ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

収入が激減した時を想定して人生を設計していこう。

収入が激減してしまうリスクって誰にでもあると思う。

 

たとえば私の場合には、自営業者ですから、いつどこの収入が激減するのかわからないんですよね。

でも、実はサラリーマンでも同じことが言えると思う。サラリーマンだって収入が激減するリスクはあります。

私たちは来るべき「収入の激減」をあらかじめヘッジしておく必要がある。

 

そのために何をするべきなのだろうか?

 

収入を1つに絞る危険性

 

私たちは収入を1つのところに頼っているケースが多いと思う。サラリーマンであれば、会社からもらえる給料に頼っていますよね。

会社から月々決まったお金が振り込まれるわけですよ。

 

大企業だったら、月に50万円とか、100万円とかもらえるところもあるよね。ボストンコンサルティングの友達なんて、ものすごい金額をもらっていましたよ……。

 

でもさ、どれだけ優秀な人でも、収入が激減することはあります。会社が潰れてしまえば、その人の収入はゼロになりますよね。

どれだけ高い給料をもらっていた人でも、ゼロ円になってしまうリスクがあるのですよ。

1つのところに収入を集中させてしまっていると、何かあった時に収入が激減してしまうのです。

 

私だってそうです。たとえば私が不動産投資収入だけに頼っていたら、きっとどこかで破綻してしまうことでしょう。

 

私がブログからの収入だけに頼っていたらどうでしょうか。それはそれで危険ですよね。どこか1つのところからの収入に頼るということは、

 

自営業者であっても、サラリーマンであっても危険な行為なのですよ。

必ず分散しておくことが大切なのです。収入が激減した時を想定して分散しておいた方が、生活は安定しますよね。

 

経営者であれば、経営が安定することになる。1つの収入だけに頼っていても、調子が良い時には何も起こらないから、誰も注意しない。

 

でもさ、本当は危ない橋を渡っているのですよ。

関連記事:資産運用には安全で確実なモノなんてないけど。

 

私は分散するようにしています

 

私は自分の収入が激減してしまった時のために、できるだけ収入を分散するようにしています。

たとえば私の場合だと、会社からの役員報酬の他にも、不動産投資や株式投資、あとはブログからの収入がありますね。

それだけどこを取っても、生活に困ることがないように、自分の人生を設計しているのです。

サラリーマンとして働いていることが悪いことだとは思わない。別にサラリーマンがあっているのであれば、

そのまま働いていれば良いと思う。でも、給与所得だけに頼っているのはあまりにも危険じゃないかな?と思う。

 

どれだけ年収が高かったとしても、倒産してしまえば、何も残らないものなんですよ。運良く転職することができれば良い。

でも、もしも転職することができなかったらどうする?失業保険はあるけれど、子供が3人もいたらどうするのだろうか。

 

1つの収入が激減した時に、他の収入が安定していれば何も問題はない。自分の人生のリスクヘッジをしておくことがやっぱり大事だな、と思う。

 

私もサラリーマンを辞めた時には、サラリーマンをやっていた時の給料が全てなくなりましたから。

でも、その時には他の収入もあったりしてね、それで食べていくことができたという側面があります。

 

収入が激減するリスクは誰にでもある。ある時、「今日のお昼買えない」という自体になることだってあるわけですよ。

まあ、実際、私も父親の借金が多く残っていた時には大変でしたしね。お昼もまともに食べていませんでしたから。

 

そんな「非常事態」に備えることが大切なのです。

関連記事:タクシードライバーの仕事は収入がいいのか

 

病気になることもあるし鬱になることもあるんだ

 

会社からリストラされて、職を失ってしまう、という悲劇のストーリーを思い浮かべているかもしれない。

でも、それだけではないんですよね。

 

収入は自分が病気やケガをしてしまった時、うつ病になってしまった時にも激減する。サラリーマンとして働いている場合でも、

自営業でも同じだけれど、やっぱり激減するものなんですね。

 

俺は健康だから大丈夫だ」と思っている人も多いでしょう。「精神が強いから鬱にはならない」と思っている人もいるでしょう。

 

本当にそうでしょうか?わからないんですよね。どうなるのか、なんて。

いきなりガンになってしまう可能性だってあるし、大怪我をしてしまうことだってある。失明してしまうかもしれない。

精神的にきつくなってきて、パニック障害になってしまうかもしれない。

 

そう考えると、収入が激減した時に、リスクを最小限にするためにはどうすれば良いのか?を考える必要性を感じますよね……。

 

たとえば、私の場合は不動産投資もリスクヘッジの1つです。怪我をしてしまった時にも、自分以外の人間や不動産が働いてくれるわけですから。

 

ある1つの収入が激減した時にも、リスクを最小限することができる。ローンを組んで買っても良いし、

現金でも良いでしょう。いまは金利も安いからローンの方が良いと思うけどね……。

 

病気になったり、鬱になることを想定して人生を設計していこう。その方がきっと人生をゆったりと生きていくことができる。

 

前向きに人生を歩んでいくためには、防衛策も必要なんです。

関連記事:フリーターは転職エージェントを使うべき理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事