バイト

大学生はバイトをするべき?

高校生だとバイトが禁止されている学校ってありますけど、大学生になったら違いますよね?

大学生になったらこぞってみんなバイトの求人情報誌を見て、自分がやりたい仕事を探します。そしてそのお金を使って、服を買ったりとか飲みにいったりするわけです。

 

大学生になるまで自分で稼いだことがなかったひとは初めてお金を稼ぐ体験をそこですることになります。そして、自由に使えるお金というのが出来るようになるんですね!

 

でも、大学生って本当にバイトしたほうが良いの?私はもちろん良い面もたくさんあるとは思いますが、大学生からバイトをするのってちょっと危険な気もしているんです。

 

なにもお金を稼ぐな!なんて言っていません。「稼ぐ方法に問題がある」って言っているんです。

 

 

バイトではなく、自ら売上を作る?

皆さんは皆さんのお父さんをいつお父さんだと認識しましたか?きっといつの間にか認識していましたよね?

それは生まれてきて最初に接するひとということもありますし、その後もずっと接している人だからということでもあります。

実はこれと似たようなことが大学生のバイトでも起こってしまうんですよ。

先ほども言った通り、多くのひとが最初に稼ぐお金ってバイトで稼いだお金なんですよね!

すると、どうなるか?

バイトや雇われてお金をもらうということがお金を稼ぐ一番ポピュラーな方法だと思ってしまうんです。

 

これって実はとても危険なことで、どこかに所属して時間に対してお金をもらうことしか考えることが出来なくなってしまうんですよ。

お金をたくさん稼ぐには自分の力で稼ぐことが一番効率的です。そしてその後はお金に働いてもらうということが一番良いんです。

でも、こういった考えって教わりませんよね!日本は金融知識についてはほとんど教えていませんから。

本当は稼ぐ手段ってバイトや会社員だけではないのにね!

私は大学生として時間のある時ほど、自分の力で稼いでみるってことをしたほうがいいと思います。それは別に訪問販売でもなんでもいいんですけど!

これを行うことによってその後の考え方が全然違ってきますよ。

日本において起業するひとが少なくて、多くのひとが大企業を目指す人が多いのもこういった現状が原因でしょう。

バイトって貴重な経験ですけど、危険な面もありますよ!ってことですね。

関連記事:大学生に在宅ワークをおすすめする理由。

バイトは必要以上にやる必要なし!

 

これは本当に思います。大学生の時って時間がたくさんありますよね?特に夏休みとか信じられないくらいあります。

 

でも、こういった夏休みの時期にバイトをいれまくっていた人はいませんか?これって本当になんでだろう?って思っていました。

 

もちろん奨学金とかを返さなくてはいけない!ってひとは別ですよ?

 

お金にも余裕があるのにやっているひとは本当に損をしていると思います。

 

大学生の時って本当になんでも出来るんです。商売でもなんでも自由にすることが出来るんですよ。

 

だったら自分ためになることに対して自分の時間を使ったほうがいいのにな!って思うんですよ!

 

例えば、プログラミングです。プログラミングスキルってこの先絶対に必要になってくるんですよ!でも、学ぶことを拒否しているひとって私の周りでもかなりいます。

 

ホントはやってみるととても簡単なんです。

 

簡単なウェブサービスくらいならすぐに作れるようになれますよ。でも、プログラミングって聞くだけで拒否反応を示すひとってたくさんいるんですよね!絶対やっったほうがいいです。

 

大学の時ってせっかく時間があるんだから自分のためになることをやったほうがいいと思うんですよね。私は特に「何があっても生きれる能力」を備えることが大切だなって思っています。

 

これがあるとないとでは生きていく上での不安が全然違います。

 

雇用されることが全てではなくなってきたりとかリストラが怖くなくなったりとか利点を言えばたくさんあるんですよ。

 

バイトをして月に使うだけのお金を稼ぐことは大切ですよ?でも、そのお金って貴重な時間を捧げてもらったものなんですよ。

どうせ、新卒として企業にはいるのであればその時にお金なんてもらえばいいじゃないですか!必要以上のお金を学生の時に稼ぐ必要なんてどこにもないんです!

 

自分の時間って有限です。だからこそ、大学生の時は時間を有効に使いましょう。バイトに多くの時間を使ってしまうなんて無駄ですよ。

関連記事:中高年でもアルバイトをしたい人ってなんか増えてない?

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。