ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

Twitterで悪口言ってる奴、かっこ悪いし可哀想。

Twitterによく悪口を書いている人がいますが、あれって本当に無駄なことだと思うんですよね。

 

私もこうしてブログを通して自分の思っていることを発信するようになったりTwitter運用するようになりましたが

そうすると必ずと言っていいほどTwitterで悪口を書いてくる人がいます。

 

でもそのたびに可哀想な人だなと思うですね。

本当に格好悪いし、Twitterに悪口を書いても何もいいことなんてないのです。

 

匿名で意見を発信することができるTwitterで仕事の愚痴や人の悪口を書いてしまう人もいるかもしれません。

 

誰にもバレない場所だからこそ悪口は書きやすいですよね。

でもTwitterに悪口を書くのってものすごく自分にとって損なことだと思うのです。

 

人の悪口って何の得にもならない

 

人の悪口を言っても自分にとっては何の得にもならないということを悪口を言っている人は気づいた方がいいんです。

Twitterに誰かの悪口を書く時間というのは自分の人生の時間を無駄にしています。

 

たった毎日5分や10分そこらかもしれませんが、それが毎日積み重なったらどうでしょう。
1日10分あれば一週間で1時間を超えます。

月にして4時間。

 

自分の嫌いな人のために時間を使ってしまっている。

その事実に気づくことができない。

 

1日10分あればその10分で新しいスキルを身につけることができるかもしれません。

TwitterをいじっているのであればTwitterでニュースを読んで世界情勢に詳しくなることだってできるかもしれません。

 

そんな時間を自分の嫌いな人のために費やしてしまっているのです。

 

だからこそ私は悪口を書かれた時に、「この人は人生の時間を使って自分に悪口を書いてくれてるんだな、自分に興味があるんだな」と思ってしまって逆に嬉しくなります。

悪口を言うのって結構生産性がないことなんですよね。

関連記事:悪口を言わない方が良い理由

 

誰かに悪口を見てほしいと思ってる

 

悪口というのは独り言でつぶやくのでもいいしノートに書き出してみるだけでもいいはずなのに

それをわざわざTwitterで書いてしまうということは誰かに自分の悪口を見てほしいという意図があるからなんだと思います。

 

悪口で仲間を作ろうとしてしまってるんですね。

 

でも悪口で仲間を作ってしまったらきっと悪口を言うのが好きな人しか集まってこなくなってしまいます。

そしたら自分の周りに悪口を言う人ばかりになってしまう。

 

いつかその悪口の矛先はきっと自分にも向かってくるでしょう。

 

その人達の周りにいては自分が下げられることになってしまいます。

 

悪口ばかり言う人と一緒にいると自分が疲れてしまうと思うんですね。

実際タイムラインに悪口が書かれているととても嫌な気持ちになります。

 

私なんかはせっかくフォローしてても悪口が多いアカウントなんかはすぐにブロックしてしまいます。

だって人の悪口を言ってるアカウントなんて誰も見たくないから。

 

悪口を書くということは誰かに悪口を言っている自分を見て欲しいと思っている証拠。

そんな人のアカウントなんて見たくないです。

 

Twitterを独り言をいう場所というように勘違いしているような人もいますが

実際にはネットの海に悪口を投げているわけで、誰かしらには届いてしまっているものなんですね。

 

実際にフォロワーがいないアカウントでさえも、何かを呟くとインプレッションはつくものです。

自分の汚い部分を率先して人に見せているって恥ずかしくないですか。

関連記事:悪口を言う人が嫌われる理由について教えよう。

 

自分は性格悪いですアピールになってしまってる

 

自分は公の場で悪口を言えるような人間なのだということをアピールしてしまっていることにもなると思います。

 

客観的に見て悪口を言われている人の方が悪い場合だったとしても、

それでも簡単にTwitterなどで誰かを悪口を言えてしまう人なのだ、と思われてしまえば周りの人から信頼されない人になってしまうでしょう。

 

悪口ばかりを言っている人って、「この人自分の悪口も言ってそうだな」と思われてしまうものです。

 

実際悪口を言う人って誰の悪口も言いますからね。

関連記事:信用できない人の特徴3選

 

自分の得になることしよう

 

人生の時間というのは限られています。

 

もしかしたら明日死んでしまうかもしれない可能性の中で私たちは生きているのですから、

人の悪口を言うなんてつまらないことで時間を割くのはもったいないです。

 

そんな人がタイムラインにいたらその人はその程度の人なのだと憐れんであげてください。

 

そして匿名のアカウントでしか悪口を言うことができない臆病な人なのです。

 

面と向かって人に意見を言うことができないからこそ匿名のアカウントで悪口を言うような人になってしまうんですね。

 

実際そういう人が今の日本社会にはとても多いので悲しいです。

Twitterで誰かに悪口を言われたという経験がある人もいるかもしれません。

 

でもTwitterで悪口を言う人はその程度の人なのです。

そんな人に自分が傷ついてあげる必要はありません。

関連記事:暗い人と一緒に仕事をしたら自分も精神をやらるから気をつけろ

 

では今日はこのあたりで。

よく読まれている記事
関連記事だよ