ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

人生終わった、と思ったことがある人ほど強く優しく生きていける。

「もう人生終わった」そんなふうに考えてしまうくらい辛いと思う時が人生にはあるかもしれません。

 

そんなことは経験しないまま生きられた方がきっと楽なのでしょうけど、

人生終わったと感じてしまうくらい辛いことを経験してしまうことだってありますよね。

 

人それぞれそんな状況があると思うので不幸比べをしても仕方がないのですが

私にも人生終わった、と思った時がありました。

 

人生において大切なものを失った時

 

人生において誰でも大切にしているものというのがあると思います。

 

かけがえのない人だったり、自分が「これさえあれば生きていける」と思うほど情熱を注ぐことができるものだったり。

 

そういったものを失った時、人生終わったと感じることが多いのではないでしょうか。

 

私の場合はそれが音楽でした。

 

小さい頃から歌を歌うことが大好きで、どんなに苦しいことがあっても、好きな人に振られても

受験した学校に落ちても、家族とうまくいかない時も、歌を歌っている時だけは、何もかも忘れて心を落ち着けることができたんです。

 

何が理由だったのかは未だにわからないのですが、ある時色々な事がうまくいかなくなってしまって

心的ストレスが大きかったのか突然声が出なくなるということがありました。

 

普通に人と喋るのも苦しいくらい声が出なくなってしまって、私はもう歌うことはできないのか、と絶望しました。

 

歌を歌うことだけが私を癒してくれる、と思っていたので「これからの人生歌を歌うほど楽しいと思えることに出会えなかったら、ずっと楽しくない人生を送るしかないのか?」なんてことまで考えてしまって

毎日泣いて過ごしている時がありました。

 

練習しても練習しても以前のように声が出なくて、病院に行っても何が原因だかわからないと言われてしまう。

 

私にとって人生で一番大切なものを失った日でした。

 

もっと辛い経験をしている人もたくさんいるかもしれないけれど私にとっては、これが「人生終わった」と感じた時です。

関連記事:生きるのが辛いのは自分の考え方次第

 

終わりこそ始まり

 

でも私にとってその人生終わったという時期は始まりでもありました。

 

今だから言えることだしあの頃には二度と戻りたくないですが、自分にとって一番大切なものを失った時に自分と深く向き合えることができました。

 

一番大切な音楽を失った時に自分には何が残るんだろう?

他に楽しいと思えることはあるだろうか?

 

そんな事を一生懸命考えたんです。

 

そう思った時に私には人生で一番大切なものは音楽だと思っていたけど、それ以外にも大切にしなくてはいけないことがたくさんあると感じることができました。

 

家族はもちろん、音楽に違う関わり方をして行くことはできないかということも考えたんです。

 

さらに今まで感覚的に音楽と関わっていた部分をもっと理論的に音楽と関わっていこうと考えを改めることもできました。

 

今まで感覚でしかなかった「歌う」ということを人に教えられるくらい論理的に構築していきます。

自分は歌うことはできないけど発声にどのような筋肉が使われていて、空気はどこを通って音が振動して音が出ているのか。

 

そんなことまで調べて人体の仕組みに詳しくなりました。

 

他にも声が出なくても作詞はできるし、楽器を弾いたり音楽に触れることはできる。

歌うこと以外に音楽に関わって行くことはできないか、夢中で調べました。

 

そしてさらに自分にとって他に大切なものがあることにも気付けました。

自分が本当に辛いと感じている時に支えてくれる家族がいる。

 

頑張っても何も楽しくないと思う中でも、心配をかけたくないなと思える人がいる。

 

私から音楽を取ったら何も残らないと思っていたけど、そもそも生まれてきた時に何も持っていなかったことに気づいたんです。

 

そんな頃から考えたら私には大切にしなくてはいけないものがあるのだからここからまた始めなきゃいけない、と思えました。

最初から何もなかったのだからまた新しいものをつかんで行けばいいのです。

 

人間はいつだって新しいことにチャレンジすることができるのですから。

関連記事:僕は「一度死んだ」から生きたいように生きる事が出来る。

 

辛い経験が自分を強くする

 

人生終わったと思うくらい辛い経験をしたことがある人というのは、ものすごく精神的に強い人が多いと思います。

 

一度何もなくなってしまった経験があるからこそ、あまり小さなことで動揺しないのではないでしょうか。

 

辛い経験は必ず自分の役に立ちます。

同じように辛い経験をしている人と自分を重ねることができるからこそ、辛い思いをしている人に今日差し伸べることができるようになる。

 

きっと誰よりも辛い経験をしている人に優しくすることができるようになると思います。

 

人生終わったと思っている時はそんな風に考える余裕もないかもしれません。

でも生きてさえいれば、大切なものを失っても違う生き方を見つけることができるはずです。

 

人生終わったと思ったことがある私も今はとても幸せに生活しています。

生きていれば悲しいこともあるかもしれないけど、そのぶん自分が強くなると信じてください。

関連記事:些細な事でイライラするのはそれ以上の幸せを感じていないから。

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ