就活の悩みを語る

就活を経験して成長した部分って何だろうか?

就活と成長なんて真面目な話について私が書いていると思うと不思議ですね。中学受験を経て、「牛込柳町にある学校」に入学した当初、その当時通っていた塾長に……

君が行く学校の中で君が今、1番学力が低いと思うから頑張ってね」と言われたんですよねww

うるせーよと思った記憶があります、どーもそんな言葉のナイフには屈しないまりもでございます!!おはよー!笑

話は就活に戻りますね。

ほとんどの大学生は就活をして、どこかの会社に入社するという流れが一般的になってきたと思います。私自身も一般的な大学生と同じように、

大学生の時に就活をして、サラリーマンとして働き始めたのです。就活って辛いものだと感じる人も多いと思いますし、

 

受験よりも辛いと思っているような人もたくさんいるのではないでしょうか?しかしながら、そんな就活を通して成長する事だって実はあると思っているんですよね。

 

就活をする事によって、成長する事があると思える事が出来れば、就活生にとっても「良い情報」になるのかな?と思い、

書いてみようと思ったのです。

 

就活を通じての成長とは何か?

 

コミュニケーション能力が高くなる

 

就活というと、説明会でメモを取っている姿ばかりがメディアを通じて報道されるものだと思いますが、就活においては面接や他の就活生とのグループディスカッション等、

 

多様な試験をクリアする必要があるんですよね。今の子供たちはどうなのかわからないけど、私が就活をしていた2016卒くらいの時にはそういう状況でした。笑

そして、多くの就活生にとってのストレスの原因になるものでもあるのです。しかしながら、

 

就活を通して、どこが成長したのか?というと、これはコミュニケーション能力かな?と思ったのです。就活をしていれば、嫌でも他の就活生と話したり、

面接官と話す機会を得る事になります。もちろん、こういったコミュニケーションこそがストレスの原因にもなっているのですが、就活が終わってみると、

「あれ?前よりコミュニケーション能力が上がっているような気がする」と実感するはずです。私はコミュニケーションが苦手な方ではありませんでしたが、

 

以前よりも、他人とうまく場を回していったりとか、良い雰囲気を作り出していくのが得意になったと思っているのです。就活における成長点ですよね。

なんかね、やっぱり知らない人とばかり話していると、「俺、もう誰とでも喋れるんじゃねえかな?」くらいに思えてくるんですよね。人間慣れと言いますか……。

就活において面接だったり、グループディスカッション(GD)とかって辛いものだと感じてしまうものです。

でも、結構タメになるというか、強くなりますよ。乃村工藝社という会社のグルディスを受けた時、両隣が女の子で、その人たちと話していたんだけど、

右の子に「君、よくそんなにペラペラと喋れるというか、すごいね」と言われました。笑

まあそれディスられているということでもあるんですけどねw

でも、コミュニケーション能力自体はやっぱり上がりますよ。そう考えると少しだけ楽になると思うんですよね。

関連記事:就活がばかばかしいと思うのは当然だと思う。

 

 

精神的に強くなる

 

これも就活で成長した部分だと思うんですよね。就活で内定を取るのって実はとても難しい事でもあるんですよね。

 

確かに、求人倍率で言えば、売り手市場だと思います。しかしながら、ESを通過しなければいけなかったり、面接を通過しなければならないという事を考えると、

精神的にはかなり厳しいものになってくると思っているのです。

 

私も経験したのですが、大手の面接なんかでも、圧迫面接が当たり前に存在していたりするものなんですよね。自分の全てを否定されてるような事だって、

 

就活はあるものです。まあそんな面接官、人間として大した奴じゃないですけどね。(ボソッと毒を吐くスタイルです。)

 

その時は、「なんでこんな人に批判されなければいけないのだろうか?この厚化粧……」と思ったんですよね。あの女性面接官、いじめてきて本当うざかったなあ。

精神的には辛い部分もあったのですが、今思うと就活を通じて精神的な強さを持つ事が出来るようになったと感じているんですよね。

そもそもM男の私ですが、就活という一大イベントのおかげでM度が上がったような気がします。ありがとうございました。笑

就活で成長出来た部分ですし、就活がなかったら、精神的に強くならざるを得ないような事も起こらなかったので、良かったのかな?と思っているのです。

だってさ、中々自分で「強くなるために嫌なことをやってみよう」とか思えないじゃんか……。そんな崇高な人間でもないですし。

就活の時って不安定になってしまいがちです。私の友人にも内定をもらう事が出来ずに、自暴自棄になっている人もいたわけですからね。

HUBでその友達と飲んだらさ、拳が血だらけになっていたことがあって、「どしたん?」と聞いたら「家のドアガラス拳で割ったわ」とか言っていて震えたもん。(あれ?誰ですか?そもそも人間としてどうなの?という疑問を持った人は……笑)

拳で……

しかしながら、就活を通じて成長出来る部分ってあると思いますし、就活を経験する事によって物の見方も変わってくるんじゃないかなあ?

精神力鍛錬所」としては最高の環境かもしれんよ。

私も今はサラリーマンとして働いてるわけではありませんし、サラリーマンに戻る気も全くありませんが、

それでも、就活を経験して良かったと思うよ。

関連記事:就活に失敗して引きこもりになったらするべき事。

自分で考える力が身につく

 

私は元々自分で考える力のある方ではありましたが、就活を通じて、よりこの傾向が強くなったと思うんですよね。

就活をするまでは、学校に行けば宿題を出されるし、別に自分で決める必要のある重大な決断なんて何もなかったと思うんですよね。

(あれ?でも、会社分割とか色々したな……)

しかし、就活においては、自分で志望する業界を決めて、会社を選択していく事が必要になってくるのです。だからこそ、

就活を通じて、自分で考える力がついてくると思っているのです。就活に失敗して死ぬ?そんな必要はどこにもないでしょう?でも書いたけど、就活で人生が決まるとは思っていません。

 

ただ、就活を通じて選ぶものは「働く会社」ですよね。1番重要ではない。でも、重要なものではあるよね。

 

就活までは何も考えずに生活をしてきたような人でも、就活になれば自分で考えて、自分の人生の進むべき道を考える必要性が出てきてしまうものです。

 

したがって、今までは考える能力のなかったような人でも、考える事が出来るような人間に自然と、ごくごく自然となるということなのですよ。笑

「就活なんて別に落ちても良いや〜」くらいな気持ちで就活をやっていた私だったけど、それでも、「ホワイト企業分析」的な本を買ったもんね。笑

自分で考えて、自分で行動するという能力がつくという事は、就活における成長の大きな部分だったと思いますよ。

 

就活が正しいとは思っていないし、就活が全てではない。でも、就活を通して成長出来る部分だって実際にあるものなんですよね。

 

そんな事を思いながら、大変そうに見えてしまう就活を続けてみてくれ〜!

就活の時期ってのは何か本当フワフワするよね。周りもなんとなく忙しい感じになって、前まで馬鹿みたいにお酒飲んで暴れていた人たちまで真面目に就活をするようになるから馬鹿らしくなる。

何なら疲れちゃったりもすると思う。けどね、就活を経験して成長する部分ってのもあるよ。だから、まあ「修行するんや〜」くらいの気持ちでやってみてください。

まりもも陰ながら応援していますよん。

関連記事:就活が面倒だと感じる理由と解決策

ABOUT ME
まりも
まりも
まりもだよ(o'ー'o)「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルやったりブログ書いたり。のんびりびりびり。チョコとヨーグルトが好きです。