ブロガー「水瀬まりも」とは?
人生

孤独な人生の中で街の喧騒に安心した自分がいた。

皆さんにも孤独な瞬間ってあるんじゃないかな?って思うんですよね。どんなに明るい人でも、人の命が有限である限り、

どこかで孤独を感じてしまうものです。私は生きてきて、孤独なんて感じない人だと思っていた。別に何かに不自由した事もなかったし、

何かに苦労したわけでもなかった。

確かに、病気で苦しい時とかはあったけど、それでも孤独を感じたわけではなかった。

 

でも、どんな人でも孤独は感じるものなんですよ。人生におけるどこかのタイミングでね。

 

頼る人が誰もいなかったあの時

 

この話は度々していると思いますが、私は大学生の時に父を失っています。経営者であった父が亡くなった時には、「この後どうなってしまうのだろうか?」と思ったものですが、

それ以上に辛かったのが、「頼る人が誰もいなかった事」なんですよね。

 

大切な友人がいたから、友人にだけは頼る事が出来た。でも、会社の事だったり、お金の事だったり、自分の精神的な部分だったり、

何かよくわからないのですが、父が亡くなった当時は本当の意味での「孤独感」があったんですよね。本当に孤独だった。心底から孤独だった。

 

頼る人が誰もいないってどんな状況だろうか?と考えた事はありますか?自分の声がどんどん小さくなっていくようなそんな感じ。

自分の声が世界のどこにも届かなくなってしまうのだろうか?そんな風にも思っていました。

頼る人なんて誰もいなくても、生きていく事は出来ますよ。私だって、その時には辛いと思っていたけれど、それでも生きていた。

どんな状況でも、生きていたかった。

 

それが父との約束でもあったような気がしたから。でも、それでも誰にも頼る事が出来ない、そんな日々は辛く、悲しいものだったのです。

当時大学生だった私は会社経営もしていましたが、大学にも通っていました。浪人してまで入った大学だったから、どうにか卒業だけはしたかったのです。

父が亡くなった時はちょうど「期末試験」だったのですが、全ての単位を取ったのを今でも覚えています。自分で褒めるのは何だけど、凄いよね。

 

でも、どんな偉い事をしても、誰かも褒められる事はない。母は生きていたけれど、息子の事に構っていられるような状態ではありませんでした。

毎日家に帰れば泣いている母。

そんな中、私の心の中の「孤独」だけが静かに広がっていくだけだったのです。

関連記事:フリーランスが抱える「孤独」と向き合い方。

 

頼っていないつもりで誰かに支えられているもの

 

私たちは日常生活において「寂しい」と感じる事はあっても、「孤独だな…」と感じる事は少ないと思うんですよね。でも、それは「頼っていないつまりでも、誰かに支えられているから」なんですよ。

 

自分では一人で生きていると思っている。きっとそんな人が多いでしょう。

 

でも、本当は親だったり、兄弟だったり、そんな存在に愛されていると思うのです。だから、孤独を感じる事なんて日常生活ではないのです。

ただ、人間は生きては死んでいく生物です。私なんて「つい最近生まれてきたのに」といつも思っているのですが、

それでも、いつかは死んでしまうもの。そして、先に死ぬのはだいたい自分ではなく、自分にとって大切だと思っている人だったりする。

 

特に親は多くの場合、自分より先に死んでしまう事が多いのです。だからこそ、皆さんもどこかで「孤独」を体験する事はあるのですよ。

絶対にね。

だから、いつかやってくる孤独を避ける事は出来ない。迫り来る壁からは逃れられないのです。

 

でも、そんな時こそ「先に孤独を経験した人」がネット上だけでもいたら嬉しいじゃないですか?だから、今、私はこうやって記事を書いているのです。

 

誰もがいつかは抱える孤独について書いているのです。

 

孤独は人の心を細くしてしまう時だってある。だから、「もう生きていても何の意味もないのかな…」なんて考えてしまう人だっているよね。

 

でも、そんな時にこの記事を読みにきてくれれば良いな。

関連記事:覚悟を決める事で少しずつ人生って変わるものだと思う

 

それでも生き続けようよ

 

父が亡くなってからどこかで自分の心の中に潜む「孤独」と闘ってきたような気がする。水の入っていないガラス瓶のように、一見綺麗に見えるけど、

 

叩いてみると、中身は空っぽ。そんな孤独な人生の中で生きてきたように思う。あの当時、私は一人で街を歩く事が好きでした。

孤独な人生の中で「誰でもない自分」になれるような気がしたから。

 

それまで「嫌いなもの」だった街の中で私は安心したのです。

 

知らない人たちが行き来する街の中で、私の事等知りもしない人たちが笑い、悲しみ、怒る。そんな炎のような感情のゆらめきが私にとっては温かかった。

生きている感じがした。

もうあんな孤独を経験する事なんて考えたくもないけど、きっとまたどこかで同じように悲しむのでしょう。

そんな時は、またどこかの街で「知らない誰か」になろうと思う。

 

街の喧騒に、私は今でも救われているのかもしれない。名前の知らない誰かの声に支えられて。

当たり前に孤独な人生で、それでも生きていこうと思う。だから、どんなに孤独な人生を歩んでいたとしても、生きて欲しい。

生きていれば、必ず幸せになれる。

関連記事:人生は何度でもやり直せる事を私の経験から証明しよう。

よく読まれている記事