ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

サラリーマンに疲れたという人たちへ。

サラリーマンでいることに疲れた」と思っている人は多いんじゃないかな?

 

世の中では、サラリーマンとして働くことが当たり前だと思われている。でも、実はサラリーマンとして働いて、生活をしていくということはとても大変なことなんじゃないかな?と思うのです。

 

毎日8時間働いて、休日は週に2日だけ。

疲れるのは当然のことなのですよ。サラリーマンとして働いていくことに疲れた人たちへ、書いていきたいと思う。

 

 

40年間も働くつらさ

 

はじめの10年くらいはまあ、良いと思う。新しいこともたくさんあるし、働くこと自体が楽しくなる時期でもあるからね。

でも、私たちの多くはサラリーマンとして40年程度は働いていかなくてはならない。同じ会社で40年以上働くような人もいるんじゃないかな。

そう考えてみると、こわくないかな?サラリーマンに疲れた、と感じるのは、これから歩む道が長く感じてしまうからだと思う。

 

まだ20年も働いていかないといけないのか」と絶望してしまうのです。私はサラリーマン生活を辞めた人間です。

 

果てしなく続いてしまうサラリーマン生活にうんざりしたり、私は上司ともうまくいっていなかったので、辞めたのですよ。

 

サラリーマンに疲れたと感じるのは当たり前のことだと思うし、本当は私たちってサラリーマン生活を長く続けるほど、精神的には強くないんじゃないかな、と思う。

 

年齢を重ねると、新しいことにも鈍感になってくるし、せいぜい40歳くらいまでサラリーマン生活を続けて、その後は独立して、自分の事業を組み立てて行く方が楽なような気がしてしまう。

 

私は早い段階で独立してしまったけれど、別に何歳からでも良いんですよ。サラリーマンに疲れた、と感じるなら、起業しても良いと思う。

 

サラリーマンに疲れた、と思いながら過ごす毎日なんてもったいないしね。

関連記事:経営者になったら、サラリーマンの友人と話が合わなくなった。

 

なんだこの社内政治は

 

サラリーマン生活の何に疲れたのか?というと、社内政治もあります。サラリーマン社会で生きていくためには、社内での立ち回り力が重要になってくる。

 

上司に媚を売ったりとか、まあそういうことよね。そういう社内政治のようなものがうまい人は良いのかもしれないけれど、私大嫌いでした。

そこには何の生産性もないと思ったし、私の人生において、有益なものであるとは思えなかったのです。

 

社内で争う必要性なんてどこにもない。無駄な時間がすぎていくだけなのですよ。そんなものには何の興味もなかった。

 

でも、会社組織においては「上手に媚を売る人間」が生き残っていく。そんな環境に疲れた。そんなサラリーマン生活に疲れたのです。

 

こんなことやってられるかよ」と思って辞めた。

 

みなさんの中にもいるんじゃないですかね……。サラリーマン社会で生きている限りはきっと、社内政治から抜け出すことはできないと思いますから。

 

でも、「無駄だなあ」と思いません?疲れて当然なんですよね。サラリーマンに疲れた、と感じている人はきっと多いと思うけど、

それを口に出せない人も多いよね。

 

本当は嫌だと思っているのに、家族のために頑張るのです。

 

でも、実際にはつらいと思っている人が多いものだから、何年か経ってくると、「ああ、もう本当に限界かもしれない」と思うようになるのです。

 

働くって大変だよね。お金を稼ぎ続けるってものすごく大変なことなのよ。特に労働によってお金を捻出している人たちにとっては「労働=嫌なもの」でしかなかったりする。

 

サラリーマンに疲れた、と感じることは当然のことだったりするのです。

関連記事:電車で寝るサラリーマンを見ていて何か悲しくなってくる。

 

 

どんな生き方でも良いじゃない?

 

サラリーマンに疲れたと思うなら、別にサラリーマンを辞めても良いんですよね。「サラリーマンという生き方」だけが正しい生き方ではないと思っているから。

 

そりゃ、たしかに多くの人はサラリーマンとしてお金をもらっていて、それで家族を養っていると思う。でも、そうじゃない生き方もあるじゃない?

 

起業したら、会社で働くサラリーマンとは違って、自分の力で生きていくことができるようになるし、税制だって違う。

 

昔から経営者の方が税金に関しては優遇されているからね。いまより少ない金額で良い生活を送ることができるのです。

 

サラリーマンに疲れた、と思うなら今の生活を変えてみても良いのです。転職という選択肢を選んで、他の会社に移ってみても良いし、

起業しても良いし、本当は選択肢なんていくらでもあるものなんですよ。

 

私はサラリーマン生活には向いておらず、本当に嫌だな、とばかり思っていた。帰り道にはいつも暗くなっていたように思います。

 

浴びるようにお酒を飲んで、それで紛らわせていたのかもしれない。でも、そんなことをしていても、現実は変わらない。

 

嫌だ」と思う現実は向き合って、自分で変えなければいけないのです。サラリーマンに疲れた、と思うなら変わるべきなのですよ。

いや、変えるべきなのです。

関連記事:なぜサラリーマンはそんなにストレスを抱えているのだろうか。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事