ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

人生の目的はきっとあると思う。

人生の目的って何だろうか?

 

サラリーマンとして働いて、家族を守る事でしょうか?それとも、起業して社会にイノベーションを起こす事でしょうか?

きっと人生の目的なんて人それぞれで違うものだと思いますし、人生の目的を持っていない人だって実はいるんじゃないかな?なんて思うんですよね。

でも、私は誰にでも人生の目的は存在していると思っているのです。

 

人生の目的がないと思ってしまうのはなぜだろう?

 

自分には出来ない

 

人生の目的がない人っていると思いますが、なぜそうなってしまうのか?というと、「自分には出来るわけがない」と思ってしまっているからだと思うんですよね。

人生の目的のようなものが頭の中にふわっと浮かんで来たとしても、「あの人みたいにはなれないし、自分には特別な能力もないから無理だ」と思ってしまう事があると思いますし、

そういった自信のない人が多いんじゃないかな?と思うのです。

 

自分には出来ないと思ってしまえば、当然、人生の目的を作っていく事は出来ないはずです。でも、実は最初から「自分は出来る」と思う必要なんてないし、

それでも人生の目的を作ってみたら良いと思う。それがどんなに大きな夢でもね。

 

親からの教育

 

人生の目的を持っていない親の方が多いはず。だからこそ、そういった家庭で育ってしまうと、人生に目的等なく、

ただ平凡な毎日を過ごしていく事だけが正しい事だと思ってしまう人だっていると思うんですよね。親からの影響というものは子供にとって大きく、

 

人生を大きく左右するものが「親からの教育」なんですよ。子供は親の背中を見て育つものです。親が起業家として頑張っているのであれば、

子供も同じように、人生において大きな目的を持つようになるでしょう。実は自分が生まれ育った環境というものは大切な要素の1つなのですよ。

私の場合は親が起業家だったので、その影響もあり、「人生には目的があるんだ」と思えているように思います。

 

誰も教えてくれない

 

人生の目的を作るだけの基礎的な考え方や、体験談を誰も教えてくれないという点も大きな要素の1つだと思うんですよね。

学校に行ったところで、人生の大きな目的を持っている人がいるわけではありません。歴史だったり、数学を教えてくれる事はあっても、

人生の目的や、努力して成功した体験談を教えて教えてくれる場所ではないのです。だからこそ、人生の目的を持つだけの精神性が身についていない事が多いのですよ。

身近な人が目的を持って生きていたら、刺激を受けて、「何か人生の目的を持ちたい」と思うものですが、身近に「参考に出来る人」がいない限り、

 

自分で人生の目的を決める事って出来ないんじゃないかなと思います。

関連記事:人生の決断をする時は人に相談しても意味がない。

 

 

目的が出来て変わった事

 

1日の価値が変わった

 

人生において何の目的も持っていない場合、1日の価値を意識する事なんてないと思うんですよね。しかし、人生の目的が出来ると、

1日の価値が大きなものに感じるのです。私にも人生の目的がふわふわしていて、何となく無気力になっていた時期がありますが、

 

その時にはどの1日を切り取っても、「他の日と変わらない」という状態だったので、1日には何の価値もなかったのです。

 

でも、人生の目的を持つと、「いつまでにこれをしなければいけない」という気持ちが強くなり、1日1日を一生懸命生きるようになるんですよね。

 

無駄な飲み会には行かなくなったし、1日1日を無駄にしないようになったと思うのです。

 

辛い事がなくなった

 

人生の目的を持つようになると、辛い事も辛いと感じなくなったように思います。何か夢を持っていたり、大きな目的、目標があると、

それだけでなぜか私たちは強くなる事が出来るものなんですよね。何の目的もない時には「ああ、また辛い事があった。」と落胆するだけの情けない人間だったように思う。

 

でも、人生の目的を見つける事が出来てからは、辛い事が辛い事だと思わなくなったのです。私の場合はこうやって不満や自分の気持ちを記事にしているという側面もあるので、

 

より、一般の人が辛い事でも、辛い事だと思わなくなりましたね。そう考えると、ブロガーって良い職業なんですよ。

何か嫌な事があっても、ブログで発散させる事が出来ますからね。

 

人生の目的を持つ事って本当は大切な事だと思うし、もっと人生の目的を持つ人が増えたら良いのにね。

 

もっと生きていたいと思った

 

私は父親が短命だった事もあり、何にとなく「早めに死んでしまうのかな?」なんて思っていたのですが、人生の目的が出来ると変わるものですね。

いくつになっても、生きていたいと思うようになったのです。別に自殺願望があるわけでも、死にたいわけでもないのですが、

 

何となく40歳まで生きられるのかなあ?とかそんな事を考えていたので、人生の目的が出来た事が嬉しかったのです。

もっと生きていたいという根本的な願いは私たち人間に大きな力を与えると思っています。人生の目的があるのと、ないのとでは、

 

考え方がきっと異なってくると思うのです。

関連記事:人生を楽しむには出来るだけ自分に優しい方が良い。

 

 

好きだと思えるものなら何でもやってみれば良い

 

人生の目的を見つけるためには、好きだと思えるものを何でもやってみれば良いと思うんですよね。私たちは新しい事に対して抵抗感を持つ生物です。

だからこそ、「プログラミングに興味がある」とか「スキーをやってみたい」と思っていても、中々行動には移さないものなんですよ。

 

しかし、人生の目的を見つけるためには、出来るだけ多くの「好き」と出会う必要があるのです。私もこのサイトが仕事になるとは思っていませんでしたし、

ブログを書いて生きていくなんて考えた事もなかったけど、

思い返してみれば、小学生の時に自分でサイトを作り、中学・高校ではブログを更新していました。

 

当時で1日に800PVくらいはあったと思います。そして、今は文章を書く仕事をしているんですよ。

 

人生の目的なんてどこで決まるかわかりません。私はこのサイトを通じて「もっと生きやすい人が増える事」を目指しています。人生の目標ですね。

 

もっと大きな目標を言えば、「世の中から寂しいと思う人を減らしたい」というものがあります。これはまだまだですね。

人生という長くも短い時間の中で実行していこうと思います。自分が今熱中している事が人生の目的になるかもしれないし、

 

人との出会いから目的が生まれるかもしれない。だからこそ、より多くの時間をたくさんの「興味関心」に投資するようにしてください。

そうすれば、人生の目的なんて簡単に見つかるものです。

 

人生の目的を持つって本当はとても大切なものなのです。

関連記事:人生は迷いながら、うつろうもの。

よく読まれている記事
関連記事だよ