起業と経営

高校生で起業する人がこれからは増えて来るけど。

最近は起業する人の年齢が下がってきているように思うんですよね。昔は大学生が起業する事なんて考える事ができなかったのに、

今では大学生で起業する人も増えてきていますよね。大学生で起業すると言っても、「そうなんだ〜」くらいにしか思われなくなってきているんじゃないかな?と思う。

 

また、最近だとこの流れから、高校生でも起業する人が増えてきたと思うんですよね。

 

好きな事で稼ごうぜ」というスローガンを体現するかのように、高校生、あるいは中学生が起業する事が多くなって来たし、これからも増えると思うのです。

 

でも、どうなのかな?と思う部分もあるんですよね。

 

最初から起業を考えなくても良い

 

高校生で起業する人とかも増えてくると思うんですよね。でも、最初から起業を考えなくても良いんじゃないかな?と思っています。

確かに、高校生から起業をする事はクールなのかもしれない。同級生からしたら「高校生なのに起業するなんて凄い」と思われるでしょう。

 

でも、高校生の時から仕事をする意味って何だろうか?とも思うんですよね。高校生で起業する事だけが「正しい姿」であるのか?というと、そうではない。

 

普通に部活をやってみたり、恋愛をしたりする事だって大切な事だと思うんですよね。高校生の時なんて何も考えずに楽しい学生生活を送ってみれば良いんじゃないかな?と思うのですよ。

高校生だと、普通の学校生活というものにどれだけの価値があるのか?という事がわからないと思う。でも、大人になってからは学生になる事が難しくなってしまうし、

 

中学生とか、高校生に戻る事はできないのですよ。基本的にはね。だからこそ、普通の高校生活を楽しむ事ができるような学生なのであれば、

 

普通の幸せを感じてみても良いんじゃないかな?と思う。高校生から起業するなんて言ったら格好良いのはわかる。

 

すごくわかります。他の人とは違う事をやっているのは格好良い事でもある。でも、別に普通の高校生でも良いじゃないですか。

無理をして起業する必要はないんじゃないかな?と思っているのです。

関連記事:起業する資金の目安を考えておいた方が良い。

 

 

居場所のない高校生こそ起業して欲しい

 

私は「居場所のない高校生」にこそ起業して欲しいと思っているのです。普通に高校生活を楽しむ事ができるのであれば、高校生活を楽しんだ方が良いかもしれない。

 

悪い。今日は仕事なんだ。」みたいなセリフは学校生活をする上では「格好良い」となるかもしれないけど、そんなものは社会人になれば、いくらでも言えるセリフ。

 

今じゃなくても良い。ただ、居場所がない高校生なら起業してみれば良い。起業して、自分の会社を持つ事で自分の居場所のようなものを持つ事ができるようになると思うんですよね。

事業がうまく軌道に乗れば、学校外に仲間を作る事だってできる。そんな居場所の作り方もこれからの時代は良いんじゃないかな?と思うのです。

 

私にも「学校って嫌だな」と思った時期がありました。でも、私の時代は「高校生で起業」が当たり前ではなかったのです。

 

でも、今は高校生でも起業する事ができる時代じゃないですか。だったらやってみれば良いと思うんですよね。学校だけが自分の居場所ではないと思う。

 

もっと自分に合った居場所を事業を通して作る事ができるなら、その方が良いと思うんですよね。引きこもりとか、不登校とか、

悩みを抱えている高校生こそ、起業すれば良いのですよ。

関連記事:起業するための準備なんて必要ないと思う。

 

 

本当に好きな事のために

 

高校生の時期って本当に大切な時間だと思うんですよね。

 

大人になってからは自由な時間って実は少なくて、サラリーマンとして社会人になってしまうと、ほとんど何も考えずに定年を迎える事になる。

 

だからこそ、今の高校生活をもっと楽しんでも良いんじゃないかな?と思うのです。もちろん、高校生で起業しても面白いと思う。

その後、大学を卒業する頃に会社を売却して、そのお金で好きな事をしても良いと思う。

 

ただ、高校生の時の青臭い、何とも言えないあの時期は1度しか体験できない貴重な時間なのです。高校生の時期ってつらい事もあるけど、

 

高校生の時期を大切に生きてみるのも大切じゃないかな?と思うよ。

 

自分が高校生の時には、高校時代の思い出とか、友達がどれだけ大切なものなのかよくわかっていなかった。だから、他人を傷つけるような発言をしてしまっていた。

 

でも、本当に大切な時間なんですよね。高校生で起業するのも良いかもしれないけど、高校生の時くらい馬鹿やっても良いんじゃない?

 

自分が辛い時に助けてくれるのは、自分の周りにいる人たち。いくらお金があっても、ビジネスで成功していても、

周りに誰も人がいなかったら悲しいだけ。私は高校生の時に本当の友達を見つける事ができたから。

 

だから、高校生には高校時代を楽しんで欲しいのです。

関連記事:友達と起業すると失敗する理由。

ABOUT ME
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。