人生

友達は一生の宝物なんだ、と語り合ってしまったあの夜の話。

友達は一生の宝物」という言葉、よく聞きませんか?私はあの言葉、何か古臭くて、あまり好きではなかったんですよね。

昔は「友達なんてその時々で変わるものだし、大切なものでもなんでもない」と思っていました。結構ドライだったんですよね。

 

でも、何か今は違うんです。友達は一生の宝だし、友達はやっぱり素敵な存在だと思う。

 

そんな話を友達としてしまった。あの夜の話をしていこうと思う。何でもない夜だったのだけれど、ほっこりしたんです。

 

中高一貫校で思春期を共有した友達って大きい

 

そもそもの話なんですけど、

私の場合は中高一貫校に通っていたので、中学と高校にいる人は基本的には同じです。外部からも入ってくるけど、内部生は基本的に附属の高校に進学する。

 

そうなってくると、6年間も一緒にいる事になるんですよね。めちゃくちゃ長い。

 

そんでもって、思春期を共有しているんですよね。思春期って色々あるじゃないですか。声も変わるし、身長だって変わる。身体だって変わってくる。

 

そんな思春期を共有しているから、高校になると、「お前、声変わったなあ」なんて家族に言われるような事を言われるんですよね。

 

昔は可愛い声してたよな」みたいな恥ずかしい話にもなる。それが何かこそばゆい感じもするのだけれど、家族みたいで面白いんですよね。

 

友達は一生の宝物だと思っているけど、なぜ一生の宝物なのか?って悪いところも良いところも見られているからなんじゃないかな?と思う。

 

思春期って微妙な時で、変なプライドを持っていたり、不安定だったりするじゃない?そんな時期をずっと一緒にいたわけで、

何かへその緒にいた時を共有しているような感じがする。信頼もしているし、特別な存在なんですよね。

 

それに私の場合は、中高一貫校な上に男子校ですからね。女子がいない環境で男臭い青春を過ごしたわけだから、そりゃ濃くもなるよ。

友達が一生の宝物にもなるよ。

関連記事:友達の作り方って大人になるとわからなくなる人が多い。

 

本当に大切な存在なんだよ、と語る

 

男子だけで集まって、飲み会をする事が非常に多いんですよね。もちろん、中高の友達と集まっているのですが、酔っ払ってくると、

いつも、「本当にありがとう」みたいな気持ちになってくる。

 

だらしない自分を、どうしようもない自分を支えてくれたり、時には叱ってくれたり、本当にありがとう、と思うんです。

 

きっとお互いにそう思っているから、夜が更けこんでくると、感謝を言う時間、みたいになる。この前の飲み会がそんな感じだったんですよね。

 

何かあっても、この友達がいるから、何か大丈夫な気がする」という話をしていたのです。友達は一生の宝物なんて臭い言葉だと思っていた。

大切だと思える存在が家族や恋人以外にできるなんて思っていなかった。友達なんて「寂しさを埋めるだけの存在」程度に思っていたのかもしれない。

 

でも、そんな事はなくて、思っていたよりも友達は大切なもので、思っていたよりも支えられていた。

 

人生って基本的には1人で生きていくものだと思っていました。1人っ子だったし、私としては「1人で生きている」と思っていた。

 

思っていたけれど、そうでもなかったんですよね。ダメだった時に骨を拾ってくれる友達がいるから、どこまでも前に進んでいけるんだ、と思ったのです。

中には、もう会わなくなってしまった人たちもいるけれど、今会っている人たちは本当に大切な存在で、人生の宝物だと思うんだ。

関連記事:人生はポジティブに生きるだけで変わるものだ。

 

 

1人じゃ生きていけないけど

 

私たちが生きている世界は美しい。でも、時に世界は厳しい横顔を見せる。現実にはやっぱり厳しい部分があっても、私たちは生きていく事に必死になってしまう。

でも、友達がいればどうだろうか?

 

支えてくれるような友達がいるだけでも、私たちの目に映る世界は美しいものになる。私たちは生きていれば、様々な困難に遭遇する。

もう無理かもしれない」と思う夜だってあるでしょう。そんな時でも、友達がいれば、何とかなるものです。

 

月並みな言葉なのだけれど、友達は一生の宝物、という言葉は正しいと思う。私は生きていて、たくさんのつらい出来事に遭遇した。

 

僕は「一度死んだ」から生きたいように生きる事が出来る。でも書いているけど、つらい時間だって私の人生にはたくさんあったんですよね。

 

そんな中で生きてこられたのは、友達がいたから。本当に信頼している仲間に出会えたからなのです。

 

友達を一生の宝物だと思えるほど、深い付き合いをした事がない、という人だっているでしょう。別にそれは悪い事ではないのだけれど、

 

1度でも良いから、本気で向き合ってみて欲しい。そして、本当に信頼する事のできる、一生の宝物のような友達を見つけた欲しい。

 

そんな人を作れたら、人生はもっと輝くから。目の前のものが全てキラキラとしたものに見える不思議なフィルターを手に入れる事ができるから。

関連記事:めんどくさい友達は本当に大切な存在?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。