ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

浪人すると寂しい気持ちが強くなるから友達と過ごした方が良いよ。

浪人した経験がある人っていると思うんですよね。私も浪人しました。1浪です。現役の時には受からなくて、

結局は浪人することになってしまったんですよね。親には迷惑をかけてしまったな、と今でも思っている。

でも、それ以上に浪人というものは大変で、寂しい気持ちが抑えられなくなるものでもあるんですよね。

私は友人と通ったいた。だからこそ、浪人しても最後まで頑張ることができたと思うんだ。

だから、浪人している人には「友達と会う時間」を定期的に設けて欲しい。じゃないと死んじゃうよ。本当に。

300日は友達と勉強をしていた

あの頃は高校の友達と予備校に通っていました。別にその友達と示し合わせて予備校を選んだわけではなくて、

たまたま同じ予備校になっただけなんですけどね。

でも、いまとなっては、「あいつがいてくれて本当によかった」と思っています。それくらい大切な存在でした。

 

浪人をしていると、寂しいと思う瞬間が度々やってくる。

 

不定期にね。私は友人と毎日隣の席で勉強して、お昼も一緒に食べていたので、

だいたい300日くらいは友達と一緒にいた計算になるのかな。

 

本当にずっと友達と一緒にいました。でも、それでもたまに自習室で1人勉強をしていると、「寂しいな」と感じることがあって、

そういう時には散歩についていってもらったりした。

その当時は気がつかなかったけれど、一緒に散歩についてきてくれるとか、めちゃくちゃ優しくない?すごいよね……。

 

あの頃のことを思い出すと、涙が出てくるほど、彼には感謝しています。

浪人の時って寂しいという気持ちが溢れ出てきてしまうものだから。

つらい状況に置かれた時には、やっぱり人は人を求めるものなのよ。

 

予備校の白い机に向かって淡々と毎日を消化していくなんて人間にはできない。

そう思うんだ。少なくとも私は無理だった。そんなことをしていたら、おそらく1ヶ月で精神的に病んでいたと思う。

関連記事:浪人がつらいと思っている人に伝えたい事。

要するに「ニート」なんですよ

 

浪人をしている時に、なぜ寂しいのか?というと、どこにも所属していないからだと思うんですよね。

 

学校とか、会社とか、何かしたらのコミュニティに属していれば、私たちは自然とコミュニケーションを取るようになる。

 

でも、浪人生って基本的にはニートだからさ、誰とも話す機会がないのよ。

家族だけが話し相手になっている人だっているんじゃないかな。だからできるだけ友達と一緒にいた方が良い。

 

できるだけで友達と一緒に予備校に通って、一緒に勉強するべきだと思うんだ。

 

人間ってさ、コミュニケーションを取らなければ生きていけない生物だと思う。

 

昨日のさんま御殿面白かったよね」とか「昨日のテストの点数が悪くてさ」みたいな何でもない話をすることが私たちには重要だったりする。

 

何でもないことだと思ってしまいがちだけど、浪人の時の寂しい気持ちは、こういう「何でもないコミュニケーションの不足」から起こるものだと思う。

 

浪人の時に感じた。「ああ、ただのニートなんだ」とね。浪人と言えば聞こえは良いけど、特に何をしているわけでもないじゃない?

 

浪人だって「私は浪人をしています」と名乗るからこそ浪人生なのであって、世間からしたら「ただのニート」にすぎないわけですよ。ええ……。

だからこそ孤独を感じてしまう。浪人の時には寂しいという気持ちが強くなってしまうのです。

他人を求めるって難しいことなのかもしれない。恥ずかしいと思ってしまうのかもしれない。

でも、浪人の時には、そんなプライドよりも「友達とのコミュニケーション」を大切にした方が良いのよね。

関連記事:宅浪なんて成功しません。借金してでも予備校にいけ!

 

予備校に現れなくなった友達

 

友達と予備校に通っていた」と言ったけれど、

実は他にも友達がいた。

 

そもそもは彼と一緒に予備校に通うことになっていたんですね。

でも、彼は「俺は前の席で聞くわ」と言って、なんだか距離が空くようになった。

 

さらに浪人している時ってイライラするみたいで、私と300日一緒にいた友達のことを攻撃し始めたんですよね。

それがきっかけで彼は1人になってしまった。浪人する時には、寂しいという感情と向き合う必要があるのに、

 

彼と私の友人の仲がうまくいかなくなってしまったことが原因で1人になってしまったのです。

すると、彼はどうなったのでしょうか。彼は予備校に宗教的な本を持ってくるようになり、テストの時になると、

 

手が震えて鉛筆が持てない」と言うのです。こわいですよね。きっと、その時には自律神経がおかしくなっていたのでしょう。

たしかに彼の手は震えていました。

 

結局、彼の受験は「成功した」とは言えない結果に終わった。

 

そうなんですよ。それくらい浪人の時には寂しいという感情が邪魔になってしまうのです。

寂しいと感じるなら、やっぱり誰かと一緒にいた方が良い。高校からの友達でも、予備校の友達でも良い。

 

誰でも良いから友達を作ることが大切なんだ。

 

浪人をしていて寂しいなら、きちんと対処するようにしようね。本当に孤独ってこわいから。

絶対に今年で終わらせたい」という気持ちが強いなら、信頼できる仲間を作った方が良い。

私の経験からはそう思うよ。適度に頑張ってね。時々は休んだ方が良いよ。

 

あとね、受験で人生は決まらないからね。

関連記事:人生はチャンスの連続なんだよ、ホントは。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事