ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

否定してくる人とはできる限り離れた方が良いよ

誰とでも仲良くしていけたら良いのだけれど、そうもいかないのが人間の世界よね。やっぱり嫌いな人がいるし、好きな人がいる。

 

私たちには「感情」があるから仕方ないのよ。でもね、まあ言っても、私たちはだいたいの人たちと何とかやっていけてしまう。

多少嫌いな人とでも仲良くなることができる。性格が少しだけ悪い人でも、「良いところ」を探せば見つかるから、

 

この人にはこういうところがあるけれど、ここは良いところだから……」と付き合い続けるのです。ただ、そんな苦手な人の中には「否定してくる人」がいるわけ。

 

こういう人からはね、なるべく離れた方が良いわけよ。

 

 

何をやっても否定されるつらさ

 

何かを決断する時に、私たちは不安になる。「このままで大丈夫なのだろうか?」と不安になるわけですよ。そんな時には背中を押して欲しいもの。

 

大丈夫でしょ」という言葉が嬉しいよね。たとえ根拠がなかったとしても、自信になるからさ。

 

でも、否定してくる人と一緒にいると、少し変わって来てしまう。自分を否定してくるような人は、こちらが何をしても否定してくる。

 

そんなことをしても失敗するよ」とか「それはやめたほうが良い」と言ってくる。全てを否定してくるのです。

 

否定してくるような人が周りにいたとしても、多くの人は「まあ、そんなに悪いやつでもないし」と思って、許してしまうことが多い。

でも、私は知っているのです。

 

こういう「否定してくる人」と一緒にいると、だんだん疲弊してきてしまう、ということを。最初は良いんですよ。別に。

 

消耗しても、またすぐに回復すると思うし、気にしないようにすれば心のダメージも少ない。ただ、否定してくるような人とずっと一緒にいると、

 

つらくなってきてしまう。これが想像以上に後から効いてくる毒のようで、つらいのです。何をやっても否定されるつらさ、みたいなものを感じる機会はなるべく少ない方が良い。

 

周りにそういう人がいても、自分には何のプラスにもならないよ。ただ否定してくるだけの友達に価値はない。

関連記事:仕事を友達と一緒にやるのってかなりリスキーだと思う

 

他人を否定することで自分の評価を上げる

 

何か虚しい人たちですよね。否定してくる人って。だって、他人を否定することでしか、自分の評価を上げることができないのだから。

 

他人を否定することって実は簡単なんですよ。「君のあそこが悪いよね」みたいことは誰にでも言える。だって誰にだって悪いところはあるから。

つまり、他人を否定して、相対的な自分の評価を上げることが、どんな方法よりも自分の価値を上げることができるのです。

 

でも、何か虚しくないかな。否定してくる人たちは、自分の自身の内側の点数を上げないで、他人の評価を下げることによって、

 

自分」という人間の価値を保つわけですから。そうしなければ自分の価値を維持することができないってどうなのだろう。

 

どんな方法でも、他人より上に立っていたいなら自分の力で上に立てば良いじゃない?努力をすれば良いじゃない?

 

自尊心が高い人だっている。それはそれでしょうがない。大事なのは「努力」をすることだと思うのです。他人の評価を下げて、自分の価値を上げるのではなく、

 

自分自身が、本質的に変わるべきなのですよ。だからこそ、私たちは否定してくる人からはなるべく離れた方が良い。

 

何でもかんでも否定され、比較材料として利用されるだけの存在に、自分がなってしまうくらいならそんな人との縁は切っても良いと思う。

 

否定してくる人とはできる限り離れた方が自分の健康は保たれると思うのです。

関連記事:否定的な言葉が口癖の人?

 

仲が良い人でも合わなくなることはある

 

私にもあったのですが、私には昔からの友人で会わなくなってしまった、合わなくなってしまった人がいます。昔からの友人だったし、大切にしたい、とは思っていたのですが、

 

否定してくるような人だったんですよね。だからこそ、最近は全く会わなくなってしまった。寂しいことだけれど、そういうことはあるのよ。

仕方ないことでもあると思う。

 

昔から仲が良かったから」という理由で付き合い続けることも大切なのだけれど、結果的に精神を削られているのであれば、

距離を置いた方が良い場合だってあります。私は彼と距離を置いてから、もっと事業が伸びていったような気がしています。

 

悲しいことだけれどね。時々、「ああ、もう会わないのかもな」なんて考えると悲しい気持ちになることだってある。

でも、否定してくる人とずっと一緒にいても、何も良いことはない。そのまま我慢していても、どこかで仲が悪くなってしまうと思う。

 

だから良いんですよ。昔からの友人でも、否定してくるような人と一緒にいる必要はない。もっと良い友人がたくさんいるはず。

 

1人の友人に固執することはない。人間だって動物なのだから、「この個体と一緒にいたら悪い影響がある」と感じた時には逃げるべきなのです。

ね?

関連記事:生きるのが面白くないのは刺激のない毎日を送っているから。

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ
よく読まれている記事