ブロガー「水瀬まりも」とは?
仕事

職場で喧嘩したら気まずくなるのは部下だから面倒なのよね。

職場で喧嘩をする人ってどのくらいいるのでしょうか。みなさんの周りでは職場で喧嘩をするなんて、あまりない事だと思うのですが、

 

職場での喧嘩って全くないわけではないのです。私の友人からも、先日「今日さ、上司と派手に喧嘩したんだけど、もうやめようかな?」という相談を受けたんですよね。

 

部下である友人が上司と喧嘩をしたために、気まずくなっているのですよ。でも、部下の立場だと上司と喧嘩する事が出来ない。

そんな状態だから、面倒なんだと思うんですよね。

 

 

年功序列の中で生きるサラリーマン

 

サラリーマンとして生きていく場合には年功序列制度の中で生きていかなければいけないと思うのです。上司の方が年齢的に低い事だってありますが、

基本的には年齢が高い人ほど、上の役職をもらっているものですよね。

上の人に対してサラリーマンは従っていく必要がありますし、それがサラリーマン社会だと思っています。しかし、この構図の場合、

 

部下は上司と職場で喧嘩をする事が出来ないと思うんですよね。仕事をくれるのって上司じゃないですか。だからこそ、職場で上司と喧嘩をしてしまったら、

 

「あいつにはもう頼まない」となってしまい、まともに働く事が出来なくなってしま事だってあるのです。

 

職場で喧嘩をしたくなる時もあるじゃないですか。でも、職場では上司というものが絶対的な存在になっているわけです。

 

だからこそ、上司と喧嘩する事なんて出来ないんですよね。上司がどれだけ面倒な人でも、どれだけ嫌な人でも、上司の下で働く事しか出来ない状態だと、

部下である過去の私や、今同じように苦しんでいるであろう皆さんは職場で喧嘩する事は出来ないのです。職場で喧嘩する事は物理的には出来るだろうけど、

 

職場で喧嘩をする事で孤立してしまうのですよ。

 

年功序列、縦社会で生きるサラリーマンの世界では、職場で喧嘩をする事が出来ないのです。出来るは出来るけど、それをしてしまったら、

もう働く事が出来なくなってしまう場合だってあるのです。

 

でも、そんなのおかしいよね。

関連記事:仕事でリーダーに求められる資質

 

本当に腹が立った事もありますよ

 

学校にいる時には、「相手の顔色を窺って言いたい事を言えないのは良くない」なんて教育を受けてきたのに、社会に出てみると、

 

「YESマン」だけが上司に好かれるような社会だという事に気がついてしまったのですよ。なんでですかね。おかしいですよね。

 

思った事を言わずに、上司がおかしな事を言っていても、それでも喧嘩をする事なく、穏便に過ごしていくスキルが社会においては大切なものだったのです。

 

私にも上司をぶん殴ってやろうか?と思った事があります。普段は穏やかな方だと自認しているのですが、自分が「おかしい」と思った事には意見をする方なので、

口で言った事はあるんですよね。でも、職場で喧嘩をするまではいきませんでした。

 

職場で喧嘩してしまうと、もうその職場にはいる事が出来なくなってしまうからです。ただ、辞める直前には、「もうどうでもいいか」と思って、

 

「◯◯さんはなぜそう考えるのですか?おかしいですよ。」と、反抗していたんですけどね。子供のままかもしれないし、

 

社会においては正しくない行為なのかもしれない。でも、だったらそんな社会で生きる必要なんてないな、と思って独立しました。

 

職場で喧嘩1つ出来ないなんておかしいのです。思った事があれば、上司でも社長でもきちんと自分に意見を言う事が大切です。

 

それが自浄作用にもなりますしね。

 

職場で喧嘩も出来ないなら、そんな会社は潰れてしまっても良いのですよ。職場で喧嘩出来るくらいがちょうど良いのです。

関連記事:職場で疎外感を感じている人って実はたくさんいる。

 

選択肢はたくさん持っていた方が良い

 

職場で喧嘩してしまった友人がいるのですが、彼は今転職活動をしています。もちろん理由は「上司と喧嘩したから」です。

 

職場で喧嘩をしてしまうと、力関係的に年下である友人の立場が弱くなってしまい、結果的には気まずい状態が続くんですよね。

 

だからこそ、職場で喧嘩をするって難しいな、と思うのです。ただ、だからこそ私たちは常に選択肢をたくさん持っていた方が良いと思うんですよね。

仕事を変えたい人が当たり前に転職する時代になっていますから、転職という選択肢を持っておいても良いだろうし、

 

独立したり、副業をしておくというのも1つの手段でしょうね。職場で喧嘩をするのかどうか、なんてわからないものなんですよ。

 

ある時、頭に血が昇って喧嘩をしてしまう事だってあると思います。だからこそ、そんな時のためにたくさんの選択肢を持っておくべきなのです。

 

私の場合、収入をできるだけ分散していました。大学生の頃から会社をやっていて、収入を分散していたからこそ、独立する事が出来たという側面もあるんですよね。

 

職場で喧嘩する事が出来ないのは「ここを辞めたら生活出来なくなってしまう」という危機感があるからなのです。

 

でも、まあどっちにしろ、今の環境だと職場で喧嘩したら気まずくなりますよね。私も最後の方が抵抗していましたが、

それは「辞める決断」をしていたからなんですよね。

 

職場で喧嘩出来ないのって、なんだかおかしな感じですよねえ。環境を変えていく事も大切だと思いますよ。

関連記事:向いてる仕事を診断した上で転職をする大切さ

よく読まれている記事
関連記事だよ