ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

営業がうまくいかないと悩んだ入社当時。

営業がうまくいかない自分に嫌気がさすことってあると思う。

同期は営業成績が良いのに、なぜ自分は営業がうまくいかないのだろうか?と思ってしまうのです。

私もそうでした。

入社した当時、営業がうまくいかないな、と悩んでいたのです。

まあ、正確に言えば「なんでこんな仕事しなければいけないんだ!」とおもっていたんですけどね。

初めて営業に行かされた時

 

誰でも初めて営業に行かされる時があると思うんですよ。いまは役員室でどっかり座っているおじ様方も昔は営業をしていた。

誰にでもあるんですよね。そんな私も営業に行かされたのですが、どうにもうまくいかないんですよ。

当時所属していた会社が特殊だったので、営業の仕方も難しかったんですけどね。

 

それにしても、まず「話を聞いてもらえない」というところから始まるから難しい。

 

話を聞いてもらえれば、まだ何とかなるものだけど、話を聞いてもらえなければ、何もできませんからね。

だいたい、うまく行く時には最初の5秒くらいで相手が「この人なら信頼できる」と思ってくれている。

逆に最初がダメなら割と何をやってもうまくいかないような気がしています。

 

いやあ、でもやっぱりあの頃もいまも営業は好きではないな、と思う。営業をすることって大切だと思う。

ビジネスの基本だよね、と思う。

 

ただ、そうは言っても、営業になってしまうと、うまくいかない人とか、事とかたくさんあるじゃないですか。

その中で揉まれて成長していくのが、私は苦手でした。営業至上主義みたいな考え方もあるけど、

私はそうは思わない。

 

営業がうまくいかないなら、他の仕事をやっても良いんじゃないの?と思っているよ。

関連記事:私は仕事を覚えられない社員でした。

 

お前いなくていいよ

私、その当時から上司が嫌いで仕方なかったんですよね。営業がうまくいかないのを上司のせいにするのは良くないかもしれない。

 

でも、同行してくる上司が好きになれなかったからこそ、営業がうまくいかないのかな?と思っていました。

だから、当時の上司には「あの、1人でやった方が良いんで、1人で営業行っても良いですか?」と聞いていた。

 

何をしても、否定してくる上司だったから、営業をする度に自信を喪失してしまったんですよね。

上司って大きな影響力を持っています。部下に対してね。

 

だから、私はもう嫌で嫌でしかたなかったんですよ。上司と同行すると、

少しうまくいっても、「まあできて当たり前だよね」みたいな感じのことを言われる。

なんですか、それ。

 

お前なんていなくていいよ」と心の底から思った。

 

ヒョロヒョロしたメガネで短髪の神経質な先輩でしたよ。トホホ。

 

営業がうまくいかないならさ、そもそもそれ上司との同行時代が原因かもしれないよね。

 

そこで自信を持たせてもらえなければ、やっぱり営業ってどんどんうまくいかなくなるものなんですよ。

まあでもね、その時の経験があるからこそ、いまは自分の会社の社員を積極的に褒めたいな、と思っています。

だって、「こんなのできて当たり前だろ」なんて言われても、頑張ろうと思わないでしょう?

 

私が思いませんでしたから。それよりも「うわ、すごいね!もっとできたら天才じゃない?」と言われた方が頑張ることができるよ。

 

そういう意味では当時、営業がうまくいかないな、と思いながら上司と格闘していた日々も無駄ではなかったよね。

いまに活かされていますから。

関連記事:早く帰りたい、と仕事で思った時に帰れる働き方が良いよね。

自分は本当にこの仕事がしたかったのか?

 

営業がうまくいかない時に思ったんですよね。しばらくやってみたけれど、やっぱり営業なんてやりたいことではなかったんじゃないかな?と思った。

そこに社会的な意義があるとも思えなかった。会社としても特殊だったから、ということもあるんですけどね。

大学では文系を出ています。つまり、多くの学生は「営業」として社会に出る。

 

私の周りでもそうです。ほとんどの人がいまも「営業」として働いている。

 

でも、営業がうまくいかない私のような人間の中には「文系だけど営業が合っていない」という人だっていると思うんですよね。

本当に良いものを売っていて、営業の仕事がうまくいかないけど、それでもやってみたい、という強い思いがあるなら良い。

 

素敵ですよ。

 

でも、私のように仕事が終わった後、「なんだろう、俺の人生」と悩んでいるのであれば、

本当にやりたいことではない可能性だってあるわけよ。

 

本当にやりたいことではないのであれば、別に辞めてしまっても良いのです。

営業がうまくいかない状態で、何とか頑張って続けていこうとする人もいる。

 

すごいよね。精神的に強いよね。でも、本当にこの仕事がしたかったの?と自問してみて欲しい。

 

もしも違うなら、他の道だってあるんだよ。営業がうまくいかないなら、別の道へ進んでも良いのです。

関連記事:上司が厳しいのは良い事なのかもしれないけどストレスになるよ。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。
よく読まれている記事