仕事の悩み

働く原動力とは何か?を考えてみない?

皆さんの働く原動力は何でしょうか?きっとこれは人それぞれだと思うのだけれど、中には「働く原動力なんてない」という人だっていると思う。

働く原動力がなく、日々を何となく過ごしているだけで、何となくここまで来た、みたいな人もいると思う。

 

でも、働く原動力って思っている以上に大切なものだし、私は働く原動力というものを重要視しています。

働く原動力がなかったら人って仕事をする気にならないものなのよ。

 

じゃあさ、働く原動力って何よ?

 

賃金だけが原動力になると危険

 

働く原動力に「お金」ってあると思うんですよね。お金をもらうことができるからこそ、働くことができる。つらい徹夜も乗り越えることができる。

そう思っている人は意外と多いものなんですよ。

 

もちろんそれでも良いとは思いますよ。賃金をもらえるからこそ生活することができるわけで、やっぱりお金というものは大切なものの1つです。

しかし、働く原動力がお金だけになってしまうと、いつか「虚しくなってしまう瞬間」が訪れると思う。

例えば、どこまでもお金を追って働いたとしよう。働いて、働いて、月に100万円を手に入れることができた。

 

これは嬉しいことですよね。でも、人って100万円以上の数字をもらっても、幸福度は上がらないのです。

これからはメインの仕事だけではなく、副業もする時代です。だからこそ、実は月に100万円は難しい数字ではなくなってくる未来がやってくると思っています。

 

そうなってくると、将来的には「あ、100万円もらえたら満足した」という状態になってしまう可能性があるのです。

働く原動力として「お金」を挙げる人は非常に多いものです。お金の力は実際に強いものです。六本木ヒルズで美味しいご飯が食べられる。

コンラッドホテルでスパに入れる。でも、働く原動力が「お金」だけになってしまうと、天井が見えてしまった時に虚しくなってしまうのです。

 

死んだ時にお金は天国に持っていけないもの。1円でも持っていけないのよ。お金は大切なものではあるけれど、原動力にするのはやめた方が良いと思うのです。

関連記事:転職したい理由を考える時に大切な事とは?

 

家族のために働くことは格好良いのかもしれないけど

 

家族が働く原動力になっている、という人だっていますよね。家族のためにお金を稼いで、家族を養う。

 

それが当たり前でした。昭和的な父親像だったように思う。でも、これをやってしまうと、自分が「辞めたい」と思った時に首を締められてしまう。

 

家族のため」に頑張っているのであれば、つらいと思っていても辞めるべきではない。家族の安定を1番に思うなら挑戦的なことだってするべきではない。

 

そういう考え方になってしまうのです。働く原動力が「家族」になっている人を見ると、「すごいな」とは思う。

 

私にはないものだから。ただ、同時に「大変だろうな」とも思ってしまう。私たちはそんなに強くはない。上司から「お前は使えない」と言われたら、

ああ、もう辞めたい……」と思ってしまうくらい、弱い存在だと思う。

 

だからこそ、自分の逃げ道は作っておいた方が良いと思う。働く原動力が家族になっているのは素晴らしいことかもしれないけれど、

 

自分の身体だけは壊さないようにしたいのです。

家族のため、というと家族にも負担がかかってきたりもする。自分だけではなく、家族にも負担をかけているものなのです。

 

働く原動力が家族だと、頑張ることができる人もいるだろうけど、家族を守れるほど、私たち人間は強くはないのです。

関連記事:私は仕事を覚えられない社員でした。

 

常に「楽しい」が原動力であれ

 

働く原動力が「家族」とか「お金」になってしまっている人が多い。でも、私は「楽しい」が原動力であって欲しいと思っています。

仕事は楽しむものではない、と教えられて来た人もいるのかもしれないけれど、そんなことはない。楽しんで良いのです。

 

自分が心から「この仕事楽しい。明日は仕事で嬉しいな」と思えるような仕事をした方が良い。私は毎晩思う。

明日も仕事で嬉しい」とね。

 

自分の好きな事をやっているから、楽しいと思えることを仕事にしているからこそ、「明日」という日に希望がモテるのです。

 

働く原動力なんて何でも良いじゃんか」と思っている?本当かな?

 

働く原動力って大切なものなのよ。働く原動力がお金だったとしたら、家族だったとしたら、どこかで破綻してしまうのが私たちだと思う。

子供の頃に感じていた「楽しい」という感覚を持って仕事をしなければいけない。

 

子供の時には、「仕事だ」みたいな義務感を持って遊んでいたわけではないはず。楽しい、と思うことをやりたいだけやっていたはずでしょう?

そういう子供の頃の感情を大切にした方が良い。稚拙な論理に聞こえるかもしれない。でも、話は簡単なのよ。シンプルなのよ。

 

働く原動力は「楽しい」であれ。

関連記事:働くのが辛いなら別に辞めれば良いじゃない。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。