ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

仕事を辞めたいと毎日思うなら我慢しなくてもいいんだ。だって私も同じだったから。

仕事を辞めたいと毎日のように思っている人っているんじゃないかな。日曜日の夕方くらいから憂鬱な気分になってきて、

なんで働いているんだろう?」と暗い気持ちになる人っていると思うんですよ。

 

なぜなら私もそうだったから。仕事を辞めたいと毎日思っていた事が私にもありました。職場に行ったら「働く」という選択肢しかない。

 

だから、否が応でも働く事になる。仕事に集中する。

 

でも、家に帰ると、ズドーンと重たい気持ちになってくる。そんな毎日だったように思います。

 

確かに仕事は大切。生活をしていくためにはお金だって必要だからね。ただ、仕事を辞めたいと毎日思うのであれば、我慢しない方が良いと思うのですよ。

我慢しても良い事はない。仕事を辞めた私が出来る限りの事を簡潔に伝えますね。

 

本当に辛い時にやってくる休日

 

仕事を辞めたいと毎日思っている人でも、辞められない人って多いんですよね。では、なぜ辞められないのか?というと、原因の1つとして「本当に辛い時にやってくる休日」があると思うんです。

 

仕事を辞めたいと毎日思ってしまうような環境で働いていたとしても、休日があれば、何とかやっていけるんですよね。

 

私の場合もそうでした。月曜日になると、「これから1週間ももつはずがない。」と思うのですが、連休や祝日などがあると、

あと少しなら頑張れるかもしれない」と思ってしまうのです。

 

仕事を辞めたいと毎日思っているにも関わらず、本当に辛い時になると「休日」が顔を出す。

 

不思議なものです。世の中はうまく出来ています。だからこそ、私はしばらくの間、辞める事が出来なかった。

 

本当に辛い時に休日が来るように世の中の仕組みはうまく出来ていて、私たちは世の中の流れにしたがって何とか仕事を続けてしまうのです。

 

仕事を辞めたいと毎日思っているのに続けるなんておかしいですよね。針で身体を刺し続けられているのに、休み休みであれば、何とかこなす事が出来てしまう。

 

そんな気持ち。

 

でも、我慢する必要なんてない。仕事を辞めたいと毎日思ってしまうような環境下で働く事は必ずしも正しいわけではないのだから。

関連記事:仕事を変えたい人が当たり前に転職する時代。

 

 

始める事は簡単だけど止まる事は難しいのよ

 

就活をして、内定が出て、働き始めてという一連の流れを「大変だ」と思う人はたくさんいる。

でも、本当に大変なのは「始める事」ではなく「止まる事」なのよね。

 

社会人として働き始める事って実は簡単です。どこの企業でも良いのであれば、普通の面接を受けて、普通の受け答えをしていれば、どこかの企業には拾ってもらえるから。

 

私もそうでした。就活では大手企業に特に苦労する事なく入る事が出来ました。その業界で言えば間違いなくトップの企業。

年収も全国平均の倍以上。

 

でも、辞める事、止まる事は思っている以上に難しかったのです。仕事を辞めたいと毎日思っていても、なぜか止まる事が出来ない。

 

辞めたいです」と一言言えば良いだけ。それなのに、なぜか言葉が出てこない。不思議だ。

 

プライベートではあんなにも饒舌なのに、「仕事を辞めたい」と伝える事はなぜか難しいのです。

 

私たちはどんな人でも、流されて生きている。気が付いていないかもしれないけど、周りの人や社会に流されて、影響されて生きている。

 

だからこそ、人と違う道を歩む事が怖い。恐怖を感じる。

止まる事って実は本当に難しいのですよ。仕事を辞めたいと毎日思っていたとしても、実際にレールから外れる勇気を持てないのが人間である私達の心理なのです。

 

でも、それでも私は止まりました。止まる事は大変でした。サラリーマン生活を辞めたあの日。でも書いたけど、とにかく大変だった。

 

ただ、辞めてよかったと思っています。仕事を辞めたいと毎日思うなら、自分の意思を大切にしてください。きっと「間違っていなかった」と後から思える日が訪れるから。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

 

 

親と彼女が寛容だった

 

仕事を辞めたいと毎日思っていた私は仕事を実際に辞めたわけです。では、なぜ辞められたのか?というと、「親と彼女」がよく理解してくれていたからという部分もあるんですよね。

 

私は私の「仕事を辞める」という決断を一人でしたと思っていました。自分で意思だけで決断した、そう思っていました。

 

でも、実際にはそんな事はなかったんだな、と。今は思う。

 

親と彼女は普通心配するじゃないですか。「この人はどうなってしまうのだろうか?」と思ってしまうものだし、実際に引き止める人もたくさんいるでしょう。

 

ただ、私の親と彼女は引き止める事はなく、「辞めたいなら辞めれば良い」というスタンスでした。今考えても、クレイジーですよね。

 

でも、そんな親と彼女のおかげもあって、仕事を辞めたいと毎日思う生活から抜け出せたのかな?とも思っています。

もちろん、私の意思もありましたけどね。背中は押されたんじゃないかな。

 

世の中には、仕事を辞めたいと毎日のように思っていても、実際に辞める事が出来ない人がたくさんいるでしょう。

 

親からの期待、世間体?

 

私たちは自分の行動を世の中や周りの人間に左右されている。だから動けない。

 

でも、仕事を辞めたいと毎日思うなら、辞めても良いんですよ。我慢する必要なんてない。我慢する事が偉いと思っている人だっているでしょう。

かっこいいのかもしれません。憧れるのかもしれません。

 

ただ、私には出来なかった。そして、今私はあの時した決断が「正しかった」と思っている。

 

将来の事が不安になってしまう事はあるかもしれないけれど、仕事を辞めたいと思う毎日なら、辞めても良いんです。

 

「辛いなら逃げる」

 

ただそれだけの事だよ。人間だって動物なんだ。辛か ったり、怖かったりしたら逃げて良い。

ぼくたちは当たり前に人間なんだ。

関連記事:「人と話さない仕事が向いている人もいるよね」という話。

よく読まれている記事
関連記事だよ