就活の悩みを語る

就活でSNSを見られて不採用になる事ってあるんだよね。

最近は、昔と違って「SNS」というものが発達しています。おそらく多くの大学生は何らかのSNSを使っている事でしょう。

 

  • フェイスブック
  • ツイッター
  • インスタグラム
  • リンクトイン
  • ピンタレスト

など。

 

SNSは楽しいものだと思うし、私も就活時代に使っていました。ただ、就活においてはSNSの利用に関して気をつけなかければいけないと思うんですよね。

 

就活ではSNSを見られて内定をもらえなくなってしまう事だってありますから。

SNSアカウントを消している人がたくさんいた

 

私が就活をしていた時にも、私の周りの人間はSNSをやっていました。ツイッターとかフェイスブックとか、そういったものが流行った時期でもありましたからね。

ただ、周りの人では、SNSのアカウントを削除している人が多かったのも事実なんですよね。

 

就活において、面接官はSNSを見る可能性があります。だからこそ、アカウントごと消しておくのですよ。

 

私からすると、「何の問題もないんじゃない?」と思うようなツイートばかりをしている人たちがアカウントを削除していたのですが、

何が採用担当者、人事の琴線を揺らすのか?という事はわからないんですよね。

 

例えば、テニスサークルでの飲み会写真をインスタグラムにあげていたとしましょう。そうすると、

 

楽しそうだなあ」と思う人事もいれば、

何かチャラいな」と思う人もいるわけです。

 

社風にもよりますが、「イケイケな人」を採用していないような会社だとしたら、内定をもらえる事はありませんよね。

人事担当者の個人的感情によって内定が左右される事がないように、就活の時にはSNSアカウントを削除しておくのも1つの手だと思うのです。

面接官が抱いた印象通りに判断して欲しいわけですから。SNSから余計な情報を漏らさないようにするのは当然のことかもしれません。

実際、就活において優秀だった人たちがSNSを消していました。だいたい就活が始まる時期には内定をもらっていたりとか、

最終面接まで行っている人が多かったかな、という感じ。

 

私の場合はSNSを続けていたかったので、継続してツイートしていましたけどね。あれはバレていたのかな。

関連記事:就活において美人は得というのは本当。

 

 

私は就活の時にもSNSをやっていました

 

私の場合は、前章でもお話しましたが、SNSを続けていましたね。1日に何度もつぶやく時間はなかったし、

SNSの運用をしていたわけではありません。ただ、それでも続けていました。

 

就活ってストレスが溜まるものです。そして、就活をしていると、友人に会う時間がなかったりします。特に面接が忙しい時期になると余計に会えません。

 

だからこそ、SNSで就活状況をツイートする事が楽しい。「今日は東京駅の某企業の面接〜」みたいなツイートをしていました。

 

SNSがある事により、「1人で就活をしているわけではないんだ」という気持ちになる事ができたし、実際そういう人は多いんじゃないかな、と思う。

 

就活になったらSNSを消してしまう人もいたし、そういう人は優秀だったけれど、何かストレス発散ができなくなってつらそうだなあ、なんて思っていました。

 

ただ、何でもツイートして良いのか?というと、そうではない。就活の時期にSNSを使う事は悪い事ではありません。

しかしながら、就活でSNSを使うのであれば、

 

今日の面接官、本当に高圧的でむかついた

説明会が長すぎてつらい

 

こういった企業を批判するような内容のツイートは控えた方が良いんですよね。

採用担当者に見られても大丈夫な内容のツイートだけをしていたら良いのです。企業の批判はオフラインでした方が良いのです。

私も圧迫面接を受けた事があります。

 

でも、圧迫面接に関して、私がツイートする事はありませんでした。確かに、圧迫面接は悪い事だと思う。

 

私の精神的にもつらかった。ただ、様々な受け止め方をするツイッターにおいて、「圧迫面接されて泣きそう」というツイートをしてしまうと、

他の会社の採用担当者が見て、「この子は精神的に弱い子なのかもしれない」という受け止め方をされてしまう可能性があるのです。

 

だからこそ、就活中にSNSを使う場合には、「採用担当者が見た時にどう思うのか?」という事を考えてツイートした方が良いのです。

関連記事:就活でメンタルをコントロールするために私がやっていた事。

 

 

採用する側になって思う事

 

私も今は自分の会社で仕事をしているので、採用に関わる事があるのですが、私は採用に関わるようになると、

 

当時の人事はどれだけSNSを見ていたんだろうなあ」なんて思います。SNSのアカウントなんて、本当に簡単に見つかるんですよね。

私が採用を見るようになってみると、SNSというものがどれだけ新卒さんたちの内面を表しているものなのか?という事がわかります。

 

面接の時には、明るい子でも、SNSでは物凄く病んでいたりとか、面接の時にはあまり良い印象ではなかった人が、

SNSでは社会人顔負けの内容をつぶやいていたり?

 

SNSがきっかけで残念ながら通さなかった方もいますし、大手企業でも「内定を出す時にはSNSを見るべき」という考え方が浸透しているんじゃないかな?と思う。

 

就活をしている時にSNSを使うと、どうしてもネガティブな内容を呟いてしまうと思うけど、もしもネガティブな内容をつぶやいてしまうなら、

鍵アカウントで呟いた方が良い。

 

実名を出して個人の力を上げていく時代だけれど、就活中のSNSは使い方次第では危険なんですよね。

関連記事:就活が不安な人に「心配しなくても良いよ」と言ってあげたい。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。