経営者として考える

経営が厳しい時に考えるべきことは何だろうか?と現役経営者が考えてみた。

経営が厳しい状態になってしまうなんて、社員は思っていないでしょう。しかし、会社って意外と脆いもので、簡単に潰れてしまうものなんですよ。

社員側は経営のことなんて何も知らないことが多いので、

 

売上がなくてもどうにかなるかな」と本気で思っていたりする。これは私も感じた事です。でも、そんなことはないのです。

経営が厳しい状態になってしまう場合だってある。

 

経営が厳しくなったら、経営者は何を考えるべきだろうか。現役の経営者が考えてみた。

 

オフィスの移転

 

私ならまずはオフィスの移転を実行してしまいますかね。自社ビルを持っている法人であれば、自社ビルを売却する方向で進んでいった方が良いと思うし、

家賃が高いテナントを借りているのであれば、より安いところへ引っ越しするべきですね。

 

会社の経営が厳しい状態の時に、財務を見てみるとわかると思いますが、意外と削れるところって多くはないのです。

確かに、オフィスの移転にもお金はかかりますが、固定費をカットすることができるので、早めに着手した方が良いところだと思う。

 

私の場合は、会社が厳しくなった時に、月に50万円するオフィスから20万円程度のところに引っ越しました。

そして、今は立ち直ったので、もっと良いところにオフィスを構えています。

 

確かに、会社的には「良いオフィスの方が良い」と思ってしまいますが、経営が厳しい状態なのであれば、あまり気にしない方が良いと思う。

固定費を削る事に専念した方が結果的には会社は安定するものなのですよ。経営が厳しい時こそ、豪華なマンションオフィスとか、テナントは解約し、

 

自社ビルを持っているなら売ってしまいましょう。実際ね、自社ビルを会社は傾く、という言葉があるのですが、その通りで、

自社ビルを買って1年後くらいに、「ちょっと経営が厳しくさ……」みたいな話を聞く事は多いです。そういうものなんですよ……。

デジャブ……。

関連記事:経営者になったら、サラリーマンの友人と話が合わなくなった。

 

 

その場しのぎの売上にはこだわらない方が良い

 

経営が厳しい状態になってしまうと、「その場しのぎのお金」を稼ぎたくなってしまうものです。だって、お金が必要だからね。

でも、少しでも余裕があるなら、その場しのぎのお金にこだわるのではなく、月額で入ってくるような安定した売上を増やしていった方が良いのです。

 

月々固定でお金が入ってくることにより、会社は安定する。「この月は大きく稼いだけど、今月はダメだ」みたいなことがないわけ。

 

そういう経営スタイルの方が強固な経営基盤を築いていくことができるのです。経営が厳しい時には、借入金も多くなってきていて、

 

精神的にも余裕がなくなってきているのかもしれない。でも、そんな時こそ、会社の将来を考えて「安定して入ってくるお金」を大切にした方が良い。

 

大きなお金がドカーンと入ってくると嬉しいものですが、それよりも細く長く続けることができるような、長期的なクライアントを探したり、月額で運営できるようなサービスを展開した方が良いと思う。

 

後は、少ない社員数で済む仕事を増やすことかな。経営が厳しい状態で不動産に手を出すのは怖いかもしれないけど、

うちは経営が厳しい時に、不動産の賃貸収入で凌いでいたりしました。

不動産は社員を割かなくても、家賃収入が入ってくるので、稼いだお金を投資に回していくのも大切ですよね。

 

あの時、不動産収入がなかったら、うちはもっと厳しい状態になってしまっていたかもしれない。もしくは私自身が倒れていたかもしれない。

そう考えると怖いな……。

関連記事:経営者は悩みが尽きないものです。

 

 

社員の賃金カット

 

これはあまりやりたくはないことだと思いますが、必要なことでもあると思うんですよね。経営が厳しい状態、ということは「固定費のカット」は既に行なっていると思います。

では、最終的にどこを削減することになるのか?というと、「社員の賃金」なのです。

 

特に年収の高い社員の場合は、会社としても大きな負担要素になってしまう。会社の業績が良い時には、金払いも良いのですが、

経営が厳しい状態になってきてしまうと、社員に対する賃金を支払うこと自体が厳しくなってしまうのです。

 

それでも、「何とかして賃金は維持したい」と思う社長さんは多い。ただ、感情論で経営をしても、会社は潰れるだけです。

 

どうにかなるように努力する」という感情だけではうまくいかないのが経営なのですよ。社員の賃金をカットすることは心苦しいことかもしれませんが、

 

経営が厳しい時には必要な行動なのです。会社は慈善団体ではありませんからね。お金を稼ぐために集まっている、1つの集団にすぎない。

 

会社を存続させるためには、賃金のカットだって大切だし、最終的にはそれが社員のためにもなるのですよ。

 

良い顔をするだけが社長の仕事じゃない。時には厳しい決断をするのも社長の仕事だったりするのですよ。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。