人生に悩む君へ

プレッシャーに強い人じゃなくても良い。

プレッシャーに強いひとっていますよね?例えばスポーツ選手とか歌手とかもう凄いなって思います。

芸能系の仕事をしている友人の話を聞くと毎回「大変そうだな!」って思います。

だって、失敗することなんて許されないし、それでそのひとの人生や人間の価値が決まってしまうこともあるんですよ?

だからこそ、芸能人って覚せい剤とかに手を出してしまうひとが多いのかな?って思っています。

 

だってそうでもしなければやっていけないような機会だってたくさんあるでしょうからね!自殺するひとだって結構多い訳です。

 

でも、プレッシャーに強くなろうとする必要なんてどこにもないんですよ。

プレッシャーに強い人なんてほとんどいない!努力でどうにでもなる!

 

プレッシャーに元から強いひとなんてなかなかいません!私なんてプレッシャーに勝ったことが一度もありませんw

 

でも、プレッシャーに勝とうと人間はしてしまうものです。例えば瞑想をしてみたり、自己暗示をしてみたりとかたくさんありますよね?でもそれって実際意味がないことだと思うんですよね!

 

私は一番大切なのは技術力を上げるということだと思っています。

例えば、あなたが歌手だったとしましょう!ライブがもう一ヶ月後に迫って来てしまって、どうやったら緊張せずにきちんと歌えるのか?ということを考えるでしょうね!

 

すると、その前に自分のメンタルを鍛えるための方法を考えたりとか、自分という人間に向き合ってみたりします。でも、プレッシャー自体が消えることなんてないんですよ。

 

だったら、一番の方法はやはり練習することだと思います。

人間って「ちゃんとやるべきことをしっかりやってる!」って自信があればプレッシャーを少しは軽減出来るものです。

 

練習してきたひとと練習してきていないひとだったら明らかに練習してきた人の方が成功してきている確立って高いんですよ。

 

イチローさんとかでもそうですよね?プレッシャーはどうやったってかかる。だからこそ、それを技術で越える!と。

やっぱりプレッシャーに強い人なんていないって事だと思うんですよね。

 

これってとても重要だと思います。プレッシャーってのはもちろんどんな時もかかりますし、私もそれで気持ち悪くなったりとかそういうこともありました。

 

そんな時って本当に辛いですよ。

だって、プレッシャーからはいつまでも逃れることが出来ないし、それがストレスになって身体にも影響が出て来てしまいますからね!

でも、だからこそそこを技術で越えるということが大切なんです。

 

何も技術力が本当に上げっていなくても良いんです!

 

 

努力をしたという事実が一番大切なんですよね!

 

努力をしたという事実があれば、それは自分にとっての大きな自信にもなります。瞑想は自分で自分を高めなければいけませんが技術を磨くということによってそれだって自然と行うことが出来るんですよ。

 

精神を鍛えるのなんて普通のひとは無理なんです。むしろ精神を鍛えるような練習のせいで疲れてしまうひともいるでしょう。

関連記事:自由気ままに生きるための方法を怠け者ブロガーが語る。

みんなそれほど見てない

 

例えば小さいところでいったら学校の発表とかって結構億劫だったりしますよね?

私もあまり好きなほうではないのでよくわかりますが、

 

これって、何が怖いって「失敗するかも?」というプレッシャーだと思うんですよね。

 

みんなの前で失敗をしたくないと思ってしまうこともそうですし、

そのあと失敗を避難されることがイヤだと思っているひとはたくさんいるでしょう。

 

でも、それって実は自意識過剰だったりします。皆さんは誰かがプレゼンでミスしたことをいまでも覚えていたりしまうか?

私は全く覚えていませんし、おそらく多くのひとが全く覚えていないでしょう!実は人間ってそんなもんなんですよ。

 

他人には基本的には興味のないものです。それも発表がどうだったか?

なんてことは自分にとっては本当にどうでも良いことですよね?自分には全く関係のないことなんです。

 

だからこそ、周りの人間は自分が思っているよりも自分の話を聞いていないし、失敗してしまったとしてもそれをいつまでも覚えているひとなんていませんよ。

私からすると「いつからそんな有名人気分になってしまったの?」って感じです。

さも、自分のことを全員が注目していると思っているのでしょうか?実際ほとんどのひとは自分なんかに興味を持っていないんですよ。

 

だから、思い切ってミスをしてしまえば良いんです。思っているよりずっと周りは他人のことなんて覚えていないです。

関連記事:新しいことに挑戦する時には不安を抱えるけど、自分の人生に嘘をつきたくない。

 

プレッシャーに弱いから良いものが作れる?

 

プレッシャーに強いひとというのは一定割合いらっしゃいます。本当に尊敬しますよ。

でも、成功するひとって結構プレッシャーに弱いのかな?って思っています。だってそうじゃないですか?

プレッシャーに強いと不安な気持ちというのも生まれてきません。だからこそ、努力するという習慣がなくなっていってしまうんですよ。

不安な気持ちってとてもパワーになっていることがを知っていますか?

不安だからこそ、失敗しないように頑張るし、プレッシャーがあるからこそ練習するんですよ。

 

プレッシャーに強いひとってこれまで成功体験しかしてこなかった傾向があると思います、つまり失敗していないからこそ失敗する怖さを知らないんですね!

でも、プレっシャーに弱いひとってては失敗した分だけ成長していると同時に、

不安でプレッシャーが大変だからこそ、良いものを作ろうとするんですよ!

 

これって芸術の世界だと重要な事だと思います!自分の作品に自信を持つことは大切ですよ!そして売れるということも大切です。

しかし、それで良いのもが作れないのであったら本末転倒なのです。

 

良いものを作るためには臆病であるということが条件だという人もいるくらいなんです!

だからこそ、特にこういった芸術系の職業についているひとたちはむしろプレッシャーを大切にして良いものを作り続けるということが大切なんです。

 

プレッシャーに強い人なんて実際にはいないのです。

そのプレッシャーに強い人になるのではなく、プレッシャーを必要なものだと思える人間になっていきましょう。

ABOUT ME
水瀬まりも
水瀬まりも
月間30万人が読む「テトラエトラ」というメディアブログ運営/4つの会社の経営者、役員(人材会社、広告代理店、映像、不動産)/大学生の頃に父を亡くしビジネスの世界へ/前向きに生きることができる言葉を綴っていくよ。「ぼくのとらべる。」というYouTube旅チャンネルもやってるよ。