ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

農業を副業としてやるとか面白そう。

農業をやりたい、という若い人が最近は増えて来ていると思うんですよね。実際、私も最近は「農家ってどうなんだろう」みたいな事を考えています。

私は以前、農業に関わる事もやっていたのですが、収入とは関係なく、「空の下で働けるのってそれはそれで幸せな事だよなあ」なんて思ったのです。

 

もちろん、プロの方からすれば、「何を言ってるんだ。農業は副業でできるほど甘くはないよ。」という感じでしょうね。

 

でも、別に良いじゃない。農業を副業にするのも、面白いし、友人たちと集まって何かをするのが結構好きな方なんです。

 

 

自然と触れ合う機会ってほとんどないよね

 

 

そもそもなぜ農業を副業として始めてみようかな?と考えていたのかと言うと、「自然と触れ合う機会」が欲しかったからなんですよ。

私は東京に住んでいて、働いている場所も都会です。

 

ビルが立ち並ぶ大都会。こうやって形容すると、何だか凄い事をやっているかのように聞こえるけど、実際には人間的な暮らしではないように思うんです。

私たちは子供の頃、何をしていましたか?

 

多くの子供は公園に行って遊び、落とし穴を作ったりとか、おにごっこしたりとか、していたと思うんですよね。

まあ、今の子供たちはスマホで通信しながらゲームとかなのかな。でも、少なくとも私たちの時代は公園で遊ぶのが最高のレジャーでした。

 

新しいものなんて何もない。いつも同じ砂場。それなのに、毎日毎日、学校が終われば公園に遊びに行っていたのです。

 

でも、大人になったら、自然と触れ合うような機会なんてまるでない。私は一般的なサラリーマンに比べたら自然と触れ合っている方だとは思う。

 

トトロの森に早朝から出かけて、友人と虫取りをしたりとか、海に出かける事もあるしね。ただ、そうは言っても、

 

多くの時間を屋内で過ごし、休みとなれば飲みに行ってしまう。そんな生活です。きっと、多くの人がそうだと思うけど。

 

だからこそ、農業を副業として始めてみたら、自然ともっと触れ合えるのかな?なんて思っているのです。別に大きな収入になる必要はない。

何なら、栽培して友人が食べてくれればそれで良い。

 

何となく、自然と触れ合えるような、農業をやってみたいな、副業として成功したらなお面白いな、という感じなのですよ。

関連記事:仕事に疲れたあなたに簡単農業体験WWOOF

 

 

夢は1つじゃなくて良い

 

夢は1つにしなければならない、そう思っている人が実は非常に多い。でも、本当にそうなのかな?と思うのです。

 

皆さんにはやりたいと思っている事が実はたくさんあるはず。

 

  • 農業をやってみたい
  • Youtuberになってみたい
  • 起業してみたい
  • 不動産投資をしてみたい
  • 音楽スタジオを作ってみたい
  • お洒落なカフェを作ってみたい

 

何でも良いと思いますが、きっと皆さんにもやりたい事があると思うんですよね。私はこの中のものはだいたいやってみたいものなのですが、

農業はやってないんですよね。だからこそ、農業を副業としてやってみるのも良いかな?なんて思っているのです。

農業を副業でやる事はもしかしたら難しい事なのかもしれない。昔、私は農業系の仕事にも携わっていた、というか、そういったサービスを立ち上げようとしていた事があって、

 

農家の方々に話を聞いて回っていたから。どこの農家も「農家は儲からないからねえ」なんて事を言っていた。

後継者だっていないわけだし。長い事話していると、「君さ、うちの農場継いでくれる気はないかな?」なんて言われる事もありました。

 

だいたい3回に1回くらいの確率で言われた。

 

それくらい、人手が少なくて、大変なのでしょう。

でも、だからこそ、これから先の若い人たちが農業に副業として取り組んでみるのも良いんじゃないかな?と思うんですよ。

 

実際、今も兼業農家が多いしね。別に夢は1つじゃなくても良い。だから、やりたいならやってみれば良いのかな?と思うのです。

 

農業を副業にするのは大変だろうけど、将来的にはやってみたいかな。

関連記事:これからは10万円稼ぐ仕事を3つ以上持つ人が生き残る。

 

私の農業戦略

 

様々な農家の方々の話を聞いてみると、「廃棄する野菜や果物」がたくさん存在する、そんな事実を知りました。

JA、選果場の問題もあるけど、やはり、農家が儲からないのは「ネットの普及」が進んでいないからなんですよね。

廃棄されるようなものだって、欲しい人は欲しい。気にしない人は気にしない。

 

だからこそ、これからの農業を考えるためにも、ITの知識をいれて販売していく事が大切なのではないかな?と思います。

農業を始めるのであれば、私は「農家ブログ」を書くでしょう。にんじんとか、キャベツとか、そういった種類も絞るのであれば、

にんじん農家の日常」みたいなブログかな。

 

JAを通さなくても良い仕組みを作り、ネットで販売すれば良いんじゃないかな?と思っています。まあ、簡単な事ではないけれど、

 

今の仕組みは何だかおかしいような気がするのです。農業を副業にする事によって、何か別の見方ができるようになるかもしれない、という気持ちもありますね。

 

実際にやってみないとわからないわけですから。

 

そうそう、梨農家さんに話を聞きにいった時に、「あなた、ここらへんきたら、うちのトラックにある梨、テキトーに食べて良いよ」なんて言われました。

 

そんな粋な農家になれたら面白いな。農業を副業として成功させてみようかな、という予告です。

関連記事:サラリーマンは副業禁止の会社を今すぐ辞めた方が良い3つ理由

よく読まれている記事
関連記事だよ