ブロガー「水瀬まりも」とは?
お金の話

サブリースの相場なんて考える必要はない。そのものが危険なのだから。

サブリースの相場ってどのくらいなのだろうか?と考えている投資家ってたくさんいると思うんですよね。サブリース契約を結べば月々安定した収入が入ってくるため、

 

退職金を使って投資をしたりとか、借り入れをしてアパートを立てたりする人が多いと思うんですよね。サブリース契約でもらえる収入が相場よりも低かったらどうしよう?

と思い、サブリースの相場について検討していると思うのですが、サブリースの相場なんて考える必要もないと思うんですよね。

 

サブリースそのものが搾取の仕組みそのものなのですから。

 

サブリースはアパートを建てさせる為に考えられたシステム

 

サブリースってそもそもなぜ生まれたのか?というと、「新しくアパートを建築して欲しい」と不動産会社が思ったからなんですよね。

 

しかし、作って欲しい!と言っただけでは、お金を出してくれる人なんていませんよね。「不動産投資なんて何も知らないから失敗してしまいそう」と思われてしまうだけです。

 

そこで考えられたのがサブリース契約なのです。たとえ空室状態だったとしても、家賃保証をしてくれるので、どんな時でも安定的な収入を得る事が出来るわけです。

ローンを組んでアパート投資をした場合でも、家賃が保証されているとなれば、ローンを返済していく事が出来るので、結構安易に投資してしまう人が多いんですよね。

 

サブリースの相場さえきちんとしたものであれば、きちんとした収益性を保つ事が出来ると思っているかもしれませんが、

 

そうでもないのです。アパートを建てる時の安心要素にはなると思いますし、老後を心配したりとか、収入を増やしたい、という気持ちはわかります。

 

しかし、サブリースは不動産会社にとって都合良く作られたものだと私は思っていますし、サブリースは搾取にも繋がるものだと思うのです。

 

だからといって、「不動産投資はサブリースではない場合、必ず儲かる」とは言えないのですけどね。知識のない人、自分で考える力のない人は投資に手を出すべきではないのです。

関連記事:ウェルスナビにはリスクもある、成績公開。

 

 

8割保証の家賃は適正?

 

サブリースの相場という事ですが、会社によっても異なるので一概には言えません。ただ、平均的なところを考えるとだいたい8割くらいの家賃を保証しているようなところが多いのではないでしょうか?

 

家賃設定が10万円だったら、8万円程度の家賃が入ってくるような計算になりますね。しかしながら、そもそもの家賃設定が低く設定されている事も多いのがサブリースのデメリットだと思っています。

 

例えば、周辺状況を見ると10万円の相場だったとしても、8万円として計算し、その8割を保証するような内容、

つまり、8万円×0.8=6.4万円になりますよね。一見、8割の家賃をもらえているように思いますし、相場的にも「8割保証だったら良いだろう」と思ってしまうかもしれません。

しかし、10万円が相場だった場合、

6.4万円÷10万円=0.64、つまり64%しか支払われていないのです。不動産会社側としては、自分たちのリスクを最小限にしよう!と考えますよね。

そうなると、基本となる想定家賃を低く設定する事が必然的に多くなってきてしまうのです。そこからさらに管理費用を10%程度取られるとなると、

 

さらに収益性は悪くなってしまいます。アパート全体で6〜7割くらいの部屋に入居してもらっていれば、不動産会社側としては「これならペイ出来る」という状態になるので、

不動産会社側が損をしない仕組みになっているのですよ。

 

サブリースの相場を検索し、より良いサブリース不動産会社を探している人もいるかもしれません。でも、サブリースの相場なんて役に立たないものなのです。

関連記事:資産運用のシミュレーションをしていくべきだと思う。

 

 

結局いくらの資産が残るのか?

 

サブリースの相場を考える事も大切なのですが、サブリースの相場を考えるだけでは「投資は成功するのか?」という事を判断する事が出来ないのです。

 

例えば、8000万円でアパートを建てたとしましょう。すると、これは会社によっても違うのですが、建てた時点で3000万円程度の損失を出してしまっている場合があるわけなんですよね。

 

売る時になって初めて成功したのかどうか?という事がわかるのが投資というものです。だからこそ、投資をする段階で売却時の利益を考えていって方が良いのです。

 

サブリースの相場だけを考えるだけでは、結局いくらが残るのだろうか?という事を理解する事は出来ません。最終的な利益としてどの程度の利益があるのか?という事を考えれば、

 

サブリースの相場を考えるまでもなく、サブリースというものは損失を出してしまうものであり、不動産会社が儲けるための仕組みであるという事に気がつくと思うのです。

 

サブリース契約の下で安心しながら投資をしていくのは精神的には良いのかもしれません。しかし、目的は「資産運用」であり、

資産を減らす事ではないはずです。だからこそ、きちんとした計算をするべきだと思うのです。

 

サブリースの相場なんて考えるまでもないのです。損をしてしまうシステムなのですから。

関連記事:投資を回収するにはどの程度かかるのか?を考えよう。

よく読まれている記事