ブログ運営を語る

サラリーマンブロガーが成功しない理由。

サラリーマンブロガーが最近増えていると思うんですよね。「ブログは稼げる」と知り、ブロガーになる人が増えてきている……。

サラリーマンとして働いていても、収入が急激に増える事はないから、副業としてブログを運営する事により、収入を増やそう、と思っているんですよね。

 

でも、サラリーマンブロガーが成功する確率って低いと思うのです。なぜだろうか?

 

ブロガーである私が書いていこうと思います。

 

書く事が好きでブログを始めていない

 

書く事が好きでも、稼ぐ事が好きでも別に良いと思う。ブログは大きくなってくると、確かに稼ぐ事ができるものだと思うし、

私はブログだけでも生活する事ができるくらいには稼いでいます。35万PVくらいはあるからね。

屋台だったら、常に30〜80人くらいのお客さんが並んでいる感じ。

 

でも、書く事が好きでブログを始めていない場合には、ブログを続ける事ができない事が多いのです。サラリーマンブロガーの中には「書く事が好き過ぎる」からこそブログをやっている人もいると思うけれど、

 

最近は「どうやったら稼げるんですか?」とか「稼ぎたい!努力する!」みたいなツイートや記事をたくさん見るようになりました。

 

ただ、私はここに違和感を持っていて、そもそもブログなんて「書く事が好きだから」やるものだと思うし、そうじゃないと続かないと思うわけよ……。

サラリーマンブロガーでも書く事が好きなら、そもそもそういう人は「編集者」とか「ライター」になっているはずだし、何だか矛盾していたりもするんですよね。

 

サラリーマンブロガー自体は良いと思うよ。収入を考えたら、サラリーマン収入の方が安定しているから、安心して生活する事ができますよね。

 

でも、サラリーマンブロガーの場合は、1ヶ月とか2ヶ月程度で諦めて辞めてしまう人が多いのです。辞めなければ成功するのに、辞めてしまうからこそサラリーマンブロガーは続かない。

そして、これは「書く事が自体が趣味ではないから」だと思う。

 

書く事が本当に好きなら、何を言われても、収入が安定しなくても、書き続けていると思うから。私はたとえ収益が「0円」でも書いていると思うしね。

関連記事:ブログは副業としても最適だと思う。

 

 

ブログを運営する時間がない

 

サラリーマンブロガーですから、基本的には月曜日から金曜日の日中は職場に行って、普通の仕事をしていますよね。

そうなってくると、時間がないんですよね。プロブロガーとして活動している人たちは日常生活の多くの部分をブログに注ぎ込んでいます。

だからこそ、成功するのです。100万PVとか300PVまで行くのです。

 

  • ブログ運営に1時間しか使えない人
  • ブログ運営に12時間使える人

 

どちらのブログが成長するでしょうか。後者なんですよね。いわずもがな……。

 

ブロガーの仕事って実は多くて、記事を書くだけではブログのPVなんて上がらないのです。いや、数十万PVくらいまでだったら上がると思うけれど、

リライトしたり、わかりやすい絵を挿入してみたり、そういった創意工夫をしていかないと、PVは上がらなくなってしまうのです。

私なんて、夜な夜な部屋の隅っこの方でMacのロゴマークだけを光らせながら、リライトしていますから。怪しい引きこもりですよ、本当に……。

サラリーマンブロガーは「使える時間」の点で他のブロガーよりも不利なのですよ。特に稼ぎたい、と思っている人とかだと、

 

  • 転職
  • 脱毛
  • 不動産
  • 保険

 

このあたりのカテゴリーを攻めると思うんです。しかし、稼げるジャンルは競合の多いレッドオーシャン。レッドオーシャンの中で稼いでいくためには、

それなりの労力がかかってくるのです。それなりの時間が必要になってくるのです。

 

サラリーマンブロガーにそこまでの時間が作れるのかな?と思うわけですよ……。いや、サラリーマンでもブログをやった方が面白いし、楽しいとは思うんですけどね。

挫折してしまう人があまりにも多いし、お金を目標にしないで、本当に好きな事を書いていった方が幸せになれるんじゃないかな、と思うのよ。

 

アフィリエイトはやらずに、アドセンスだけで稼ぐとか。そんなもんで良いんじゃないかな。その方が楽しいんじゃないかな。

うん。

関連記事:少しくらい不幸じゃないとブログは書けないと思うんだ。

 

サラリーマン目線で書かれた記事が溢れてきた

 

これは最近の傾向だと思うけれど、サラリーマンブロガーが増えてきたので、「サラリーマン目線の記事」が増えてきたんですよね。

世の中の多くの人はサラリーマンとして働いてます。当然、ブログを書いている人の職業比率的にも「サラリーマン」が堂々の1位でしょう。

すると、サラリーマンが書いたサラリーマンのための記事が量産されてしまうのです。昔はそれでも良かった。

 

サラリーマンが書いたサラリーマン向けの記事がまだ少なかったから、「おお、こんな人もいたのか」と共感してもらう事ができた。

でも、今は少し違う。いや、違ってきた。

 

サラリーマンブロガーがたくさん出てきた。新作のiPhoneでも求めて、アップルのストア前の並ぶ客のように増えてきた。

そうすると、どれも同じような記事になってしまい、面白みがなくなってしまう。

 

こんな感じの記事ばかりになったな」と読者が飽きてしまう。だからサラリーマンブロガーは難しいのです。この章だけ「(これからは)難しい」という説明になりますね。

 

これまではそれで良かった。でも、これからは経営者目線の発言であったりとか、法律的な側面であったりとか、そんなものが求められるんじゃないかな。

スパイスが欲しいわけですよ……。

泥臭い経験を書いた上で、自分だけの個性を出していく時代になると思うのです。

 

とはいえ、サラリーマンブロガーでもやらないよりはやった方が絶対に良いと思うし、楽しいからね、ブログって。

読んでくれる人がいて、賞賛してくれる人がいて、「この記事で心が軽くなった」と言ってくれる人がいて。

 

やっぱりブログって面白いんですよね。稼げなくても、続けてみたら良いと思う。

関連記事:ワードプレスの初心者がブログを作る時にやるべき事。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。