肉体改造

社会人になると太る、は正しいような気がする。

社会人になると太るよ、みたいなことを言う人っているじゃないですか。当時、その言葉を聞いた私は「社会人になると太るなんてありえない」と思っていました。

でも、どうでしょうか。社会人になったらだんだんと太っていったのですよ。

 

社会人にあると太る、なんてのは迷信だと思っていたにも関わらず、現実になってしまった。

 

そう、社会人になると太るのです。

 

 

食べることがストレス発散になる

 

学生の時には、色々できたじゃないですか。大学を休んでディズニーランドに行く事だってできたし、特に4年生とかになると、

授業とかもなかったりするから、ほとんど遊んでいたりする。

 

でも、社会人になってしまうと、ストレス発散が「食べること」になってしまうのです。時間的な問題もあるし、「面倒臭い」という感情もあるから、

 

運動をしなくなるんですよね。何もかもが面倒になるのですよ。だからこそ、ストレス発散として最も手軽なものが「食べること」になる。

 

レストランで自分の好きなものを食べて、たまには飲み会を開いたりして、そんな時間だけがストレス発散タイムになるのです。

学生の時には、ストレス管理なんてしなくてもよかったと思うけど、私がサラリーマンをやっていた時には、適切なメンタル調整が必要でした。

 

そのためにきっと食べていたのでしょう。1日に4食とか食べている時もありましたね。とにかく「食べたい」と思ったら食べていた。

 

そうすることによって、ストレスを発散していたのです。実際、食べることってストレス発散になるしね。故人的には鍋が好きでした。

 

家でやる鍋が何となく好きでした。後は辛いものかな。ストレス発散になるんですよね。社会人になると太る、というけれど、

 

これ、本当です。食べること」が唯一のエンターテイメントだったりするからね。悲しいけれど、サラリーマンの時はそういう感じだったと思う。

関連記事:経営者になったら、サラリーマンの友人と話が合わなくなった。

 

高いものを食べられるようになる

 

社会人になると、突然高いものを食べ出す人が増えるんですよね。学生の時には、お金がないから安いものしか食べることができなかったけれど、

社会人になれば、食べることができる。

 

フレンチとかね。1万円以下いくらのディナーを彼氏とかと一緒に食べる。そういう生活になるのですよ。

 

でも、だからこそ社会人は太る。お金があってもある程度良いものをたくさん食べることができるようになるからこそ、私たちは太ってしまうのです。

私の場合は、社会人生活そのものがつらかったので、どちらかというと、お酒で太ったかな?という感じもあるんですけどね。

夏のビールは美味しいけれど、お腹には悪いよね……。めちゃくちゃ太るんですよ、あれ。

 

 

社会人になって、お金を手にする。自分で何でも買うことができる。そう思うと、何だか嬉しくなってくるよね。

 

特にさ、東京だと美味しいお店も多いのよ。大阪でもそうか。食って飽きないもので、美味しいものはどんなに歳を取っても食べたいものなんですよね。

東京でお金を稼いで、丸の内とか、麻布でごはんをする。そういう生活になってくる人もいるから、太ってしまうのは仕方のないことでもある。

 

超一等地に佇む「銀座レカン」でランチをしてみた。とかリッツ・カールトン東京のひのきざかで天ぷらを食べてみた。でも紹介しているのだけれど、

社会人になると、自分でお金を自由に使うことができるのです。

 

そして、その結果、太ってしまう。まあ、良いものを食べて太るなら本望なんですけどね……。社会人になると太る、は都市伝説ではなく、

本当のことだと思う。

関連記事:起業するためにスキルをつけたいからとりあえず就職するわってなんだかなあ。

 

よし、痩せよう

 

まあさ、社会人になると思っていた以上に太るわけですよ。私が高校生の時には、今より10kgくらいは痩せていたのに、今となっては……。

社会人になってしまうと、運動をしないし、余計なものを食べる。だから、太ってしまうのです。

 

でも、このまま太ったままの状態でいるのは効率が悪いな、とも思った。少し運動しただけでも疲れてしまうことが増えたと思うし、

健康的にも良いことではない。

 

ガリガリが良いとは思わないけれど、太っているのもまだ良くないよね。そう思って最近は1日に1時間程度ウォーキングをしているのですが、

 

これが何とも効果絶大だったりする。社会人になると太る。そして太ったことすら気にしなくなってしまうけれど、

ウォーキングはやるべき。当然痩せてくるし、それだけではなく精神衛生的にも効果があるんですよ。

 

特に夏の時期に1時間くらい歩くと、驚くほどポジティブになります。

精神面を整えることが大切ですからね、経営者は。

 

忙しい人経営者とか、ブラック企業の社員こそ、ウォーキングをした方が良いのです。やってみればわかるよ。

 

社会人になると太るけれど、ここから痩せていこうと思う。どれだけ続くのだろうか……。

関連記事:社会人こそ旅に出た方が良いのです。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。