人生

「もしもあの時…」なんて考えることに意味はないんだよ。

生きていると後悔することって何度かあると思います。

「もしもあの時、別の選択をしていたら…」なんて考えてしまうこともあるかもしれません。

 

でもそんなことを考えても何も意味がないんですよね。

 

人生は選択の連続。

その選択の積み重ねで今があるんです。

 

私たちは今日しか生きれない

 

私たちはどう頑張っても、今この瞬間しか生きることはできない。

過去にも未来にも行けない。

 

今の連続で人生は続いているんだから、過去のことを考えても未来のことを考えても結局は目の前にあるのは今だけ。

だとしたら「もしもあの時」なんて想像を膨らませて、今目の前にある「今」という時間を無駄にしてしまうのはもったいないんじゃないか、って思うんですよね。

 

もしもあの時違う選択をしていたら…考えるのは自由だけど、その選択はその時にしかできなかったもので

今考えてもその時の選択は絶対に動かないのだから、だったら今の自分にできることは今を一生懸命生きることなんですよ。

 

もしもあの時こうしていたら、じゃなく、「今できる最善を生きる」しかない。

今できる最善をいつも頑張って生きていれば、もう「もしもあの時」なんて考えなくて済むんじゃないかな。

 

もしもあの時って悩んでいる今のことも、もしかしたら未来の自分は「もしもあの時ずっと悩み続けなかったら」って思うかもしれない。

 

だったら悩んでるよりも、今できることに励むべきだと思うんですよね。

関連記事:ストレスを避ける臆病者でいれば良い。

 

繰り返さなきゃ、いいじゃない

 

もしもあの時違う選択をしていたら、と考えてしまうということは

それだけ後悔するようなことがあったんだと思うけど、

起きてしまった過去は変えられない。

 

でも未来は今の自分の動き方でどうとでもなるものだと思う。

 

じゃぁ、それほどに後悔するようなことを、二度と繰り返さないためにどうしたらいいか、ということを考えればいいのかな、って思うんです。

 

違う選択肢に思いを馳せても、不毛だけど

同じ過ちを繰り返さないためにどうしたらいいのか、ということを考えることができたらとても建設的だと思いませんか?

 

もしもあの時、って考えることには意味がないけど

同じことを繰り返さないために、何が悪かったのか分析することにはとても意味があると思います。

 

そうやって何度も失敗をして、人生は豊かになっていくんだと思う。

それほどの後悔をした自分は、絶対に得難い経験を手にすることができてるでしょう。

 

その経験が、自分を成長させるんです。

関連記事:成長できない人の特徴

 

消えていい過去なんてない

 

もしもあの時、と考えてしまうようなことは

もしかしたら大きな後悔を感じるようなことで、「消したい過去」になってしまっている人もいるかもしれません。

 

でも今の自分がいるのは過去の自分がいてくれたおかげです。

過去の毎日を一生懸命生きたから今の自分がある。その上に成り立ってる。

 

そう考えたら、消えた方がいい過去なんて一つもないんですよね。

自分では確かに苦い思い出になってしまっているものだとしても、その経験があったからこそ学び得たものがあって、今の自分に繋がっているんです。

 

私ももう二度とあんな経験をしたくない、と思うことって結構あります。

 

本当の友達と呼べるような人がいなくて、暗い学生時代を送ったこと、

大好きな仕事を人間関係のせいで辞めてしまったこと、

色々「そうじゃなかったら」と考えられるものはあるけど、

それがあったからこそ、できた友達もいるし、大切だと思えた人間関係がある。

 

それは失敗や後悔をしなかったら気づくことはできなかったものだと思うんです。

 

だからもう二度と戻りたくないし繰り返したくない過去だけど、

そういう失敗もあってよかったな、と思います。

 

学生時代辛い経験をした者同士だから絆が深くなった友達は、今では一生の友達、と言える友達です。

関連記事:本当の友達の作り方とは何だろう?

 

そう考えてしまうのは疲れてる証拠だよ

 

もしもあの時、と考えてしまう時ってちょっと気分が落ち込んでいたり、

疲れていたりする時なんじゃないかな、と思うんですよ。

 

自分が元気で楽しく頑張れている時は、「もしもあの時」なんて言葉はよぎらないと思うんですよね。

 

自分がちょっと弱ってるからこそ、そういう思いが出てきてしまうんです。

 

なので、もしもあの時、と考えてしまって辛いのであれば

美味しいものを食べて、早く寝てしまうのも手だと思います。

 

睡眠が足りてない時や体調が悪い時は悪いように考えてしまうことが多くなります。

 

そんな時は、時間をかけて思い悩むよりも、

体調を整えるために動いた方がいいんです。

 

休ませてくれ、という合図なんだと思うんですよね。

 

体調が本当に良い時って、あまり暗いことや辛いことって考えないですからね。

元気になりたい、という時は特に、体にいいことをするのがおすすめです。

関連記事:睡眠が足りないだけで全てがうまくいかなくなるものだよ。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。