸せなことですよ。

ただ、そんな状態が長く続くわけではない。人造人間ではないから、私の身体は確実に疲れを蓄積していくのです。

私の父親も仕事でヘトヘトになる毎日の中、ある日突然死んでしまいましたから。頑張りすぎも危険なんですよ。

 

私たちには血が通っている。感情がある。ロボットのように「電気だけ」で働くことができるわけではないのです。

 

自分の身体は部品の交換できない1点物なのです。だから、大事にしなければならない。

仕事でヘトヘトになる状態で、5年も10年も働いていたら、どこかでおかしくなってしまうと思うよ。

関連記事:仕事なんて馬鹿らしいと思っていた。

 

自分のリズムを大切にしよう

 

人にはそれぞれリズムがある。寝るリズムとか、食事をするリズムがあるわけ。そこから外れてしまうと、人間は急に弱くなる。

身体のリズムと合わないからね。

 

仕事でヘトヘトになってしまう、ということはそもそも勤務時間が長かったり、勤務時間内での仕事処理速度が速い、ということです。

 

でも、そんなことを続けてることなんてできないのですよ。

 

自分のペースを守って仕事をすることができる職場にいるべきなのです。

 

仕事でヘトヘトになると、「やりきった感」はある。でも、そんな生活が長く続くと思いますか?

 

1、2年もしたら肌が荒れ、精神的にもつらくなってくるものです。私はもう数ヶ月でつらくなりましたけどね。

 

自分時間」というものが人間にはあると思う。スピード感とか、寝る時間とかね。

 

なるべく自分の身体にある「時計」を壊さないように生きて欲しいのです。仕事でヘトヘトになるまで頑張らなくて良いんだ。

関連記事:ブラック企業を辞めたい?今日辞めてしまいましょう。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。