人生

いじめられない方法!3つの実践で激変?

いじめっていつの時代にもありますよね。どれだけ日本という国が平和になったとしてもいじめというものが絶対になくなることはありません。

では今回はいじめられっこから脱却する方法を3つ程紹介しましょう。もうだめだと思っているひとでもこれを読めばなにか変わるはず。

 

いじめられっ子はむやみに笑うな

 

いじめっ子って実は寂しがりやのひとが多いような気がします。そのため、いじめだとは最初は思わずに

いじめになっているというパターンってとても多いんです。

 

そしてそういう子たちが何を一番ほしがっているのかというといじめられている子が自分と話しているときに面白くもないのに笑うということなのです。

 

いじめられっ子って気が弱く、どうにか自分を守ることだけを考えます。だから多少嫌なことをされたとしてもなぜかニヤニヤしてることって多いんですよね。

 

でもそれをやってしまってはいじめっ子の獲物としては最高品質になってしまいます。(いじめられっ子の黒毛和牛です)

だから、ここで重要なのはむやみに笑わないということです。相手の話を普通に聞いて、頷いているだけでも良いのです。

この笑うという文化時代日本特有のものだと言われていますしね!

海外のひとは意味のわからないところでニヤニヤなんてしません。これは方法と言えるのかちょっとわかりませんが。行動規範としては正しいと思いますよ。

別に強くいろ!なんて言っていません。出来るところから始めてみましょう。

関連記事:小学生のいじめが壮絶すぎる!子供がいじめられたらどうする?

 

 

 

いじめられっ子はスマホを隠せ!

 

細かいことですがこれも重要です。学生のときってスマホとかケータイを学校に禁止されていたとしても結構な数の人間が持っていると思います。

でもこれっていじめっ子にとっては餌なんですよ。

例えば、授業中に教室で誰かの携帯の音が鳴ったとしますよね?すると誰かのせいにしようとするひとが現れてきます。

そういった時にはもちろん普段いじられているひとの事を名指ししますから必然的に自分のポケットとかを教師にみられるわけです。

 

これって本当に細かいことですが、こういう些細なことでもいじめに発展することってあるんですよ。だからこそスマホは持っていかない・徹底的に隠しておくってことが重要だと思います。

結局いじめって確率論ですからそういったいじられる要素をひとつずつ減らす事によっていじめられるリスクというものを減らす事ができるのです。

色んな方法を使っていじめられないようにするひとがいますけど、こういう物理的なことでもリスクは軽減することが出来るんです。

関連記事:ラインいじめの原因と対策

 

いじめっ子を褒める

 

人間って不思議なもので、どんなにいじめようと思っていても自分のことを好きでいてくれるひとを大切にしようとおもってしまう生物なんです。

だから、もし自分のクラスの中にいじめっ子がいたらその子を褒めましょう。くだらないことかもしれませんがこれは結構効果があるし、便利な方法だと思いますよ。

 

また、いじめっ子ってあんまりかっこよくなかったりすることが多いです。

だから、褒められた経験が意外と少ないんですよ。そういう子を褒めるって行為自体がかなりの効果がありますからこれは積極的にやってみたら良いと思います。

これを週に一回とかやってみたらいいんです。すると褒めてくれたひとの期待に応えたい!と思うようになりますから。

 

いじめっ子だって人間ですよ。可愛い部分も弱い部分もある同じ人間なのです。そしていじめって確率の話でもあると思うんです。
いじめられるリスクを軽減することという方法をとることによって、変わってくるんですよ。いまいじめられているひとはこれらの方法をとってみてください。

もしかしたら変わるかもしれませんよ?

 

いじめられっ子が一人でも少なくなることを祈っております。

 

関連記事 : いじめってなんでなくならないんだろう?

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。