仕事の悩み

暗い人と一緒に仕事をしたら自分も精神をやられるから気をつけろ

世の中には明るい人と暗い人がいますが暗い人と一緒に仕事をすると自分も嫌い気持ちになってしまって精神的にストレスを感じてしまうと思うんです。

 

実際に私が仕事をするときに暗い人と一緒に仕事をしなくてはいけなくなってしまって

かなり精神的にストレスを感じたんですね。「暗い人とは一緒に働きたくない〜」と思ったんです。

 

暗い人と一緒に仕事をするとどんな影響を受けてしまうのか?そんなことを私の経験をもとに書いていきますね。

 

暗い人を見ると暗くなる

 

まだ暗い人を見るとこちらまで気分が暗くなってしまうというのがあると思います。

 

人は周りの人に影響を受けながら生きていますから、

やっぱり笑顔で話しかけられたらこちらも楽しい気持ちになるように、暗い話し方をされるとこちらも気持ちが暗くなってしまうのです。ありませんか?みなさんも。

 

私が仕事で一緒になってしまった暗い人は、どうもネガティブオーラが漂っていてバックに紫色のモヤが見えるような雰囲気でした。

私はスピリチュアルなものを信じるタイプではありません。しかし、その人には何か感じてしまうんですよね。

モヤモヤモヤと紫色のオーラが見えてくるんですよ。スピリチュアルじゃないよ。そういう雰囲気がね……

 

話をしていても、話の内容が必ず暗い方向に行ってしまうのです。そういう暗い人に出会ってしまうと、こっちまで暗くなってしまうのです。

関連記事:ネガティブな人の特徴を3つ紹介しよう。

 

暗い人を見るとイライラする

 

暗い人を見ているとどうしてそんなに暗いのか理解ができなくてイライラすることもあると思うんです。

 

暗い気持ちというのは伝播していきますから、例えば仕事で暗い人と一緒になってしまってその人と一緒にクライアントと会う、みたいな機会があった時に

クライアントにも悪い印象を与えてしまいかねません。

 

仕事でクライアントと会っているのですからクライアントの前だけでも取り繕ってほしいものですが、

暗い人はクライアントに対しても暗い話し方になってしまうので、話がうまく進まないことが多いんですね。相手は相手で、仕事であっても暗い人となんて会いたくないわけですよね。

 

こうなってくると自分の仕事自体にも悪影響が出てくるのでとても迷惑です。

クライアントの前くらい明るく振舞ってよ〜」と心の底から思ってしまうのです。

関連記事:仕事が疲れるから行きたくなかったのに、いつの間にか慣れて怖い。

 

自分の自信も削がれる

 

暗い人と一緒に仕事をしているとだいたいそのくらい人はネガティブなのでネガティブな発言が仕事場でも多くなると思います。

 

何か新しい企画にチャレンジしようという時に暗い人と一緒に仕事をしていると、新しいチャレンジに対してもネガティブな発言をすると思うんですね。

自分ではそう思いたくなくてもどうしてもネガティブな発言をされてしまうと自分の自信さえも削がれてしまうということがあると思います。

 

私も仕事で暗い人と一緒に新しいことにチャレンジしていかなくてはいけないことがあったのですが

  • 「本当にそれできるかな?」
  • 「それはできないんじゃないかな」

というような後ろ向きな発言が多かったり、意見を求めても何も考えずに「そうだね」としか返ってこなくて、

仕事をすること自体が嫌になってしまったんですね。全て否定されたら、嫌な気持ちにもなりますよ。

 

暗い人と一緒に仕事をすることによって自分自身も仕事に対して自信を失ってしまうことがあるので

やはり暗い人と一緒に仕事をするのは辛いことだと思います。

 

暗い人と一緒にいると、成功するはずの仕事も、始めることができずに終わってしまうことがあるんじゃないかな、と思う。

関連記事:人間関係の悩みはどうして生まれるのか

 

仕事が全然進まない

 

ネガティブな人、暗い人というのは、自分に自信がないため新しいことにチャレンジするのが苦手です。

 

なので仕事でやらなくてはいけないことにも消極的になりがちで、

暗い人のせいで仕事が全然進まなくなるということがあるんです。

 

どんなに一生懸命働けても、暗い人には響かないということがあります。

 

こうなってくると本格的に自分の仕事を邪魔されているような気持ちになり、仕事に対してストレスを感じてしまうようになると思うんです。

関連記事:職場でのストレスが限界なら逃げれば良い。

 

集まると悪口ばかりになる

 

暗い人というのは人と集まると人に悪口を言うことが多くなります。

 

普段はあまりおしゃべりではないのに、暗い人と一緒に食事に行ったりすると誰かの悪口が始まったり、自分の仕事の愚痴が始まったりして

暗い人がよく喋るようになるということがあるんですね。

 

私もこういうことがあったのですが、人の悪口や仕事の愚痴ほど聴いていて楽しくないものはありません。

 

悪口や愚痴というのは言うだけでストレスを発散することができるかもしれませんが

建設的な話であることがないので、「ではそのために何を解決しなくてはいけないのか」という方向には向かわないことが多く

延々と悪口を聞かされるだけになってしまうのです。

 

それではこちらも精神的に疲れてしまいますよね。ネガティブな人は周りにも悪い影響を与えているのです。

自分がネガティブであればあるほど、周りの人のこと愚痴を言いたくなるものなんですよ。なぜかね。

関連記事:仕事の愚痴ばかり言っている人はきっとその仕事好きじゃない。

 

合わない人と仕事してはいけない

 

暗い人はどこにでもいるもので、暗い人と一緒に仕事をしなくてはいけないくなるということも会社に就職するとあるでしょう。

 

しかしどんなに仕事の内容が自分にとって面白いものだったとしても、

一緒に働く人を好きになることができないと仕事自体が楽しくないものになってしまいます。

 

仕事場の人間関係に辟易しているのであれば、仕事を変えてみるという選択肢も考えてみた方がいいかもしれません。

 

私はどうしても暗い人と一緒に仕事をするのがつらかったので、もうその仕事は二度とやらないことにしました。

だって、つらいんだもん。

 

一緒に働く人を選べるような働き方をしていきたいと思ったんです。

 

そういう意味では人間関係に悩まないような仕事はとてもオススメです。

 

仕事を辞める人のほとんどが人間関係で辞めるのですから、どのような人たちと働くか選べるような働き方をした方がいいかもしれません。

関連記事:一人で黙々と仕事が出来るならブロガーに向いてますね。

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。