起業と経営

社員の意識改革なんて中々できるもんじゃない。

社員の意識改革をしたい、という社長さんってたくさんいると思います。

アイコン名を入力

特にさ、会社の業績が悪い時なんかはさ、社員のせいにしちゃったりするよね?

でも、実際に社員の意識改革をする事ができるのか?というと、そんな事もないんですよね。

社員の意識改革。

こう書いてみると、そこまで難しいものではないような気がしてしまうのですが、社員の意識改革をすることほど難しい事はないと思うのです。

そう簡単に人は変わるものじゃないんですよね。

モチベーションが上がらないのは当然だったりする

社員の意識改革」をして、モチベーションの向上を図ろうとする経営者って多いものです。でも、社員のモチベーションを上げるのってとても難しい事なんですよね。

そもそも、社長を含めた社員というものは株主のために働いているわけです。株主の資産を増やすために労働力を提供している。

一方で労働者はどうなのか?というと、「お金をもらうために働いてる」わけであって、「株主のために働いている」という意識はないと思う。

まりも

特に日本の会社はそういう意識が小さいよね?社長でさえも「会社も俺のもの」だと思っているんだもんw

だからこそ、モチベーションの維持や向上って難しいんですよね。会社の業績が良いからといって、給料には大きく反映されない事も多い。

株価が上がったとしても、何の影響もない。そう考えると、社員の意識改革って簡単に行えるものではない、という事がわかると思うのです。

上場企業であれば、ストックオプション制度等を取り入れて、社員にも株主になってもらう。すると、社員は「会社の業績が良くなれば、株価も上がるから頑張ろう」となる。

でも、非上場企業の株式なんてもらっても、何の意味もなかったりする。

そこが難しいんですよね。

上場企業であれば、目に見えて、自分の成績が資産価値の上場に繋がる。でも、中小企業、非上場企業の社員として働いていると、

モチベーションの維持は難しかったりするのです。会社の株をもらったところで、すぐに換金できるわけでもないし、何か権利を得られるほどの割合を所持できるわけでもないからねぇ……。

社員の意識改革って簡単にできるものではないのです。

関連記事:社員のモチベーションを向上させるにはどうすれば良いのか?

社員は「現状維持」をする事に夢を見ない

社員の意識改革をする時には「夢のある事」を話していく事が大切なのです。企業って意外にも「現状維持」を考えるところが多いんですよね。

例えば、カフェは「3店舗目から儲かる」と通常言いますが、3店舗目まで展開したところで、「ここらへんで良いか」となり、

社員のモチベーションが下がってしまったり、大手企業のシステム保守管理をしていて、そのお金だけで社員の給料をまかなっていけるのであれば、

現状を維持する事だけで精一杯になってしまう。

そして、それが社員の意識改革をより難しいものにしてしまうのです。私がサラリーマンをやっている頃なんて、サラリーマン思考に耐えられないぞ。でも書いたように、まあ本当につまらなかったからなぁw

まりも

今となってはあの頃が懐かしいです笑

だからこそ、夢のある未来を語り、実現していく事が大切なのです。関東だけで出店しているなら、「ニューヨーク支店を今期中に出していく」と宣伝してみたりとか、

そういう夢のあるビジョンを社員に語っていく事が大切なのです。経営者も成功してくると、臆病になってくる。

「このままうまくいけば良いな」と思ってしまうものです。でも、それだと社員の意識改革は起こらないまま、何となく日常が過ぎ去ってしまうのです。

社員の意識改革をするために、会社の事業をより展開していくために、新しい事に挑戦し続ける事が大切だったりするのです。

あまりにリスキーな事業へ投資する事は良い事ではない。それはもちろんそうなのだけれど、リスクを取らなすぎるのもまた問題。

社員の意識改革が起こらない原因を作り出してしまうのです。

関連記事:コトラーの競争地位戦略から経営を考える。

1番疲れているのは社長だったりする

社員の意識改革が起こらないのは、社長自身が疲れてしまっているから、という事だってあるんですよね。社員の意識改革をする事ってとても大変な事。

中小企業であれば、会社の雰囲気を変えていくのは社長だけだったりする。

そうなってくると、社員の意識改革を行う際には社長自身が大きなエネルギーを持って変えていかなければならないのです。

しかし、実際には社長だって50歳〜60歳程度になってくると、疲れてきてしまうもの。若い時には年齢を感じる事なんてなかったかもしれない。

でも、年齢が高くなってくるにつれて、「ああ、もう気力がないなあ」と思ってしまうものなんですよね。だからこそ、根本的に社員の意識改革って難しいのです。

これが雇われ社長だったらなおさら頑張らない。逆にオーナー社長だったら、年齢に沿わない働き方をして、私の父のように早死にしてしまったりする。

だから難しいんですよね。社員の意識改革をする時には「社長の熱量」というものが非常に大切にくるのですよ。

社員の意識改革をしていかなければ、会社というものは良くならない。会社を良くするために、「社員の意識改革」を社長が考える。

でも、思っていた以上に難しいものだと思う。社員の心は簡単には変わらない。変えるためには大きな力が必要だったりする。

会社の経営って本当に割には合わない仕事ですよね。

関連記事:中小企業の社長にありがちな事について書いてみるよ。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。