転職

仕事をバックレる人がいるのは仕方ないし、それで良いと思うんだ。

仕事をバックレる事って世間的には良くない事だとされていますよね。でも、実際には仕事をバックレたいと思っている人だっていると思うのです。

 

私もサラリーマンとして働いていた時には、「本当に嫌だ。もう無理、辞めたい。」とずっと思っていたので、よくわかるんですよね。

 

ただ、結構真面目な人が多くて、「仕事をバックレるなんて悪い事だ」と思い、会社を辞める事が出来ない人ってたくさんいると思うのです。

 

上司に言うのはやっぱり怖いよ

 

会社をバックレるのってなぜなのか?というと、上司が怖いからだと思うんですよね。上司が優しい人だったら、仕事をバックレる事なく、

きちんと上司に相談した上で、人事部と話し合い、辞めるという流れになると思うのですが、

 

上司が怖いと、上司に退職の意思を伝えるのだけでも怖いものなんですよね。退職を伝える日って、おそらく「金曜日」が多いと思います。

 

金曜日であれば、後の2日間は休みになっているので、電話で辞意を伝えるにしても、「辞めたいのか、じゃあ来週の月曜日にきちんと話そう」という感じになるんですね。

 

ただ、「金曜日に伝えよう」と思っていても、実際には中々伝える事が出来ないものなんですよね。退職の意思を伝えたら、

上司に怒られるのではないか?と思い、結果的には退職の意思を伝える事が出来ずに終わってしまう事が多いんですよね。

だからこそ、仕事をバックレる人が現れるのです。仕事をバックレる人がいると、「あいつはなんて常識のない奴なんだ」と思うかもしれません。

 

でも、誰も「仕事からバックレたい」なんて最初から思っているわけではなく、消去法で「バックレる」という選択肢しかなくなってしまったのです。

お前のせいだよ」という感じですよね。

普通に辞めることができるなら、最初からそうしていますよ。「ちゃんと辞めなさい」と言うけれど、そんな当たり前の常識なんて当然わかっている。人間なんだからわかるよ。

普通に辞められないから、仕事をバックレるんですよ。

関連記事:仕事を辞める時になると「嫌がらせ」を受け、我慢する人が多い。

 

仕事をバックレる人なんてたくさんいますよ

 

仕事をバックレる事って実は珍しい事ではないのですよ。仕事をバックレる事は珍しい事だと思っている人が多いと思いますが、

誰も言わないだけで、実は仕事が辛くて、突然失踪するような人っているものです。私もほとんどそんな感じでしたし。

私の周りでも、いたんですよね。証券会社のリアルすぎる現場でも書いたと思いますが、仕事が辛すぎる上に上司に言うのが怖くて、

 

仕事からバックレるような人って多かったんですよね。

 

証券会社とか、不動産系の会社にはバックレる人ってなぜか多いんですよね。大手企業に就職した人でも、バックレる人は多い。

だからさ、辛いと思ったら辞めてしまうのも別に悪い事じゃないんじゃないかな。

俺、会社からバックれたんだ!」なんて言う人はいないから気がつかないのかもしれないけど、本当はバックれた人なんていくらでもいるんです。

 

仕事をバックレるなんて社会人としては間違っているのかもしれません。社会人としてはきちんとした行動を取る事が何よりも大切である、と考えている人も多いでしょう。

 

ただ、仕事をバックレる人なんてたくさんいますし、会社側だって「仕事からバックレる人なんてたくさんいる」という前提で会社の体制を作っていると思いますし、

そうするべきだと私は考えているので、別に気にする事はないのですよ。

仕事からバックレる事だって大変な決断です。

 

上司に言えなくて、精神的にも参ってしまっているのであれば、仕事からバックレるという手段を使っても良いのです。

周りに何を言われてもね。

自分を守って良いんですよ。人はそんなに強くないから。

関連記事:「人と話さない仕事が向いている人もいるよね」という話。

 

 

死ぬより良いじゃないか

 

仕事からバックレるのは世間体にはあまり良い事ではないのかもしれません。周りの人たちから、上司から「社会人としておかしい」と非難されるかもしれません。

 

でも、死ぬより良いじゃないですか。仕事を辞めたくても辞められなくて、どうしようもなくなって死んでしまう人だっているのです。

 

私の周りでも、仕事が原因でうつ病になってしまった人がたくさんいます。だからこそ、死ぬ前に仕事からバックレる事だって悪い事ではないのです。

正論が常に正しいわけじゃないよ。正論が目に見えない槍になって、死んでしまうことだってある。

 

命があったら、私たちは何でもできるけど、死んでしまったら何もできない。

これは真理だと思う。仕事からバックレる事を批判する人もいるけど、それは強いから言える事。世の中には上司に言う事が出来ず、

そのまま死んでいく人たちだっている、という事を理解するべきなのです。

 

仕事からバックレるという選択肢を取れればまだ良い方です。それすら出来ない人が世の中にはたくさんいて、

 

仕事をバックレる事さえも出来ない人は、何も言わず、ただただ閉じこもってしまうか、自ら命を捨ててしまうのです。

 

仕事でバックレる?良いじゃないですか。バックレるという選択肢しか用意する事が出来なかった会社が悪いのです。

相手のことを考えろ」とか「社会人としての常識を持て」とかさ、そんなことができたら最初から辞めていると思う。

 

良い事ではないのかもしれないけど、生きていた方がずっとずっと良いのです。生きたくても生きる事が出来ない人なんてたくさんいる。

そんな人からしたら、「仕事をバックレる」なんて大した事ではない。生きているだけ、それだけで幸せな事なんですよ。

 

世間体?将来?そんなものは生きていなければ感じる事が出来ないものなのですから。

明日から休んでしまっても、別にそれは悪いことじゃないよ。周りの人は反対するかもしれないけど、本当につらくて死にそうなら、逃げて良いんだよ。

関連記事:転職したい理由を考える時に大切な事とは?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。