恋愛

嫉妬させたいと思うような恋愛観は間違っているよ。

恋愛をしていると彼氏や彼女に嫉妬してほしいと感じることがあるかもしれません。

 

しかしそういった恋愛の仕方は間違っていると思います。

もし自分のパートナーをもっと嫉妬とさせたいと感じるのであれば、その恋愛が危ういものである、と気づいた方がいいです。

 

嫉妬させたいと思う原因

 

そもそも嫉妬させたいという感情もどうして生まれるものなのでしょうか?

 

かまってほしい

 

相手にもっとかまってほしいと感じた時に嫉妬させたいという感情が起きるのだと思います。

 

しかし嫉妬させるというのはとても相手にストレスを与える行為であり、

もっと自分が相手にかまってほしいと感じるのであれば、違うアプローチというものがあると思うんですね。

 

相手を不快にさせることなく、もっとかまってほしいというアピールをすることだってできるはずです。

 

そういった時に嫉妬させたいと感じてしまうのは自分の不器用さからくるものでしょう。

 

自分の愛情表現が本当に相手にとって心地よいものになっているのかということを考え直す必要があると思います。

関連記事:長続きするカップルの特徴

 

愛されてると感じたい

 

嫉妬させることによって自分が愛されているのだということを実感することができる、という風に考えている人もいるでしょう。

 

しかし自分が愛されていると日常的に感じられない恋愛を送っているということの裏返しでもあると思います。

 

自分が愛されているという実感を持てていないような恋愛なのであれば、どうしてそのように感じるのか

さらにもっとお互いが距離を縮めていけるような環境にすることはできないのか

というようなことを模索していく必要があると思います。

 

そこで嫉妬させたいと感じてしまうのはやはり間違った選択だと思うんですね。

関連記事:彼氏に愛されてるのか?と確認する恋愛は虚しい世界に行く

 

もっと好きだと思ってほしい

 

口下手な男性は多いですから、相手から日常的に好きだという風に言ってもらうことができず

嫉妬させることによって相手の気持ちを確認しようとする人もいるかもしれません。

 

自分が好きだと言って欲しいと思っているなら、まずは自分が相手に好きだということを伝えてみてはどうでしょうか。

 

自分がたくさん相手に気持ちを伝えることによって相手も自分へ気持ちを伝えやすくなってくれるかもしれません。

 

嫉妬をさせて好きだと言ってもらうのは、相手にとっては負担になることなのだということを理解しておいた方が良いと思います。

関連記事:恋愛においてめんどくさい女だな、と思われてしまいがちな人

 

相手にも嫉妬させられた

 

パートナーから嫉妬をさせられたことによって自分も相手に嫉妬させたいと感じてしまう人も多いようです。

 

しかしこれはやられたらやり返すの法則なので

まるで相手のことを大切にすることができていないですよね。

 

相手よりも自分の気持ちの方が大切だと感じてしまっているわけです。

 

自分も相手も大切にすることができるような恋愛を目指した方が精神的にも安定して恋愛をすることができるでしょう。

関連記事:恋愛に疲れる原因は何?周りを見ていて考えてみた。

 

嫉妬させられる側は疲れる

 

一番理解しておかなくてはいけないのは、嫉妬をさせられるパートナーはとても疲弊するということです。

 

自分が嫉妬をさせられた経験がある人は理解できると思いますが

嫉妬をさせられるというのはとても疲れることなんですね。

 

それが何度も何度も続くとその恋愛自体に疲れてきてしまう人も多いです。

 

その恋愛時代に疲れてしまうと、もしかしたら「もっと自分のことを大切に思ってほしい」というある種の愛情表現で嫉妬させるようなことをしたのに

結果的に相手がその恋愛終わらせたいと思ってしまう、ということもあると思います。

 

愛情表現を間違うと恋愛そのものがうまくいかなくなってしまいます。

 

嫉妬させたいと思うのは何故嫉妬させたいと思うのかというところから考えて

別の方法はないのかということを模索してみてください。

 

特に男性の場合は嫉妬させられすぎると疲れてしまうという傾向が強いようです。

 

愛されたくて嫉妬させようとするのも、結果的に逆効果どころか

一番望まない結果をもたらすかもしれませんので気をつけてください。

関連記事:早く別れるカップルの特徴

 

信頼関係が崩れる可能性も

 

わざと嫉妬させるようなことをすることによって相手からの信頼が薄れ

お互いの信頼関係が崩れてしまうという可能性もあります。

 

例えば私の友人の場合は、すでに付き合っている彼氏がいるのに、その彼氏に報告した上で元彼と二人で飲みに行ったり、というようなことをする人だったんですね。

 

今付き合っている彼氏はそれで本当に疲れてしまっていましたし

元彼と二人で飲みに行って、何も起こらないという方が不思議だと思うんです。

 

しかもそれをわざわざ今付き合ってる彼氏に報告するというのはとても残酷なことでしょう。

 

相手は自分が試されているような気持ちになるでしょうし、

どうしてわざわざそういったことをするのかと言う理解にも苦しみます。

 

自分が大切にされたいからという理由で、付き合っているパートナーの気持ちを考えずに

むしろ傷つけるというのは、その恋愛においてまだまだ自分のことの方が大事になってしまっている証拠でしょう。

 

本当に自分を大切にしてほしいのであれば

まずは自分が付き合っている相手のことを大切にするということを考えてください。

 

それができないからこそ自分も大切にしてもらえないのです。

関連記事:弱みを見せる事が恋愛においては大切だと思う。

 

 

では今日はこのあたりで。

ABOUT ME
佐藤まんぼう
佐藤まんぼう
職業:稼ぐニート(♀)。ごく小さなストレスでも与えてはいけない。ストレスに弱すぎて会社もバイトも辞めて稼げるニートになりました。