恋愛と私

恋愛に温度差を感じても、好きならそれでいいじゃん

相手が好きすぎる恋愛だと、相手との温度差を感じて悲しくなってしまう、ということもあると思います。

 

温度差を感じると、なんだか自分ばかりが好きな気がして、

ちょっと寂しいと感じてしまうものですよね。

 

でも、温度差を感じるような恋愛だとしても、

自分がそれだけ相手を好きならそれでいい、と割り切れた方が楽だと思う。

 

結局自分が好きかどうか、でしょ

 

恋愛に温度差を感じて悲しい、というのは「相手にもっと愛情表現をしてほしい」と感じている、ということだと思うんですが

それって結局「相手が自分のことを好きでいてくれないと好きでいられない」ということにもなってしまうんですよね。

 

でも冷静になって考えてみてください。

 

人を好きになるってそういうことじゃないと思うんです。

 

相手が自分に対してどのような気持ちを抱いていたとしても、

相手のことを好きなことには変わりないと思うんですよね。

 

片思いではなく、お付き合いをして、恋愛という形になってしまうと

どうしても相手からの愛情を求めてしまうものだと思いますが、

相手が自分のことを好きでもそうじゃなくても、やっぱり自分は相手のことを好きだな、と思ってしまうのが「人を好きになる」ということなんじゃないかなと思うんです。

 

だから、相手の気持ちにこだわりすぎず

「結局相手がどういう態度であろうと、自分が好きであることには変わりないんだよな」と思って少し割り切ってみると気持ちが楽になるんじゃないかと思います。

 

相手と自分は違う人間。

全て自分と同じようなリアクションが出てくるだろう、と思う方がそもそもの間違いなんですよね。

関連記事:恋愛が楽しくない、って感じる時があった。

 

相手に求めない愛情の方が楽

 

恋愛に温度差を感じる、という人は、

恋愛において相手に何かを期待してしまっている人です。

 

例えばサプライズで何かをした時に、もっと嬉しそうにしてほしい、とか感動してほしいとか。

 

でもそういう行動の原点って「全部自分がやりたいからやったこと」だと思った方が楽なんですよ。

 

これは恋愛だけでなく、人付き合い全般に言えることなのですが、

人に期待をしないことで、対人関係のストレスって大きく減るもので、

「相手にもっとこうしてほしい」という気持ちが大きければ大きいほど、それが思い通りに行かなかった時にストレスに感じてしまうんですよね。

 

自分の行動の理由を、あくまで自分にしてみると、落胆することもなくなります。

 

何かしらを期待されることによって、それが相手にとってはプレッシャーに感じてしまうこともありますからね。

関連記事:彼氏とのLINEがつまらないと感じるのは何か違うよね、と思う。

 

与える側でいよう

 

恋愛に温度差があるって怖いことですよね。

相手も自分のことを好きでいてくれるのか、それを不安に思ってしまうのは誰でも同じ。

 

そう、相手だってきっと、「自分のことを本当に好きでいてくれているのか」ということを不安に思っていると思います。

 

自分に自信があまりない人や、恋愛経験が少ない人ほど、こういう不安を抱えがちな傾向あります。

 

つまり、恋愛する時、多くの人が「相手にもっと愛情表現してほしい」と思ってしまうものなんですよ。

 

そして相手がいっぱい愛情表現をしてくれるからこそ、自分も相手にそれを返そうと思えるものです。

 

だから、恋愛に温度差があって寂しい、と思う人は

もっともっと愛情を相手に与えてあげる側でいてあげてください。

 

たくさんの愛情をもらうと、「自分のことを好きでいてくれているんだ」という安心感から、

相手も愛情表現をしやすくなるものです。

 

実際恋愛に臆病な人は特にそういう側面があると思います。

 

愛情表現をしたいのに、相手にどう思われるか不安でできない、という人、多いんですよね。

 

どちらも相手の出方をうかがって恋愛をしているようだと

なかなか距離は縮まらないものです。

 

自分が率先して相手に与える側になれるような恋愛ができると、お互いに心地よい距離感まで近づきやすくなるのではないかと思います。

関連記事:彼氏が幼稚で悩んでいる女性って本当は多いんじゃない?

 

愛情表現は人それぞれ

 

恋愛に温度差を感じる人が一番理解しておかなくてはいけないことは、「愛情表現は人それぞれだ」ということ。

 

どうしても人は自分の物差しでしか物事を計れないですから、

「自分がこんなに愛情表現しているのに、なぜ相手は同じように返してくれないんだ」と思ってしまいがちです。

 

でも、同じ「楽しい」という気持ちでも人によって表現は違いますよね。

ものすごく大きな声でガハガハ笑って「楽しい」を表現する人もいれば、

「楽しい」があまり顔に出ないけど、心ではものすごくワクワクしている、

そんな人もいるわけです。

 

恋愛も同じで、同じような温度感を感じていても、

それを同じように表現するわけではありません。

 

特に恋愛の場合は男性と女性、という違いもあります。

やっぱり男性に比べると女性の方が比較的、感情を表現するのは上手、というかオーバーです。

 

それはもう個体差なので、

そこに不満を感じてもしょうがないんですよ。

 

そんな温度差のある違う人間のことが、好きなのですから。

関連記事:男女の恋愛観はこうも違う?

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。