仕事

転職のミスマッチはなぜ起こるのか?経営者が考えてみた。

転職のミスマッチは起こって欲しいものではありませんが、社会においては「転職のミスマッチ」がたくさん起こっていると思うのですよ。

でも、実際なぜ転職においてミスマッチが起こるのか?と聞かれると、わからないと思うんですよね。

 

転職のミスマッチはなぜ起こるのか?そんな事を経営者である私が書いていこうと思います。

 

 

転職者が企業に合わせる

 

転職をする時には、基本的に転職先の風土に合わせようとするものなんですよね。本質的にはおっとりしている人が、ガツガツ系の会社に入ろうと思った時には、

面接では気の強い人」という印象をつけようとしたり、「精神的に強い人」という印象を相手に持たせようとするわけです。

 

誰でも転職活動をするなら内定をもらいたいもの。だから、多少無理をしてでも、自分の見かけ上の性格を転職先の企業に合わせるものなんですよね。

 

でも、これだと転職をしても、ミスマッチが起こってしまうものなのです。自分を偽る事で、内定をもらえる事はあるのかもしれない。

ただ、そうやって内定をもらっても、転職した後にミスマッチが起こってしまうのです。本来の自分で内定をもらえないようなところは、

根本的には自分の性格と会社の性格が合っていないのですよ。

 

まあ、わかっていながらもやってしまうのが私たちだと思うんですけどね。相手に合わせる事で内定をもらえる事って実際にあるんですよ。

相手が「どんな人間を求めているのか?」なんて事はわかるものです。人事の顔色を見ただけでもわかりますよね。

 

だでも、それでは結局どちらも幸せにはならないものなんですよ。転職のミスマッチが起こらないように、経営者側も、転職者側もきちんと考えるべきなんですよね。

 

転職者は内定をもらいたいと思ってしまうだろうけど、結局はミスマッチが起こってしまい、幸福度も高くはならないと思う。

 

だから、もっとありのままの自分で受けてみた方が良いんじゃないかな?と思ってしまいます。本質的な話だけどね。

関連記事:転職したい理由を考える時に大切な事とは?

 

 

人材が急に必要になる企業が多い

 

中小企業とかでも特に起こりがちな事ですね。企業がなぜ転職者を受け入れるのか?というと、「辞めていく人がいるから」なんですよね。基本的には。

だからこそ、企業側は「なるべく早く代わりの人が欲しい」と思っています。すると、「この人だと合わないかもしれないけど、雇わないと会社が回らないから雇おう」という流れになってしまう事があるのです。

 

人材不足の昨今、企業側は人材確保に躍起になっています。それだけ人がいないのですよ。

 

そのため、ミスマッチが起こりそうな人でも、仕方なく取ってしまう事があるのです。転職におけるミスマッチって起こるべくして起こっている事も多いんですよね。

 

離職率が高く、人材の流動性が高い会社とかだと、常に人材が不足している状態です。だからこそ、「早く新しい人に来て欲しい」と思うのは当然の事。

 

ただ、そもそもの問題である「離職率」を改善しない限りは、中小企業を始めたとした「ミスマッチが起こるかもしれないけど、雇ってみる」という流れは変わらないような気がしているのです。

 

私も会社をやっていると、人が急に必要になってきてしまう時があるんですよね。急に辞めてしまったりすると、「この仕事は誰がやれば良いんだ」となり、

結果的に誰かの仕事負担が増えてしまうものなのです。

 

だからこそ、転職でのミスマッチって起こるものだよなあ、と思っています。起こらない方が良いですけどね。起こってしまうのもわかるのです。

関連記事:転職で成功する人の特徴について考えてみた。

 

 

マッチする人なんて見分けられない

 

結局ね、マッチする人なんて見分ける事ができないんですよ。人事とかになると、「俺には人を見る目があるんだ」と言い出してしまうと思うし、天狗になるけど、

わからないものです。

 

相手の本質を面接時間だけで見極める事なんてできるわけないじゃないですか。転職におけるミスマッチと言うけれど、実際には人事側だって見分ける事ができない。

 

だからこそ、ミスマッチが起こってしまうのです。インターンとかね、そういう長期間の選考フローがあれば、まだわかると思うのですけど、

 

短期間だったら、基本的に人間の本質なんてわからないんじゃないかなあ。よく、ニュースとかでも「あんなに良い子だったのに、なぜ・・・」と犯人の事を語る人がいるじゃないですか。

 

でも、これって当然の事で、相手の性格なんて近所に住んでいる人でもわからないものだし、人間なんて他人と会っている時と1人の時では違うわけ。

 

だから、わかるはずなんてないんですよね。転職におけるミスマッチってある意味仕方のない事でもあるのです。

 

問題は、ミスマッチかどうか?ではなくて、そんな人たちがポップに職場を変えられるだけの環境構築じゃないかな。

 

ミスマッチは起こる。これは仕方ない。だから、ミスマッチが起こった時どうするのか?を考えようよ。そう思う。

関連記事:転職するのにおすすめの業界って何だろう?

ABOUT ME
水瀬まりも
月間20万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「まりもの秘密基地」というYoutubeチャンネルもやってるよ。