ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

子供にとってのヒーローでいたいよ。

子供の頃にはヒーローに憧れたものですよね。戦隊系の番組を見て、「自分もああなれるんじゃないかな?」なんて妄想をしていた。

 

子供にとってヒーローというものは大切。遊戯王カードをやっていた時にも、やはり「テレビ番組の中のヒーロー」を常に想像していた。

不思議なものです。

 

でもさ、現実の世界ではどうなのかな?私たちは大人になったけれど、子供のヒーローになれているのかな。

 

「こうなりたい」と思われる人になっているかな。

 

気付いたら「なりたくない大人」になっていた

 

この前、私は友人と話していたんですよね。そしたら、彼が急にボソっと話し始めたのです。

 

俺さ、昔から汚い大人にはなりたくないとか、夢を持たない大人になりたくない、なんて思っていたけど、気がついたら『なりたくない大人』になっていた

 

そんな事を言った。

 

彼はどんな人物なのか?というと、確かに子供にとってのヒーローとは程遠い。普通に就職してみたものの、ストレスからキャバクラに行ったり、

お酒を大量に飲んでしまう日々。この前会った時なんて、昼間だったのに、顔が赤かった。聞くと、アルコール依存症気味らしい。

昼間からハイボールを飲んできていた。

 

依存症気味と言っていたけれど、こちらからすれば、完全に依存症だと思うんですよね。彼は子供の頃は「ロックミュージシャン」になる事が夢でした。

 

でも、大人になって、仕事をしていたら、何となくそんな夢も忘れてしまった。夢を持つ事がなくなって、ただ、何となく今日という日を過ごすだけの毎日になってしまったのです。

 

子供にとってのヒーロー」からは程遠いのが彼。社会に迎合しようとしたけれど、結局はストレスでダメになってしまった。

だったら、本当に好きな事をやれば良いのに、なぜかそれはできない。

 

怖いから」という理由でやらない。何かもったいないと思うんですよね。私たちは「普通に働く」という事に固執している。

 

だから、「子供にとってのヒーロー」になりたい、と思っていても、実際には行動に移す事はできない。二の足を踏んでしまうのです。

関連記事:人生はチャレンジしてこそだよね、後悔しない人生を送るために。

 

私にとってのヒーロー

 

私にとってもヒーローの存在は重要でした。私の場合は誰だろうか?と考えたのですが、当時憧れた人たちはみな歌手の人たちだった。

福山雅治とか、kinkikidsとかにも憧れた。

テレビをつけると、憧れの人たちが映っている。なんだかわからないけれど、憧れの人を見るだけでワクワクしたような気がする。

 

自分もいつかこうなりたい」という目標になっていたのだろう。

 

私は歌手になりたい、と思っていましたからね。自然とテレビに映る人たちが子供の頃のヒーローになっていたのです。

芸能事務所に応募したり、中学校の帰りに近所の公園で写真を撮って、芸能事務所に送っていた。音源も撮ってね。

バストアップ写真必須」と書いてあったのだけれど、当時は中学生だから何の事かさっぱりわからなくて、

 

バストアップって事は胸を見せれば良いのかな?」なんて考えていた。

バストをアップさせる→バストを見せるために服を上にあげる事だと思っていました。懐かしい、少年時代ですね。

 

子供の時のヒーローは非常に大きな影響を与える。自分にとってのヒーローがいるのか?いないのか?という事だけで人生に対するモチベーションが変わってくる事だってある。

私はあの時、子供が憧れるようなヒーローが目の前にいたから、「夢を持つ事の大切さ」を知る事ができた。夢を持ち、自分のやりたい事をやる。

 

それがどれだけ楽しい事なのか?という事を知ったのです。だから、今度は私たちが子供たちのヒーローになれるように、努力しなければならない。

別になんて事はない。好きな事をやれば良い。

 

あんな風に生きる事もできるんだな」と思ってもらえたら御の字だろう。好きな事をやれば良いのです。

関連記事:夢を諦められないなら諦めなくて良い!

 

これからも夢を見る人生にしていきたい

 

子供のヒーローになれるような大人でいたいよね。私自身もそう思っている。子供の頃にはたくさんの夢を見るじゃない?

野球選手になりたい、と思ったり、俳優になりたい、と思ったり。

子供の時にはたくさんの夢を抱き、希望を持つ。でも、だんだんとそんな気持ちが薄れていってしまうよね。

 

最近は、なぜだか子供が憧れるヒーローのような存在も少なくなってきたような気がする。でも、だからこそ、私は子供が憧れるヒーローでありたい、と思う。

 

小さい頃に私も夢を見た。今も見ているけど、小さい頃の記憶や経験が今を作っている。だから、今の子供たち、これからの子供たちにも夢を見て欲しい。

 

いつか」という枕詞で始まる決意を聞いてみたい。努力は無駄にならないし、夢はきっと叶うよ。何でも叶うわけじゃない。

努力をしなければ叶わないものだけれど、

夢があるなら頑張ってみれば良い。私は少し先に前を走るよ。

関連記事:子供の将来を案ずるなら親は何をするべきなのか

よく読まれている記事