ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

私にとっての「理想の世界」とは何だろうか?と考えてみた。

理想の世界があるとしたらどんな世界だろうか?

みなさんはそんなことを考えたことがありますか?私はあります。夜、1人で寝る時に、部屋を真っ暗にする。

布団の中に入ると、天井がぼーっと見える。だんだんと目が慣れてくると、月の光が手伝ってもっと見えるようになる。

 

そんな薄暗い部屋の中で「理想の世界とは何だろうか?」と考えるのです。子供の頃、雨の日に秘密基地に集まった時の心持ちで考える。

そんな瞬間があるんだ。

 

生活が保証されている世界

 

私たちは、生きていてなぜ苦しいのか?というと、「生活するために頑張る必要があるから」なんですよね。

頑張って、お金を稼いで、家族を養ったり、自分の生活を維持していく。

でもさ、これって実はとても大変なことなんですよ。誰もが40年間も50年間も働いてお金をもらい、それで生活をするわけでしょ?

もしも、お金が必要なくて、生活が保証されているのであれば、それは理想の世界じゃないかな?と思う。

社会主義が好きなわけではない。私は基本的に資本主義的な人間だと思う。でも、理想の世界を考えると、

やはり「生活の保証」というものが大切になってくると思うのです。生活の保証があれば、私たちはもっと不安な気持ちなくして生きていくことができるのではなかろうか。

 

夢を追う人が増えるかもしれない。もしかしたら、家族を大切にする人が増えるかもしれない。

私たちは生活の保証という安心を手に入れることによって、豊かな心で生きていくことができると思うんだ。

 

理想の世界に近い国はあった。かつてはベーシックインカムを導入し、その後破綻してしまった「ナウル共和国」という国がある。

リン鉱石がとれる国だった。でも、破綻してしまったんですよね。

 

現実的に実現させるのは非常に難しいことだと思う。でもさ、理想の世界を語る上ではやっぱり「生活の保証」って重要なんですよ。

 

マカオのように、市民に対して数十万の現金を支給しても良い。まずはそんな小さなところから始めてみれば良いと思う。

関連記事:子供にとってのヒーローでいたいよ。

 

戦争のない世界が良いよね

 

理想の世界」という言葉を使うからにはやっぱり「戦争」という言葉を使わずにはいられない。

私たちの多くは「戦争経験者」ではない。戦争なんて知らないし、教科書で習っただけ。

  • イラク戦争
  • アフガン紛争

とかは21世紀の出来事だけれど、他国で起こったことだし、なんとなく「どこかの国で起こった何かの出来事」という感じで、

パラレルワールド感が否めない。

でも、「理想の世界」を語るのであれば、やっぱり戦争のない世界が良いと思うんだ。

 

戦争があったら若い人たちが戦地に出向く。いや、昨今の技術革新によって「直接出向くこと」はないのかもしれない。

ただ、「戦争に参加する義務」は発生してくるわけですよ。

そしたらどうだろう?若い人たちは貴重な時間を「領土」とか「お金」のために捧げる。

  • 歌手になりたい
  • 俳優になりたい

という何でもない夢を追うことはできず、ただその日だけを生き抜くことに集中しなければならない。

だから、やっぱり「戦争のない世界」が理想の世界なのだと感じてしまう。

 

私たちの命は、心が喜ぶもののためにあると思う。決して人と戦ったり、人から何かを奪うためにあるものではない。

 

だからこそ、理想の世界においては、戦争をしてはならない。どんな事情があろうともね。

 

日本においては、1945年の終戦以来戦争が起きていない。でも、これから先はどうなるのだろうか。

それはわからないのです。理想の世界を求めるなら、誰とも戦ってはいけない。

 

世界の歴史を振り返ると、戦争のない時代なんて存在しない。一時的な平和はあるでしょう。

いまの日本もそうだし。でも、守っていかなければならないものなんですよね。世界から戦争がなくなれば、

 

きっと、私たちはもっと幸せになれる。どこの国に行っても、戦いのない状態が好ましいのです。

関連記事:戦争を知らない子供たちは平和を守れるのだろうか?

 

一人一人が「理想」を語ろう

 

私たちは「何でもない世界」を生きる人間。

だから、「理想の世界」なんて想像する機会がないでしょう?

 

でもさ、「理想の世界」について考える人がいない世界になってしまったら、現状の幸せとか、夢も維持することができないと思う。

一人一人が理想の世界を心の中に持つ。そした、それを世の中に発信していく。

 

これがなによりも大事なことじゃないかね。

私たちは生きていると、ついつい自分だけの利益を考えてしまう。世界全体のことを考える人は少ないでしょう。

 

たしかに世界のことを考えるのは難しいさ。でも、一人一人が理想の世界を想像することはできるはず。

 

一人一人で理想の世界を想像して、作っていけば良いのです。そうやって人類の歴史は作られていくんじゃないかな。

 

理想の世界を語っていようよ。理想の世界を想像してみようよ。私たちは大きな脳を持つ人間なのだから。

関連記事:失敗して立ち直れないなんて、人生最高のチャンスじゃん!

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事