旅とあそび

麻布「幸村」さんでディナーをいただきました。

普段から高いものを食べているわけではないのですが、今回は贅沢にも麻布にある「幸村」さんにお邪魔してしまいました。

 

三つ星レストランである麻布「幸村」さんですが、非常にわかりにくいところにあります。普通のお店のように、「ここです」という主張が全くない。

訪問は2回目になるのですが、今でも迷ってしまいます。

 

麻布「幸村」さんは予約が取れない

 

という事で、麻布「幸村」さんに来訪させていただいたわけですが、予約が取れないお店なんですよね。私も1ヶ月前から予約していました。

S__1425836

 

佇まいからして「高級感が凄い」ので、入るのは少し勇気がいるかもしれません。予約する時には、メニュー等を伝える必要はありません。

その季節で美味しい「旬のもの」を出してくれます。

アンジャッシュの渡部さんも定期的に食べに来ているみたいですね。芸能人関係の人とか、経営者とかも結構多いお店なので、

誰かしらに会う可能性もあります。私もテレビに出ている方をお見かけした事があります。

関連記事:ヘイフンテラスでディナーをしてみました。

 

この日は花山椒のコースでした

 

というわけで、麻布「幸村」さんに入ってみたわけですが、この日は「花山椒の季節」です。前回の来訪時も花山椒の季節だったので、

また食べられるのか、と思うと、高まる。

 

順不同ですが、

S__1425837

個人的に好きなのが、「カラスミの蕎麦」ですね。カラスミの蕎麦は前回も出していただいたのですが、やはり美味しいです。

カラスミを少しだけ残して、お皿に日本酒をついでもらいます。日本酒をついでもらって、カラスミと日本酒を一緒に飲む、という何とも乙なお料理。

 

S__1425838

 

穴子巻きも美味しいですね。麻布幸村さんのお料理では、お魚系のお料理も美味しいです。野菜に関しても、食材そのものの味を活かしていて、

 

何とも奥深い味。シンプルではありますが、何とも言えず美味しいのが「幸村」さんの凄いところです。

 

S__1425841

 

 

S__1425844

 

 

S__1425845

 

S__1425846

 

次は今回のメインである「花山椒のしゃぶしゃぶ」ですね。花山椒の時期はもう終わっているのかな?と思っていたのですが、

今年は入荷した量が多かったみたいで、私は来訪した6月にはまだやっていました。美味しいですねえ。

 

S__19529753

 

こんな感じのメニューでした。美味しい。美味しすぎる。

 

料理長の幸村さんは京都の和久傳で修行された方です。お人柄も素晴らしく、「職人の世界って素敵だなあ」といつも思ってしまいます。

関連記事:那覇のハイアットリージェンシーに泊まったみた。

 

 

キャビアを仕入れているらしい

 

麻布の幸村さんは2つのフロアがあり、今回は上の階でディナーをしていたのですが、幸村さんは途中から上に上がって来てくださるんですよね。

 

お話ししていると、「モナコでキャビアを仕入れて来た」とおっしゃっていました。

 

モナコでキャビアを仕入れてきたとか、何か現実味がないけれど、面白そう。今回の麻布「幸村」さんは花山椒だったけれど、

次は、いや、いつかはキャビアも食べてみたい。キャビアというと、洋食に使うイメージだったのですが、和食にも使えるのですね。

 

どんなお料理になるのか、見てみたいです。

 

S__1491434

 

食べきれなかった分はお弁当にしてもらいました。また、来訪させていただきたいです。では。

関連記事:ANAインターコンチのカフェ「アトリウムラウンジ」に行ってみた。

ABOUT ME
アバター
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。