人生に悩む君へ

息抜きの方法なんて考えるから疲れるんじゃないの?

仕事でもなんでもそうですけど、疲れたら息抜きをするひとって結構いますよね?でもこれって実際いらないんじゃないかな?って思っています。

息抜きをする方法って何だろうか?と考えて、休んでみる。たしかに大切なことです。

 

息抜きって疲れた時にするものだと思っていますよね?でも、それって実は違って息を抜いている時に一番疲れているものなんですよ。

私はそう感じたのです。

 

それが特にやらなければいけないことを放棄している時は。私たちって息抜きは必要だ!っていって育って来ています。でもそれって本当だろうか……。

私は逆に息抜きをしなければ!!!って先入観というか固定観念みたいなもののせいで疲れているような気がします!

だったら息抜きなんていらないんじゃん?

息抜きの方法なんて考えなくても良いんじゃないかな、と思ったのです。

 

ずっと頑張っていると疲れない?

 

これは私の経験に基づいています。確かに、勉強でも仕事でも疲れる時ってありますよね?でもそれって実は一過性のことが多いんですよ。

 

疲れていると思っているからこそ疲れてしまうんです……。息抜きの方法なんて考えているから疲れる。

 

私は毎日ほぼ休むことなく色んなことをやっていますが、だからといって疲れません!起きる時間も多くの人達よりも早いでしょう。

最近は少しばかり遅くなってきたけどね……。

 

ではなぜ疲れないのか?それはずっと頑張っているからなんですよ!(精神的な疾患がある場合はやってはいけませんが!)

頑張っていると、ある時「そろそろ休みたい!!!息抜きの方法って何だろう?」って物凄く思う時があります!それは楽しいことをやっていても思う時はありますよ。

 

でも、そんな時に少しだけふんばるんです。するとどうなるか?体力のデフォルトが変わってくるんですね!そして頑張ってやるモードに常になってくるんです。

 

人間って習慣の生き物です。休むことが当たり前になってしまうとそれがなければやっていけないような身体になってしまうんです。

例えば、大学の授業って基本的には楽ですから凄く休みが多い訳です。では高校の時を大学時代から考えてみましょう。

すると今では想像することもできないくらい勉強していたことに気がつきませんか?授業中に抜ける事も出来ないし、教師からは指されるし大変なことばっかりでしたよね?

 

息抜きの方法なんてものも考えていなかったと思う。

でもその時はそこまで大変だとは思っていなかったはずです!つまりその時は授業が大変なことがデフォルトになっていたんですよ。

このように、一回楽な状況に身を置いてしまうとそのあとそれが当たり前になってしまうんですよ。GW明けに自殺者が多いのもこれです。

それまでは辛くても毎日通うことが日課になっていたのに休みになったらデフォルトが変わってしまったんですね。

 

 

つまり、辛さの基準が変わってしまったんです。すると途端に辛さが増してしまうんですよ!休むから疲れるってお分かりいただけたでしょうか?

息抜きの方法を考えるから疲れるのです。

関連記事:起業家にとってのアーリーステージでの投資について

 

 

息抜きをするなら短時間にしよう

 

息抜きをする時って結構皆さんたくさんの時間を使ってまとめてしますよね?それでストレスを発散していると思っているひともいると思います。

でも、それはあとで辛くなってしまうだけです。それなら毎日毎日自分のやりたいこと、やるべきことをやったほうがいいですよ。

息抜きする方法をネットで検索すればするほど、疲弊してしまうのではないか?と思う。

 

もしも、いまやりたい仕事をやっていないならもう辞めてしまいましょう。どうにかなります。

その方が大事だと思うんですよね。好きなことをやっている時って息抜きの方法なんて考えないものですから。

 

息抜きは10分〜30分程度でやったほうがいいです。これは私の経験から言える事!1時間やって1時間休むとかって一見効率的なことを考えるひとっているじゃないですか?

 

でも、やった時間と同じくらいを休んでしまうと頑張ることが普通ではなくなってきてしまうんです!だからこそ、短時間にしたほうがいいですよ。

 

最初ってこれを辛いと感じるひとも結構いると思います。例えば、私は隙間時間とかも仕事をしているのですがそういったことがストレスになってしまうひとっていますよね?

 

でも、これやってみるととても気持ちが良いです!(私がMなのもあるんですけどwwww)

息抜きの方法を考えるより、私はこっちの方が好きです。

 

それに休むという癖もなくなりますしね!長期的な休みとかとったらたぶんなんも出来なくなってしまうんだろうな!って思っています笑

休みが必要だと思っているひとは逆にその休みをなくしてしまいましょう!休みがあって仕事があるから嫌になってしまうんですよ!笑

 

仕事も楽しい事なら頑張る事が出来るはずです!

本当につらい時は別ですよ。精神的にきつかったり、病的な何かがあるなら絶対に休んだ方が良いのですが。

関連記事:ただ努力しても報われないから成功する方法を考えるべきだ。

 

私の場合、ランチをしている意識も飛んでいます

 

ランチをしている時って皆さんどうしていますか?外に食べにいったりとか会社のなかでとか色んなパターンがありますよね。

 

楽しく会話したりとかそういうひとが結構いると思うのですが、私はそれともは正反対でランチの記憶がなにもありません笑

 

ランチの時間ってもちろん美味しいものを食べたいので味は楽しむんですけども、食べながらパソコンで作業してたりとかスマホで本を読んでいたりとかしてそっちが主になってしまうんですよね!

 

そうするとどうなるか?

 

 

あれ?今日昼食べたっけ?

 

 

こういう現象が起きるんですよ。

このせいで二度ランチにいきそうになったこともあります。息抜きの方法なんて全く考えていません……。

 

でも、そのくらい隙間の休みもなくやっているとだんだんとプライベートもくそもなくなってくるんですよ!もちろんそれは楽しいことをやっているから出来ることなんですけどね!

 

 

常にオン状態になっているかもしれないのですが、その方が良い利点もあります。それは重要な決断を下す時に決断が早くなるということです。

関連記事:「重要な決断を下す時」に私がしている2つの事!

 

結構大きな単位の決断をする時というのがありまして、そうするといつも仕事モードになっていたほうがいいわけですね!

その方が感覚も鈍くなっていませんし、なにが正しいのか?ということを考えるための能力も100%で稼働しています。

適当に決めてしまったことって大抵悪い方向に進むことが多いものです。

 

だからこそ、ずっとやっていたほうがいいんだと思いますよ!その方が楽しいですしね!

 

 

息抜きが大切だと思っているひとはまずは毎日頑張ってみることを始めてみましょう!笑

息抜きの方法を考えるのはもっと後になってからで良いじゃないですか。

私はそう思っています。

関連記事:人生はチャンスの連続なんだよ、ホントは。

 

 

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。