起業と経営

飲食店の起業って実はとても難しいという現実を語るよ。

飲食店で起業しようというひとって思っている以上に多いですね。これはなぜでしょうか?

 

これは起業のしやすさがあるからではないかと思っています。料理って誰でも作れるんですよねほんと。

誰でも始めることのできる事業分野だからこそ、参加する企業が多いのです。

 

もちろんそこに技術の差ってものがあるのですが、なぜか「味で勝負しよう!」という人って少ないんですよ。

料理の学校でて起業しようとしているひとがいったい飲食店業界には何人いるでしょうか?

 

今回は飲食店での起業について書いてみようと思います。

初期費用が高すぎる

 

これは多くの飲食店で起こっていることではないかとおもいます。

初期費用って抑えれば良いってもんでもないですけど、やはり起業の際のリスクを避けるためには絶対に抑えたほうが良いですね。

 

1000万円かけるよりも、100万円で済ませた方がリスクは少ないのですよ。

 

でも、飲食店を初めて開くひとにとっては初めての自分のお店ということになります。

そうするとあらゆるこだわりがでてきてしまうんですよね。壁紙はこれじゃないといけない!とかフローリングはこれじゃないとだめ!とか。

 

でもそれが同時にリスクになっているということも理解しなければいけません。

クロス一つにしたってアパートに使うような安いものであれば単価が900円ですけど、高いものなんていくらでもありますからね。

 

特に不動産知識のある経営者なんて少ないですから、適切な値段というものもわかりませんし、リスクがやはり高いんですよ。

平気で100万円とか200万円ぼられたりしますからね。

 

いまだと居抜き物件専門のポータルサイトもありますから、

一生懸命内装をしたけど、資金がつきてしまったというようなお店を探してきてそこを借りるのが一番良いかなって思っています。

 

何も始めから多くの資金をかける必要なんてどこにもないんですよ。

関連記事:起業する事のメリットとは?

 

 

飲食店開業は差別化が一番重要

 

もちろんお店の味ってものが重要だということは大前提ですが、それと同じくらい大事な事があります。

 

それは他のお店となにが違うのか?ってことを考えてお店を作るということです。

 

例えば、居酒屋でもカラオケが置いてあるお店と置いていないお店だったらどっちのほうがお客さんが入るのか?と聞かれて、すぐにわかりますか?

 

そんなことわかりませんよね。

 

その土地にはどういうお店があって、どんな特徴を持ったお店があるのか?ということを徹底的にリサーチした上で自分のお店の特徴というものを作っていかなければならないのです。

必要な設備と外観。これは周りの環境によって変動するものなのです。

 

まだまだこういう泥臭いことを出来るひとって少ないかなって思ってます。でも絶対に必要なことですよ。

 

例えば、お店の中で釣った魚を提供するとかでも良いですよね。生バンドの中で歌うことのできるジャズバーとか。

何でも良いんですよ。特徴があれば。

 

いまも昔も、他と差別化をはかっているお店が繁盛しているという現状は変わらないのです。

でもですね、それは安さでもいいんです。

私が知っているお店でパスタのお店があるのですが、そのお店は別にすごい美味しいわけでも店員さんのサービスがとても良いわけでもありません。

しかし、そのお店は都内を中心に店舗を増やしており、かつお客さんもかなりはいっています。

 

ではなぜこのお店にいくのか?というとコスパなんですよね結局。

 

量も多いし料金も安いし。それは強みなのです。

 

ちなみにですが、

 

現在一番繁盛していない店は安くもなく高くもないという中途半端なお店なのです。ユーザーは高いものをご褒美的に食べたいのか?それとも安く済ませたいのか?

 

金額的なところを分析すると結局この2択なのです。

 

だから、ただ儲けたい!って思って他のお店と同じようにして同じように儲けようとしてもそううまくはいきません。同じ店なんて別に世の中に必要ありませんからね。

 

私は一日に店を100軒以上まわるような仕事をしていたことがあるので、そういったお店の入れ替わりにはとても敏感でした。

本当に皆さんが思っているよりもお店って潰れていっているんですよ!街並なんか数年したら全然違うと思いますよ!

やはりなにか工夫がどうやっても必要なんですね。裏を返せば、そういう工夫を頑張っていれば飲食業界でも生きていけるのでしょう。

 

結局なににしても圧倒的な努力が必要ってことです。

事業計画書を書くところからはじめてみましょうよ。どんな飲食店にするのか?店舗にするのか?現実的にどうすれば倒産せずに続けることができるのか。

考えてみよう。

安易な飲食店起業はしない方が良いよ。きちんと資格バリバリでMBAを持っている人が計算に計算を重ねて続けることができるような分野なのです。飲食は。

難しいものなんですよ。

 

では今回はここらへんで。

関連記事:起業する事って本当にリスク?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。