仕事の悩み

サラリーマンが合っている人もいるよね。

サラリーマンとフリーランスを比較した記事って多いと思いますし、私が書いた記事にも「サラリーマンとフリーランス」について書いたものがあるのですが、

 

サラリーマンが全て悪いのか?というと、そういうわけでもないと思うんですよね。私は自分の会社を持って経営していますが、

別にサラリーマンだから悪いわけでもないと思うのですよ。サラリーマンに合っている人だっていると思うのです。

別にサラリーマンでも良いじゃない。

 

 

毎月安定した給料が入る安心感

 

サラリーマンとして働いていると、毎月安定して給料が入ってくるわけ。どれだけ仕事ができなくても、減らされる事はないし、

何か事件でも起こさない限りは基本的にクビになる事はないんですよね。だからこそ、安定性から考えると、サラリーマンって非常に魅力的な職業ではあると思っています。

 

実は、サラリーマンでもフリーランスでも安定しているわけではありません。元を辿ればどちらも企業や事業に依存していますから。

 

しかし、見かけの安定性で考えると、サラリーマンの方が魅力的に見える事があると思うのです。

 

安定性を求めているのであれば、サラリーマンが合っていると思うし、人間というものは根本的には「不安定な状態」が苦手なもの。

そのため、毎月安定した給料がいつでも入ってくる「サラリーマンとしての働き方」が合っているという人だっていると思うのです。

 

フリーランスや、私のように起業家として働いていると、不安定な状態が続く事だってあります。私は不動産投資やメディア関係の仕事もしていますが、

 

良い時」と「悪い時」はあります。

 

これはどの企業でも同じ事です。ですが、サラリーマンの場合には会社が「この給料で働いてくださいね!」という契約をしているので、

 

安定した収入が入ってくる。これは精神的には楽な事なんですよね。サラリーマンが合っている人は安定が好きな人。

 

こう聞くと、悪い事のようにも聞こえるけど、そんな事はないと思うのです。それぞれに合った働き方をすれば良いと思う。

関連記事:転職するのにおすすめの業界って何だろう?

 

 

コミュニティ化する会社

 

会社というものは「組織」です。同僚だって上司だっている。それがつらい事もあるのだけれど、コミュニティにもなっていると思うんですよね。

昔は周りの人々との関係性が濃かった。

 

江戸時代には長屋に住んで、隣の人の顔だって把握していたわけです。しかし、今はどうでしょうか?

 

人間関係そのものが希薄になっていると思うのです。すると、会社というものが果たしている役割って非常に大きなものがある。

 

寂しいと感じる人はサラリーマンになった方が精神的にも安定すると思うし、孤独を感じる事だってない。寂しいと感じる人だっているわけだから、

サラリーマンが合っている人もいると思うのですよ。

 

上司にどうしても嫌いな人がいて、「この人がいるだけで吐き気がする」と感じている人はフリーランスとか起業家として働けば良い。

 

でも、もしも何の苦もなく働いているのであれば、サラリーマンに合っている人だと思うし、サラリーマンとして働いた方が幸福度は高いんじゃないかな?と思うのです。

 

働き方というものは人それぞれで良いわけ。孤独に耐えられないのであれば、サラリーマンが合っていると思う。

 

上司や同僚とうまくやっていけないのであれば、フリーランスとして働いた方が良い。人にはそれぞれ個性がある。

 

だから、働き方だって人それぞれで良いのですよ。それぞれが「働いていて楽しい」と思える場所を探せば良いのですよ。

 

フリーランスが悪いわけでも、サラリーマンが悪いわけでもない。自分が本当に安心する場所で働けば良いと思っているわけです。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

 

 

私にはサラリーマンが合っていなかっただけの事

 

私はサラリーマンとして働いているわけではありません。サラリーマンが合っているとも思いません。だからこそ、自分の会社を経営しているわけ。

 

でも、別に私のような人だけが全てではないはず。サラリーマンとして働く事に安心する人だっていると思うし、

私よりももっとコミュニケーション能力が高くて、会社の複雑な人間関係の中で生きる事が上手い人だっている。

 

だったらそれで良いのです。サラリーマン的社会の中で私は生きていく事ができませんでした。上司だって嫌いだったし、

同僚と会社の愚痴を言いながら頑張るのも好きではなかった。だから、私からすると、「サラリーマンを続けられるのは凄いな」と思う。

 

これが正直な感想。

 

でも、サラリーマンに合っている人だっている。心から楽しいと思えているような人だっているのです。そういう人は何も新しい事を考えて、会社を作ったりとか、

資金調達をする必要はない。

 

サラリーマン的働き方だって楽で良い面だってあるんですよ。私はサラリーマンとして働く事が合っていなかったけれど、

サラリーマンとして働く事が合っている人だっている。どちらが良いわけではない。税金とか、自由な時間で言ったら経営者の方が優遇されているかもしれないけど、

 

働き方としてはどちらが良いのかわからないものです。別に良いんですよ。どちらでも。

 

正解などないのですから。

関連記事:サラリーマン生活を辞めたあの日。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)ワーキングホリデービザでウィーン在住(2022年〜)の29歳。中高6年間男子校で生活。海外をふらふらしながらなんだかんだ生きています。応援は「アマゾン欲しいものリスト」からお願いします。