恋愛と私

恋愛の倦怠期はなんで来る?乗り越えようと思い過ぎない方がいい

3ヶ月、3年、3の倍数月…

 

恋愛には3がつく時期に倦怠期が訪れる、なんてことがよく言われていますが、

こういった倦怠期を感じると、「別れようかな?」と考えてしまう人も居ると思います。

 

でも倦怠期がくるのは当たり前のことだし、倦怠期がきて「乗り越えなきゃ!」と思ったり

その倦怠期に耐えられず、相手を傷つけるような行動をしてしまうことによって、結果的に別れに結びついてしまう、ということもあると思うんですね。

良いんですよ。そんなに深刻に考えなくても。「ああ、倦怠期ね」と軽い気持ちで待っていれば良いだけなんです。

倦怠期はなんで来る?

 

恋とは、相手と自分の似てるところを好きになることで

愛とは、相手と自分の異なるところを好きになることだ。

 

なんて心理学的な見解があるみたいですが、まさにその転換期に訪れるのが倦怠期なのだと思います。

 

自分と似たところがある人には惹かれるものですよね。

趣味が合うとか、嫌いなものが同じ、だとか

そういう自分との共通点を見つけて、人と人は恋愛をするのだと思います。

 

しかし、一緒にいる時間が長くなってくると、次第に相手と自分の異なる点が見えてきます。

 

相手と自分の共通項を見て好きになったのだから、相手と自分の意見が食い違うと

「同じだと思ってたのに!」となんだか少し相手を責めたくなるような気持ちになるんですよね。

 

でもそれはきっと、恋が愛情に変わるタイミングなのだと思います。

 

自分とは異なる相手の側面に、最初は抵抗感があるかもしませんが

そこを受け入れられるようになると、恋愛がさらなる大きな愛情へ変わっていくと思います。

関連記事:恋愛がうまくいかない男はこうすれば良いんじゃないかな?と考えてみた。

乗り越えようとしなくても良い

 

倦怠期になると、相手にかまってほしかったり

自分の気持ちを確かめようとして、わざと喧嘩をしたり、相手を嫉妬させようとして行動してしまう人もいます。

 

でも自分が倦怠期だと感じている時は相手も倦怠期だと感じている場合が多いです。

 

そういった時に、相手のことをわざと傷つけるようなことをしてしまうと、

相手も倦怠期に感じている時期で「このまま別れようかな」という気持ちに向かってしまい

気を引こうとしてやったことが裏目に出ることもあります。

 

倦怠期は何か努力をして乗り越えようとしない方がいいでしょう。

 

むしろ少し距離をとってみて、改めて自分の時間や生活を大切にした上で

それでもその恋愛が自分にとって必要なものなのかどうか、ということを考えてみるといいと思います。

 

男性は特に回りくどいのが苦手な人が多いので、もし構ってほしくて嫉妬させようとしてしまうのであれば

素直に構って欲しいと伝える方がまだ良いと思いますよ。

関連記事:嫉妬させたいと思うような恋愛観は間違っているよ。

長く一緒にいるなら倦怠期は必要

 

恋愛ってずっとし続けるものではないと思うんです。

 

一緒にいる時間が長くなって、熟年夫婦になっても仲が良い夫婦もいますが、

一緒にいる間ずっと恋愛感情を持ち続ける、ドキドキし続ける、というのは難しいですよね。

 

恋愛をし始めた頃はドキドキも強いと思いますが、

長く一緒にいるようになると、緊張する相手から次第に安心することができる相手へと変わっていくのではないでしょうか。

 

つまり倦怠期がきて、ドキドキがなくなる、というのは

その人と一緒にいる時間に自分がリラックスできている証でもあると思うんですよね。

 

よく、デート中に眠そうにしている彼氏に対して「デートしているのになんで眠くなるの!」と怒る女性がいますが

それは彼が、一緒にいる時にリラックスしてくれている証なのです。

 

だからデート中に仮眠する、なんていうのも、とても良い関係性を築くことができている証だと思うんですよ。

 

倦怠期、と表現してしまうとなんだか悪いことのように感じるかもしれませんが、

それはお互いが家族のような感覚になった証拠だと思います。

 

ドキドキしっぱなしで、結婚してからも何年何十年と一緒にいる、なんて考えたら疲れちゃうと思いませんか?

 

結婚して一緒に住むような生活をし始めたら、相手にすっぴんだって見られるし

自分のだらし無いところだって見られてしまうんです。

 

そういうのをお互いに許容していけるようになった方が、一緒にいて楽だと思います。

 

倦怠期を感じて、別れようかな、と思ってしまっている人は

その人との恋愛が、結婚への準備に変わってきた、と考えればいいのではないでしょうか。

関連記事:結婚に踏み切れないのはなんで?

倦怠期で少し落ち着いて考えてみる

 

倦怠期を感じる時は、それまで勢いがあった恋愛に、恋愛要素を感じなくなってしまった時でしょう。

 

それは自分が一番冷静にその人との恋愛を吟味することができる時期だとも言えるでしょう。

 

このあとずっと一緒にいられるか、

それともその恋愛が自分には合っていないのか。

 

すぐに決めなくていいから、少し時間をおいてゆっくり考えてみる、という時期にしみてもいいのではないでしょうか。

 

恋愛要素がなくても一緒にいられる相手もいれば、

そういうドキドキ感自体が楽しかった恋愛だった、という場合もありますからね。

まあね、でも、恋愛ってその時にはわからないこともたくさんあるんですけどね。

恋愛においては倦怠期って重く考えてしまいがちだけど、自分や相手と向き合う良い機会なんじゃない?

関連記事:「彼氏がつまらない」という理由で別れる人って本当は多いんじゃないかね

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。