起業と経営

社長が働かない事に苛立つ事なんて無意味だと思うんだよね。

社長が働かないからムカつくんだよね」という話をする人って多いんです。私もサラリーマンの友人と飲んでいたりすると、

社長がさ・・・」みたいな愚痴を聞く事が多いんですよね。特に2代目社長とかだったりすると、批判の対象にもなりやすい。

 

社長が頑張らないから、この会社はダメなんだ、と思ってしまう事だってあると思うのです。

でも、本質的な事を言えば、社長は働かなくても良いような気がする。いや、働いた方が良いのだけれど、目に見える形で働く必要はない。

 

そもそも社員とは労働契約を結んでいる

 

社員は会社と労働契約を結んでいるわけですよね。週に5日間はきちんと働く事を約束し、給料をもらっていると思う。

20万円から、多い人だと月に100万円くらいもらっている人もいると思います。だからこそ、本質的な事を考えると、社長が働かないのか、働くのか?という事は、

社員には関係のない事」だったりすると思う。

 

確かに、私が社員であれば、社長にはいつまでも現役でいて欲しいし、何となく「頑張っている感じの社長」の方が好感を持てる。

そこはね、私もわかるんですよ。感情だけで言えば、その通りなんですよね。

しかし、ドライに考えてしまえば、そんな事は関係ないんですよね。仕事をこなして、その対価としてお金をもらう。

 

この関係性においては、社長が働かないとか社長が出勤しないとか、そんな事は関係ないと思うのです。

 

目の前の仕事をこなしていく契約をしたわけですから、社長の努力は関係ないんですよね。感情的な部分はありますよ。

 

私が社員だったとしても求めてしまうでしょう。しかし、20万円の給料をもらっているのであれば、「20万円でこの仕事をしてね」という契約をしたわけで、

そこには本人の意思があるわけですよ。

 

だからこそ、ドライに考えてしまえば、社長が働かないとか、働くとかってどちらでも良いのですよ。気にする必要なんてないと思うのです。

労働契約を結んで、対価をもらっているのだから、そこはやっぱり社長が働いていようがいまいが仕方がないよね、と思う。

関連記事:中小企業の社長にありがちな事について書いてみるよ。

 

社長が働かない事が本当の原因ではない

 

社長が働かない事に苛立っている、と自分では思っているかもしれない。しかし、本当にそうでしょうか。社長が働かないから苛立っているのでしょうか。

違うと思うんですよね。

本当は社長が働かないかどうかではなく、今の仕事が大変だったり、上司に面倒な人がいるからこそ、苛立ってしまっていると思うのです。

 

社長が働かないような会社なんてたくさん存在しますし、別にそれでも良いじゃないですか。社長が働かない状態でも回るような会社なのですから、

逆に安心じゃないですか?社長がワンマン社長で営業は社長1人だけ。社長が倒れたり、死んでしまったりしたら、

会社を存続させる事ができないなら、それはそれで危ないじゃないですか。ね。

 

実際、私の友人とかでも、話を聞いているうちに、会社の福利厚生や給料に不満がある事が多いんですよね。ストレスの矛先を社長に向けるのは簡単だから、

批判するわけですよ。

 

社長が働かない事にイライラ」しているのではなく、自分が置かれている現状に不満があるだけだったりするんですよね。

 

そもそも、大企業とかになってくると、経営者の顔すら見た事がない、なんて人もいますよね。会っても、入社式くらい、という人だって多いのです。

そういう人たちは経営者の批判なんてしていないじゃないですか?それは給料が良かったり、今の現状に満足しているからだと思うのです。

 

社長が働かない事にイライラしていると思っているかもしれませんが、本質は別の部分にあったりする。本当に嫌だと思うなら、

別の会社に移っても良いだろうし、環境を変えれば良いだけなんですよね。社長が働いていない会社だってあると思うし、

本当に不満があるなら今の場所にこだわる必要はないと思うんですよね。

毎日不満ばかり言っているのに、なぜかそのままその会社に止まり続けてしまう。けどさ、本当に嫌ならば辞めた方が良いじゃないですか。

辞めて違うもっとこう、待遇の良い会社に行ってみるとかね。そういう風にして改善していけば良いと思うのです。

関連記事:転職に挫折しそうな時に考えるべき事。

 

 

本当にやりたい事をやれば良い

 

社長が働かない、と思っている人は多いけれど、社長なんて働いても働かなくても良いのですよ。労働契約を結んで、働いてもらっているのだから。

 

だからこそ、社長がどうとか、会社がどうとか、そんな事を思わないような環境で働くべきだと思う。好きな事を仕事にすれば、

自然と自分のストレスも溜まらなくなる。

社長の事がいつまでも気になるのは、自分が楽しくない仕事をしているからでもあるのです。本当に社長が原因になっているのであれば、

 

他に行けば良いですからね。

選択肢なんていくらでもあるわけだから、嫌なら辞めれば良いのです。むしろ簡単に辞めることができないのは社長の方ですからね。

社長側は「俺、この会社もう嫌だから辞めるわ」ができないけれど、従業員側はできるわけですよ。笑

 

社長が一生懸命働いているからといって良い会社とは限りませんし、社長の働きなんて関係ないのです。もっと自分が心から「ここで働きたい」と思えるような環境で仕事をすれば良いだけなんですよ。

 

社長が働くとか、働かないとか、そんな事は考える必要のない事。第一、「会社はこうするべきだ」という気持ちがあるなら、自分で会社を持った方が良いと思うしね。

 

やりたい事をやろう。なりたい形を作ろう。不満があるならさ、何なら起業しちゃいなよ。

駅前の居酒屋で「うちの社長はさ〜」みたいな悪口をずっと言っている格好悪いサラリーマンになるくらいなら、自分で会社を作って、新しい雇用を生み出してみて欲しい。

そしたら、色々わかることがあると思うから。

関連記事:確定申告サービスfreeeを絶対におすすめする理由。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。