ブロガー「水瀬まりも」とは?
旅とあそび

台湾で電車(MRT)に乗ってみた!乗り方と注意点について。

台湾は日本から近くて、親日国なので、

海外旅行に行くにはもってこいの国だと思います。

 

女性だけの旅だったり、初めての海外でもおすすめできる国です。

特に台北市内の電車はとてもわかりやすく、個人旅行でもちゃんと楽しめると思うんです。

 

台北での電車(MRT)の乗り方や注意点についてまとめてみました。

 

駅の目印

 

taiwan-mtr

街中でこのマークを見つけたら駅がある、という意味です。

良い目印になるので、ぜひ台北に行く際は覚えておいてください。

 

駅出口には番号がふってある

 

tonmen

 

日本の地下鉄と同じように、一つの駅には複数の出口があるのですが、

その出口には必ず番号がふってあり、外から見てもわかりやすいようになっています。

 

ここは若者に人気のおしゃれなカフェや雑貨屋さんが立ち並ぶ駅、東門駅です。

この写真で写っているのは東門駅の5番出口ですね。

 

ここから電車に乗ってみようと思います。

 

tonmen2 tonmen3

エスカレーターを降りて駅構内へと入っていきますが、造りはやはり日本と似ていますね。

なんだか安心します。

関連記事:LCCのスクートに乗って台湾へ!安全?サービスは?口コミを書いてみる。

 

切符の買い方

 

日本と同じように券売機で切符を買いますが、

切符ではなく台湾はプラスチック製のICチップが埋め込まれたコインになっています。

 

coin

 

少し見えにくいですが、大きさは500円玉くらいで

ものすごく軽いです。

 

券売機でのコインの買い方を説明していきます。

 

①画面にタッチ

 

kenbaiki

券売機はタッチパネルになっているので、手で触れて購入していきます。

番号がふってあってわかりやすいですね。

 

②行き先までの料金を確認

mrt-tizu

 

券売機の上に路線図があり、今自分がいる駅からいくらで目的地に行けるのか、ということを確認することができます。

 

近場の駅ならだいたい20元で行くことができます。

だいたい日本円で80円いかないくらいですから交通費は安いですね。

 

③タッチパネルで料金を選択、お金を投入

 

ticket

タッチパネルを操作します。

上の列が料金、下の列が人数です。

 

ticket2

 

今回の目的地へは20元だったのと、大人二人で旅していたので2人で40元になりました。

右側の「2」と書いてあるコインと紙幣を入れるところからお金を入れます。

 

すると券売機の下の「3」と表記があるところから、ICチップ入りのコインと、おつりが出てくる仕組みになっています。

 

ticket3

 

とてもわかりやすいですね。

 

それでは改札に進んでみましょう。

 

改札前の黄色いライン以降、飲食禁止!

 

kaisatu

 

改札前の黄色いラインがあるのですが、

この黄色いライン以降は飲食禁止になっています。

 

日本では電車でも飲み食いしている人がいますが、台湾だと電車内は全面的に飲食が禁止になっているんですね。

ここだけ大きく日本と違うので注意が必要です。

関連記事:台湾の三峡老街が観光におすすめ、牛角パン(金牛角麺包)を食べてみた!

 

改札に入る時

 

改札に入る時は、日本だとSuicaやPASMOをタッチする場所にコインをタッチします。

 

kaisatu2

 

ホームに降りていくとこんな感じ。

 

home

 

改札を出る時

 

改札を出る時は、改札にコイン投入口があるので、そこにコインを投入します。

 

kaisatu4

 

コインは回収されます。

これもまたわかりやすいですね。

関連記事:台湾の淡水をブラブラ歩いてみた。

 

ということで台北の電車事情について書いてみました。

 

初めて行く台北でも、とてもわかりやすくて観光しやすい街ですし、

交通費もかなり安いので、ぜひ電車に乗って色々なところを旅してみてください。

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事