ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

会社の飲み会は残業時間にいれてほしい。

会社の飲み会って結構ありますよね?年末とかはもちろんその他のイベントを随所に見つけては飲み会を開きたがるものなのです。会社員ってきっと仕事の時間が辛い時間なんでしょうね!

 

だからこそ、休息の時間を一番楽しみにしているんです。特に新人の女の子とかが入って来た時にはもう大変ですよ。いい年したおっさんたちが寄ってたかってすり寄るんです。

ならその時間って残業じゃないですか?って思います。だって全然楽しくないですからね。

 

会社の飲み会はなぜ残業か?

 

なぜ残業かってそりゃ一番は話の内容ですよね!

上司との飲み会が楽しいってひとって世の中にどれくらいいるのでしょうか?実際はほとんどいないと思います。

私の場合は上司との飲み会なんてまったく楽しくありませんでした。

 

それはなによりその話の内容ですよね! 例えば仕事の愚痴であったり、説教であったりするわけです。

しかもそれで自分以外全員上司とかだったら一番最悪ですよね?

 

どうやったって話の中心は若い人になりますから。
すると、

  • サラリーマンとは
  • 昇進について

 

とかそういう話になります。

元々昇進とか興味のないひとにとってはこれは苦痛でしかありません。

サラリーマンとはなんて話題に関してはもうなにも言えません。昔はサラリーマンなんて….と思っていたひともある時期を過ぎるとサラリーマンである自分に誇りを持つようになってしまいます。

 

基本的には人間って共感したい生き物ですから自分の価値観を話したくなるんですよね。

でもはっきりいって迷惑に思うひとだって多いですよ。ただでさえ上司との飲み会になんていきたくもないのにそれに加えて

 

サラリーマン版 情熱大陸

 

がはじまりますからね。本当に不思議なものです。

まあでも普段の残業をみていても、あまり熱心に働いているひとって大きい企業だとなかなかないですからね。

それを見ているよりはマシだという考え方なら良いですね。

関連記事:嫌われる上司の特徴について書いていこうと思う。

 

会社の飲み会でお酒をつぐ文化

 

これも不思議でしょうがなかったです。ラベルを上にして相手よりはコップがしたになるように持ってとかそんなこと飲み会でなんでするんだろうって。

 

海外でもそんなことしてるのかな。面倒くさいですよね。

 

楽しく飲めればそれでいいじゃんかって思うんです。

私が上司なら絶対後輩につがせませんね!

だいたい、お酒をついでもらったからってなにが嬉しいわけでもありません。むしろ気を使ってるなって思って私は疲れてしまいます。

 

だって本来人間同士の関わり合いじゃないですか!だったら細かいこと気にせずに飲みたいものですよね。

 

それは取引先とかだったら別ですよ。そこにはある種の利害関係もありますからね。

喜んでつぎます。

 

いつからこんな文化ができてしまったのでしょう。逆に同期との飲み会とかだったらまだいいですよね。

同じステージにたって頑張っていますから。こういう明文化されていない文化って本当に無駄だなって思っているんです。社会人になるとそれが当たり前だと思って過ごしてしまいます。

そうするといつの間にか自分の後輩にも同じことをやってしまっている自分ってものがいるんですよ。

 

会社の飲み会で上司に気に入られて上にいきたい?そんなことをやっているのであればもっと出来ることがたくさんありますよ。

 

私なんか昼でもよく面倒な先輩に絡まれていました。その時はその先輩とランチをしていたんですけどね、

先輩の分の箸も取ってあげたんです!そしたらなんて言われたと思いますか?

 

「そういう一つ一つの行動を僕たちは見ているからね!そういう積み重ねで上司からの評価が変わって上にいけるんだよ!」

 

 

はい?って感じでした。どこにでも面倒な先輩ってのはいるものです。でも、私はもう関わりたくもないですね。だったらその時間で他のビジネスをやっていたほうが全然いいんですよ。

 

要するにまあ上司との飲み会は本当に残業にしてほしいってことです。でも一緒に飲みたいって上司とかももちろんいますよ。

そういうひとはこちらから連絡先きいたりして誘いますよね。だから上司から飲み会に誘うなんて基本的にはいらない事だと思います。

会社の飲み会って文化がなくなる日が来ることを願っています。

では、ここらへんで。

関連記事:むかつく上司の下で我慢してはいけない。

よく読まれている記事
関連記事だよ