人生に悩む君へ

学生時代の思い出ってなんでこうも愛おしいものになるんだろうね。

皆さんにも学生時代の思い出ってあると思う。中学生の時の記憶とか、高校生の時の記憶とかね。あると思うんですよ。

私にも学生時代の思い出がたくさんある。当時はつらかった事もたくさんあったと思うのだけれど、何か今考えると、懐かしい思い出になっている。

愛おしい思い出になっているんですよね。

 

そんな思い出を振り返ったり、その当時の事を思い出して当時の友人と会ってみる。そんな瞬間でさえも愛おしく感じるのはなぜだろうか。

 

学生時代にはつらい事だって多い

 

学生時代の思い出の中には、楽しくて仕方がない思い出もたくさんありますよね。思い出すだけで楽しくなってしまうような思い出がたくさんある。

でも、その中にもつらい記憶があったと思うんですよね。

私なんかは最初は強豪サッカー部に所属していたのだけれど、私は怠け者で、他人の目を気にしなかったというか、傍若無人なところがあったんですよね。

だからこそ、先生が大事な話をしている時に、

 

面倒臭いな」と思って、激怒されたり、合宿の前日に市民プールで6時間くらい遊んで、熱を出し、合宿に行けなくなったり、

あ、それで怒られたりね。

結構嫌な思い出も多かったと思うんですよ。きっと皆さんも学生時代の思い出はあると思うけど、つらい記憶だってあるでしょう?

 

いじめられた人もたくさんいると思うし、友達に嫌われてしまった人だっているでしょう。でも、学生時代の思い出って総じて素敵なものになっているような気がするのです。

 

つらい記憶もたくさんあるけれど、学生時代の思い出は時が経つと、美化される。美化されるという言い方をすると、何か悪い事のように聞こえるかもしれないけど、

私たち人間は根本的にはポジティブな生物で、嫌な記憶は消してしまっていると思う。

 

だからこそ、つらい記憶とかさ、忘れてしまうのでしょうね。まあ、だから良いんですけど。学生時代の思い出は未開封のおもちゃのように、

 

綺麗な形で根本されているのではなく、手を加えられた形で美しく残っている。不思議だね。

関連記事:実は友達がいない大学生ってたくさんいると思う。

 

 

学生時代って1度切りなんだよね、と実感する

 

学生時代の思い出を振り返ってみると、何となく胸を締め付けられるような感覚を持つ事がある。なぜか?

 

それは「学生時代は1度切り」だからなんですよ。もう1度戻りたい、と思えば戻る事もできるけど、同年代の人たちと馬鹿みたいな事をやって、

公園でサッカーをしていたら、近所の人が通報して問題になったりして、もちろん迷惑もかけていたのだけれど、

 

そんな思い出の1つ1つが「最初で最後」なんですよね。学生時代には、「学生なんて別に」みたいに思っていたけれど、

 

大人になってみると、学生時代の思い出がいかに大切なものなのか?という事がよくわかる。学校帰りコンビニに寄ったり、

 

学校帰りにゲームセンターに行ったり。今考えると、本当にしょうもない事だったけれど、それでも全てが学生時代にしか経験する事のできない大切な経験だったりするんですよ。

 

帰り道、友達の相談に乗ったり、時には人生について語り合ってみたり。そんな青臭い日々が何となく懐かしくなる時がある。

 

まあ、今も同じような心は持っているのだけれど、学生時代の思い出は学生時代に経験するから学生時代の思い出であって、

 

今やっても意味がないような気がするんですよね。あの時の思い出が何か支えになっているような気がしているし、学生時代の思い出の全てが今は愛おしい。

 

そう思うんです。もう昔みたいな古い校舎はなくなってしまったけれど、それでも「あの場所」にいつまでも残っている思い出があって、

同時代を過ごした友達と私と学校の3点を繋いでいるような気がする。

関連記事:大学生活で後悔している事を書いていく。

 

今でも仲の良い学生時代の友人

 

私は中高一貫校だったのですが、今でも中高の友達とは会っています。中高時代、思春期を共にしたからなのか、何なのかわからないけれど、

 

なぜか「幼馴染」のような気がしています。幼馴染と一緒に飲んでいるような、そんな感覚があるんですよね。学生時代の思い出を肴にお酒飲む、なんて親父臭い事をしてしまうのだけれど、

 

やっぱり何か他の友達とは違う。家族のような、不思議な関係なんですよね。学生時代の思い出って素敵なもので、

いつまでも共有する事ができるもの。先生に怒られた事とか、当時は「は?なんなんだよ」とむかついていた事が今では笑いのタネになる。

 

不思議なものですよ。そんな学生時代の思い出がどこかで自分を支えていて、そんな友達がきっと私の背中を押してくれている。

 

何かあったら帰ってこいよ」と言われているような気がするのです。学生時代の思い出を振り返る機会って中々ないと思うけどさ、

 

たまには会ってみると面白いよ。あの時の自分とか、悩んでいた事とか、振り返る良い機会になる。

 

学生時代の思い出だけが全てではないけれど、本当に大切な宝物なんです。

関連記事:「あの頃に戻りたい」と思える記憶に支えられて生きている。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。